虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】

検索結果

現在の検索条件

検索条件なし

370114件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  こだわりの味を届けるレストラン  私も食べたいよ〜 投稿日:2018/09/20
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
せかいいち まじめなレストラン
せかいいち まじめなレストラン 作: たしろ ちさと
出版社: ほるぷ出版
レストランの イタメーニョさんは 規則正しい生活をおくり

こだわりのメニュー   新鮮な食材で 誠実に作るんです
お客さんも 大満足ですよね

メニューがなかなか ユニーク
○ はなよめさんの スープ
○ ヤンソンさんのゆうわく  
などなど・・・・

注文を聞いてから  食材を調達して 新鮮な食材です
お客さんは 大満足  「ああ、おいすすぎて きぜつしそう・・・・」
最高のほめ言葉ですね

ラストのお客さんは  ママにおこられ家でした 男の子
さあ どんなおもてなし 料理でしょう?

みんなを 幸せにする レストラン 私も 行ってみたいな〜

世界一 まじめな レストラン

イタメーニョさんのような レストランがあれば 行ってみたいです〜
参考になりました。 0人

★5  リズミカル♪ どんぐりありがとう くまさん おやすみなさい〜 投稿日:2018/09/20
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
どんぐりとんぽろりん
どんぐりとんぽろりん 作: 武鹿 悦子
絵: 柿本 幸造

出版社: ひさかたチャイルド
♪ぱら ぱら   とん とん    ぱん ぱら   とん♪
どんぐりが 木から 落ちています
かわいく リズミカルな 音が響きます
声を出して読んでみたくなるんです

りすとくまさんが どんぐりひろい 
おいしそうに むぐ むぐ  ぽり ぽり    ぽーい ぽい
くまさんと りすさんの リズムが とっても かわいくて

ラストがいいんです

どんぐり ありがとう  
いるだけ もらって おやすみ  ね(くまさん 春まで 眠るの)

いるだけ あげたら おやすみ  ね(どんぐりの木 ねむってる)

なんて かわいい どんぐりの 絵本でしょう
参考になりました。 0人

★5  可愛いとりあい♪ 投稿日:2018/09/20
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
どうしよう!
どうしよう! 文: アイリーン・ローゼンタール
絵: マーク・ローゼンタール
訳: なかがわ ちひろ

出版社: クレヨンハウス
おさるのぬいぐるみが大好きな男の子です。一時も離れたくなくていつも一緒にいたい男の子です。一方ねこのミューもポポが大好きなので、男の子のスキを伺ってはミューを引っ張っていっていまいます。「また、いなくなっちゃった。」と、ポポを探す男の子もスキを狙っているミューも二人共とても可愛いです♪
参考になりました。 0人

★5  不思議な大冒険 投稿日:2018/09/20
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
カイとカイサのぼうけん
カイとカイサのぼうけん 作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: まつむら ゆうこ

出版社: 福音館書店
兄のカイと妹のカイサで、かれきドラゴンで遊んでいた二人は、悪戯トムテが魔法をかけたから、海の向こうのお話の国まで冒険に出かけました。泣いているおひめさまを助けて、勇敢な若者まで助けて二人の結婚式まで一月以上も続くものだから、乗ってきたかれきドラゴンは乾いてひびが入り、バラバラに崩れ落ちてしまったのです。二人は、家が恋しくなってしまうのですが、トムテが責任を感じて探しにきてくれたのがよかったです。トロルのこどもたちにも助けられて、無事に家に帰ることが出来たのでほっとしました。
参考になりました。 0人

★5  お休みタイムに 投稿日:2018/09/20
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
おばけとおやすみ
おばけとおやすみ 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
全ページ、お試し読みで読みました。
色がくっきり、みんな笑顔のにこにこおばけたちで
とても楽しい絵本だと思います。
お休み前の時間、絵本の中のおばけたちを
撫でたり、やさしく寝かしつけたりしてお休みタイムに入れそうですね。
家も木も、ねこちゃんもぬいぐるみもみんなかわいいおばけの
家って良いですね。
参考になりました。 0人

★5  月日は廻ってゆく 投稿日:2018/09/20
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
いっしょにのぼろう
いっしょにのぼろう 作: マリアンヌ・デュブク
訳: 坂田雪子

出版社: TAC出版
全ページ、お試し読みで読みました。
ちいさなルルが、アナグマのおばあさんと一緒に、
山登りをしようと思ったこと、そしてそれを、続けて行って良かったと思いました。
お話の途中に、心に留めておきたい大切な言葉が、いくつもありました。
大切な事をつたえて、受け止めてくれる相手が居るって、しあわせです。
ルルにも、新しい友だちができ、月日は廻ってゆくのだと感じました。
参考になりました。 0人

★5  食べるには巨大過ぎ? 投稿日:2018/09/20
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
全ページ、お試し読みで読みました。
ダイナミックな雰囲気をつたえる、擬音語が色々出てきました。
とにかく、おおきなホットケーキです。
大きな山のようです。
潜り込んでのお昼寝は、寒い時期なら気持ち良さそうですね。
食べるには巨大過ぎ?
おうちでいつものホットケーキのほうが、美味しいようでした。
参考になりました。 0人

★5  家族愛 投稿日:2018/09/20
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
ちょうちんまつり
ちょうちんまつり 作: 唐 亜明
絵: 徐楽楽

出版社: 福音館書店
中国の不思議な昔話ですが、家族っていいなあと思いました。王七家族がちょうちん祭りに出かけようとする日に、王七は、畑仕事に出かけて大きな洞穴の中で碁をうつ二人の老人に出会い、なつめの実を頂いて食べたら、何百年も過ぎてしまっていました。家族に会いたい王七は、月へいって白うさぎにあい不思議な木の実を貰って飲むとよいのだが、その水に混ぜて竜が吐いた水に混ぜて飲まなければならないのですが、家族にあいたいからどんな困難でも挑戦する王七は素晴らしいと思いました。うさぎから、「過去の窓」を教えてもらって、無事に愛する子ども二人と奥さんにあえ、ちょうちん行列に加わることが出来た家族を愛する勇敢な王七でした。
参考になりました。 0人

★5  極限状態で、人は本性がでるもの 投稿日:2018/09/20
渡辺諦さん 30代・その他の方・東京都  
ドキドキ! サバイバル分校
ドキドキ! サバイバル分校 作: 吉川 豊 
出版社: 理論社
無人島にいきなり置いてきぼりで、1年間どうにか生き残ってください!という「授業」なんて、恐ろしいが、面白そうでもある。漫画ならではの設定だ。しかし、子ども向けの読み物だからと言って油断できない。極限状態における、人間の本性がけっこう描かれていたりして、ツッコミどころ満載。まず、意外と大人はだらしない。どーするんだぁああ!と悶絶するばかりで、全然役に立たない。逆に子どもたちはたくましく、環境にどんどん対応していく。時間が経つにつれて、ようやく大人も立ち直り、指導者として役に立つようになっていってほっとする。この漫画を読んでいて、大災害や戦争などで、街が破壊された地域などでも、このような様子が見られるのではないかと想像した。幸か不幸か、私はサバイバルが必要な「極限状態」には置かれていないが、慢性的な「金銭的・サバイバル状態」には置かれている。小さい話で申し訳ないが、節約生活を通して思うのは、都会でのサバイバルは、独り暮らしの人は日常的に考え、備え、実行し、新しい知識や技術を得なければならないということ。いつ何が起きるか、わからないから読んでおいて、損はない。
参考になりました。 0人

★5  権力者の理不尽vs.生物の枠を超えた愛情 投稿日:2018/09/20
渡辺諦さん 30代・その他の方・東京都  
うつぼざる
うつぼざる 作: もとした いづみ
絵: 西村 繁男

出版社: 講談社
「人間」「猿」という生物の種類を超えて、家族同然となった猿回しと子猿。二人(一人と一匹)の心が通い合う様子が、素朴で力強いタッチで描かれている。猿の健気さ、いじらしさ、人の情の深さなどが、じんわりと伝わり、泣ける絵本。
こういう風に、権力者のワガママに泣かされた人はたくさんいるのだろう。いつの時代にも、形を変えて存在する嫌なテーマだが、最後の場面で大団円を迎えるのでホッとする。いわば、水戸黄門的な、最後に善人が勝つお話は、最近はあまり見ない気がするが、やはり終わりよければすべて良しで、気持のいいものだ。人として大事なものを教われる話で、読みやすく、デザインも素敵で、見どころが多い。お子さんの他に、古典芸能が好きな人にも是非ともお勧めしたい一冊。
参考になりました。 0人

★5  クマさんのあたたかい心 投稿日:2018/09/19
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
さいこうのスパイス
さいこうのスパイス 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所
図書館で借りて読んでみました。
可愛らしい絵が、たくさん載っています。
森のカフェの、美味しいと評判のシェフであるオオカミさん、
坊ちゃんに美味しいと言ってもらいたくて、必死になりますが、
鍵は違うところにあったようです。
クマさんのあたたかい心にジーンとなります。
参考になりました。 0人

★5  ロマンチックなベネチア 投稿日:2018/09/19
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
ミミとピギーのベネチアりょこう
ミミとピギーのベネチアりょこう 作: たしろ ちさと
出版社: BL出版
図書館で借りてみました。
大判で、旅の臨場感が感じられます。
リアルト橋ではピギーは美味しそうなお店に、
ミミはガラス細工に夢中でした。
どちらも心惹かれますね。
トラットリアのイタリア料理も美味しそう。
一緒にお出かけしたような気持になれる楽しい絵本でした。
参考になりました。 0人

★5  楽しい絵本です 投稿日:2018/09/19
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
うまはかける
うまはかける 文: 内田 麟太郎
絵: 山村 浩二

出版社: 文溪堂
絵の表情も文章も、共に楽しい絵本です。
「かけると言う言葉の使い方が、色々あるのに
なるほどと、感心しましたが、ストーリーの展開も
面白くて、ちょっとハラハラ。
馬は、歯もめでたく治り、友達もできました。
おおかみさんは、思わぬ災難でお気の毒です。
参考になりました。 0人

★5  イラストが素敵です 投稿日:2018/09/19
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
ミライちゃん、すきくないの
ミライちゃん、すきくないの 原作: 細田 守
絵: 青山 浩行
文: にわ かな

出版社: KADOKAWA
全ページお試し読みで読みました。
映画は、知らないのですが、
新しく赤ちゃんがやってきたときの、男の子の
心の動揺が描かれていました。
未来のみらいちゃんの登場、すごく良いなと思いました。
ぼくが、やってきたときのワンちゃんの気持も
描かれていて、優しいストーリーだと思います。
イラストが素敵です。
参考になりました。 0人

★4  いい意味で裏切られます! 投稿日:2018/09/19
ミシェルンさん 30代・ママ・滋賀県  女の子5歳、男の子2歳、男の子0歳
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
ホットケーキがふってきて、それを食べるお話かと思いきや、からだ全体でホットケーキを味わうお話です。擬音語や擬態語が新鮮でおもしろい!子供は「とぅん」のところで大笑いします。お話を読んだあとも、ホットケーキがふったらどうする?と会話がはずみます。
参考になりました。 0人

★5  最高傑作! 投稿日:2018/09/20
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル
新版ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル 作: ラッセル・E・エリクソン
絵: ローレンス・ディ・フィオリ
訳: 佐藤 涼子

出版社: 評論社
アーノルド・ローベルさんの『ふたりはともだち』のお話が大好きで、このひきがえるとんだ大冒険シリーズに辿り着きました。9歳の子供と一緒に読みたいと思い、声をかけますが、なかなか一緒に読むタイミングが合いません。そこで、一人で寝る前に読んでみました。
幼年児童書なので、さっと簡単に読めるかな。と読み始めましたが、言葉の表現がとても素敵で子供向けとは思えません。ウォートンとジョージが友情を育んでいく過程が本当に読んでいてグッときます。
読み終わったあと、これは絶対に子供にも読んで欲しい。と思いました。そして、他のシリーズも全部読みたくなりました。
参考になりました。 0人

★3  絵がはっきりしている 投稿日:2018/09/20
Sprashuterさん 40代・ママ・熊本県  男の子8歳、男の子6歳
ふかいあな
ふかいあな 文: キャンデス・フレミング
絵: エリック・ローマン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
全ページの絵がはっきりとしていて可愛いです。
内容は幼稚園児でも楽しめるようなくりかえしの絵本でした。
カエルを助けようとした動物たちがどんどん穴に落ちていき「なんてこったい」が続きます。
最後は悪者のトラが穴におちて、「やなこったい」でハッピーエンド。
軽く読める絵本です。
参考になりました。 0人

★5  さすが「たかどのほうこ」! 投稿日:2018/09/20
Sprashuterさん 40代・ママ・熊本県  男の子8歳、男の子6歳
ケチルさんのぼうけん
ケチルさんのぼうけん 作・絵: たかどの ほうこ
出版社: フレーベル館
たかどのほうこさんの絵本ということで期待して読みました。
やっぱり面白い。
言い回しも読みやすくて素敵です。
ケチるさんの顔もなんだか笑えるような親しみの持てる顔です。

絵読みだけした息子が最後のページのケチルさんの顔をみてびっくりしてると言っていました。
最後のページに紹介されていた「へんてこもりにいこうよ」「いたずらおばあさん」「キロコちゃんとみどりのくつ」も読んでみたくなりました。
参考になりました。 0人

★5  兄妹の愛 投稿日:2018/09/20
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
おぞましいりゅう
おぞましいりゅう 作: デイヴィッド・ウィーズナー キム・カーン
絵: デイヴィッド・ウィーズナー
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
とても感動する兄のリチャード王子と妹のマーガレット姫の美しき愛情物語でした。継母である魔女に、マーガレット姫は、おぞましい竜に姿を変えられてしまいます。この醜い化け物に、兄のリチャード王子が、キスを三回与えない限りは、永遠に竜のままです。兄のリチャードは、竜に三回キスをしたので呪いは解けて、継母である魔女は、ヒキガエルになってしまったのがよかったです。
参考になりました。 0人

★5  みんなで一緒に 投稿日:2018/09/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
紙芝居 みんなでぽん!
紙芝居 みんなでぽん! 作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社
手を叩くごとにいろんな形から飛び出してきたお友だちが、最後に仲良くなります。然り気無く手を叩くことで盛り上がっていく紙芝居です。
単純だけど、それだけにインパクトが大きくて、年少者も参加しやすい紙芝居だと思います。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

370114件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット