へっこ ぷっと たれた へっこ ぷっと たれた
構成・文: こが ようこ 絵: 降矢 なな  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
読めば自然とリズムがうまれる!わらべうたをもとにしたあかちゃん絵本

かわゆいゆいさんの公開ページ

かわゆいゆいさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子13歳

かわゆいゆいさんの声

322件中 321 〜 322件目最初のページ 前の10件 29 30 31 32 33 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しくて、繊細  投稿日:2010/01/28
ボヨンボヨンだいおうのおはなし
ボヨンボヨンだいおうのおはなし 作・絵: ヘルメ・ハイネ
訳: ふしみ みさを

出版社: 朔北社
とても可愛いタイトルに惹かれて手に取りました。

子供は表紙を見た時点では興味が無かったようですが
読み進めると、ベッドの上で大好きな「ボヨーン、バヨヨーン」と
跳ねる事が出来なくなった王様の悲しみに、
目を潤ませていました。

そして子供自身毎日ベッドで跳ねていたのですが
それがとても愛おしく感じられるようになったようです。

最後は、「明日も又読んでね」と言いました。
王様達の洋服やベッドなどに使われている切り絵の様な「布」も、
心の機微を移していて素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 虫との距離を縮めてくれます♪  投稿日:2010/01/28
セミくんいよいよこんやです
セミくんいよいよこんやです 作: 工藤 ノリコ
出版社: 教育画劇
幼い頃、カブトムシ、クワガタを飼ったり、
カマキリの卵を家に持ち帰り、カマキリだらけに
なって親に怒られたり。。。と虫は身近な
存在でした。

大人になった今では公然と「虫は苦手」と言う始末。
当然娘も苦手になっていました。
それでも娘には自分の子供の頃の様に虫に接して欲しいと
勝手に願っていました。

そんな頃この絵本に会いました。
表紙の眠そうな目をしたセミ君に一目惚れ。
「セミくんいよいよこんやです」の「いよいよ」に
言いようもないわくわく感を覚えて図書館でまず借りました。

なんて可愛いんだろう。セミくんも、かぶとむしくんも
出てくる虫たちが可愛くて、優しさにあふれていました。
娘もセミくんが大好きに。まだまだおっかなびっくり
観察しているだけですが、虫の存在を認めるようになってます。

去年の夏、セミの幼虫くんを家に招待?して
感動的な羽化を見せて貰いました。

工藤ノリコさんと言う素敵な絵本作家さんにも
出会えた記念すべき作品です。
参考になりました。 0人

322件中 321 〜 322件目最初のページ 前の10件 29 30 31 32 33 次の10件 最後のページ

大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット