はやくちことばで おでんもおんせん はやくちことばで おでんもおんせん はやくちことばで おでんもおんせんの試し読みができます!
文: 川北 亮司 絵: 飯野 和好  出版社: くもん出版
おでんたちのやってくる温泉でくり広げられる、ゆかいな早口ことば。声に出して楽しい、爆笑“おでん早口ことば”えほん!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】

検索結果

現在の検索条件

2歳

26040件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★1  メッセージは何なのか 掲載日:2018/02/18
しおりままさん 40代・ママ・鳥取県  女の子2歳
ママがおばけになっちゃった!
ママがおばけになっちゃった! 作: のぶみ
出版社: 講談社
ショッキングな本でした。作者は子供を残してこの世を去る母や子の辛さをどう考えているんだろう?何を伝えたいの?と思いました。

実際に身近で「死」に立ち会ったことがない方なんじゃないでしょうか?
流産や死産、配偶者や親兄弟親友など、近しい方・大切な方の死を経験した方には苦しいだけの本です。

子供に平常心で読んであげられません。私は途中まで読みましたが子供に聞かせられなくなって3ページ目から黙読になりました。
逆手にとって子供を怯えさせて叱りつけたい、ママに感謝させたいなど脅迫に近い形でしつける道具として活用する位しかないんじゃないでしょうか。

子供が多少なり「死」のことを感じるようになるのは、小学校中学年以降くらいでいいんじゃないかと思います。
参考になりました。 0人

★4  ☆むずかしい・・・!☆ 掲載日:2018/02/18
k7さん 40代・ママ・京都府  男の子6歳、男の子3歳
あおくんときいろちゃん
あおくんときいろちゃん 作・絵: レオ・レオニ
訳: 藤田 圭雄

出版社: 至光社
図書館で幼児向けのオススメ絵本で紹介されていて手にしました。この絵本は、読み聞かせが難しい!読んであげるのにテクニックがいるな。と思いました。
私(読み手)の想像力というか、発想力を上手に乗せながらよまないと、子供たちはぽかーんとするのでは?と感じた本でした。

きっと、未就学児の子供たちの想像力って無限だと思うので、それぞれに受け取る感覚がいろいろあって、楽しめるかもしれないから心配いらないのかなあ。
参考になりました。 0人

★4  美味しそうなお風呂です 掲載日:2018/02/18
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば・大阪府  
いろいろおふろはいり隊!
いろいろおふろはいり隊! 作: 穂高 順也
絵: 西村 敏雄

出版社: 教育画劇
お野菜のお風呂のお話でした。
カレーにシチュー、そして味噌汁など浸かるおふろだけかと
思いましたが、日焼けをしたり、サウナもありました。
お台所には、たくさんのお風呂があるようです。
元気なおふろはいり隊が、どんどんチャレンジしてゆく様子が
面白く描いてありました。
参考になりました。 0人

★5  可愛いイラストにキュンとします☆ 掲載日:2018/02/08
一姫二太郎♪さん 20代・ママ・東京都  女の子2歳、男の子0歳
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
子どもたちが好きなドーナツが絵本になっていたので、読んでみました。とても可愛いらしいイラストに読んでいる私も癒されました♪登場している子どもたちも優しく心温まる本だと思います☆また子どもたちに読んであげたい一冊になりました!ありがとうございました♪
参考になりました。 0人

★4  楽しいです 掲載日:2018/02/18
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
おもちゃのかくれんぼ
おもちゃのかくれんぼ 作・絵: 桑原 伸之
出版社: あすなろ書房
全ページためしよみで、読ませていただきました。

五味太郎さんの『きんぎょがにげた』みたいに、隠れている絵を探すタイプの絵本です。
絵が、とても美しくて、隠れ方も素敵なので、大人でも、最後までやってみたくなる楽しさがあります。
参考になりました。 0人

★3  お腹をぽんぽんとたたきながら… 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
ぽんぽんポコポコ
ぽんぽんポコポコ 作・絵: 長谷川 義史
出版社: 金の星社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
だれが、お腹をたたいているのかな?クイズ形式の絵本です。
言葉は、ぽんぽん と ぽんぽん ぽこぽこ ぽんぽn ぽこぽこ の繰り返しのみです。でも、とっても楽しい。また最後がいいですね。
参考になりました。 0人

★3  指でなぞる絵本 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
ひよよとおとしもの
ひよよとおとしもの 作: ひよよ
出版社: 三起商行(ミキハウス)
全ページためしよみで、読ませていただきました。
この絵本の迷路を本当に迷路として楽しもうと思ったら、意外に難しいかも。指でなぞって楽しむ絵本かなと思いました。幼い子どもたちは、こういうことするの好きですものね!
参考になりました。 0人

★3  手芸で作った絵本 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
おさんぽ さんぽ
おさんぽ さんぽ 作: *すまいるママ*
出版社: フレーベル館
フェルトなどの、布製品で、細かな細工をして作られたイラストを、写真で撮った手法の絵本です。
その手芸が、とても丁寧に美しく作られています。
こういった手仕事が好きなママが見て、ほっこりする絵本かもしれませんね!
参考になりました。 0人

★3  赤ちゃん絵本 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
のれるかな? うかぶかな? ききゅう
のれるかな? うかぶかな? ききゅう 作: いしい きよたか
出版社: ゴブリン書房
全ページためしよみで、読ませていただきました。
ききゅうに、みんなが、乗れるかな?浮かぶかな?
→のれた!!浮かんだ!!というパターンの赤ちゃん絵本です。
ちょっと、乗れた浮かんだという喜びが少ないような気がします。
ゾウが、乗れる?と心配なのですが…結果はグー!!
参考になりました。 0人

★5  素朴だけど楽しい 掲載日:2018/02/02
じっこさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
があちゃん
があちゃん 作: かつや かおり
出版社: 福音館書店
小さい子のいる家庭のお風呂に一つはありそうなアヒルの人形。そんなアヒルが主人公です。アヒルがお湯がかけられたり泡だらけになったりするだけで、とくに動いたりしないのですが、なぜか生きているように感じます。とてもかわいらしいです。
おうちにアヒルのおもちゃがある子は特に親しみやすいと思います。
参考になりました。 0人

★4  車に乗って見つけよう あか あお きいろ 掲載日:2018/02/02
にぎりすしさん 60代・その他の方・京都府  
くるまから みつけた
くるまから みつけた 作: 宮本 えつよし
絵: 佐々木 一澄

出版社: パイインターナショナル
くるまから みつけた タイトルの通り
ドライブしながら いろんなものみつけた
あか あお きいろの風船   海ではふね 

牧場でみたのは ひつじやうし  数を覚えるのも楽しみですね
町を通り 到着は 遊園地 車に乗っていたのは ぼくとお父さんとお母さんだったんで

もう少し 主人公がはっきり分かってもよかったな〜

色がきれいで 子どもには見やすい絵本ですからね
参考になりました。 0人

★3  にじみ絵 掲載日:2018/02/01
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
レインボウブックス いのち
レインボウブックス いのち 作: 真砂 秀朗 山岸 智幸
絵: 真砂 秀朗

出版社: 三起商行(ミキハウス)
全ページためしよみで、読ませていただきました。
にじみ絵をコラージュしたような、いろんな生き物たちのデザインです。
色がきれいです。言葉はありません。
タイトルは”いのち”ですが、実際どのように子どもたちと楽しめるかな?親子で、いろいろお話しながら楽しむのかな?私の用途的には、難しいかな…
参考になりました。 0人

★3  答えが意外で面白いです 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
おやすみ ペンギン
おやすみ ペンギン 作・絵: 浅沼 とおる
出版社: フレーベル館
全ページためしよみで、読ませていただきました。
これなあに?とクイズ形式の絵本です。
幼い子にとっては、意外に難しいかもしれません。
でも、分かったときの喜びは大きいですね。
ヒントを出しながら、コミュニケーションを楽しむ絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

★3  ほかの言葉も探したい 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
レインボウブックス ことば
レインボウブックス ことば 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
全ページためしよみで、読ませていただきました。
『がちゃがちゃどんどん』『ゆめにこにこ』のような、言葉のイメージ(絵)と響き(音)を、つなぐタイプの絵本ですね。
イラストが、シンプルで分かりやすくて、色がきれいだと思いました!
ほかの言葉もさがそうというのが、いいですね!
参考になりました。 0人

★3  なにに乗ったか? 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 50代・その他の方・香川県  
のれるかな? うかぶかな? ふね
のれるかな? うかぶかな? ふね 作: いしい きよたか
出版社: ゴブリン書房
赤ちゃん絵本によくある感じはして、絵も、あたたかくて、はっきりしていて、いいなと思ったのですが…
何に乗ったのかが、今一つよくわからないというモヤモヤが残るのです。
乗るものたちに関係したものとはわかるのですが…
参考になりました。 0人

★5  シュール! 掲載日:2018/02/02
じっこさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
ぱっくん ぱっくん
ぱっくん ぱっくん 作: 長 新太
出版社: ポプラ社
突然、犬が魚にぱっくんされます。こ、これはどんなストーリーなの??と戸惑ってる暇もなく、こんな感じで次々にいろんな動物が、ぱっくんされていきます。えーって思いつつ読んでいくと、最後はびっくりのオチが待っています。ともかく、めでたしめでたしです。
ぱっくんぱっくん、読んでいるうちになんだかおもしろくなってきます。2歳の息子はお気に入りとまではいきませんが、最後まで聞いているので、おもしろいと思っているのかなぁ。
参考になりました。 0人

★5  幻想的でやさしい絵本 掲載日:2018/02/02
じっこさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
おやすみブルートレイン
おやすみブルートレイン 作: 松沢睦実
絵: 木村定男

出版社: フレーベル館
ブルートレインがいろんなところを駆け抜けるシーンが続きます。古い絵本ですが、子どもには全く気にならないようです。2歳の乗り物好きの息子は、図書館でこの表紙を見て、自分で持ってきました。そして読んでみて、とっても気に入ったようです。

お母さんが子どもが寝る前に、子どもにやさしく語っているような文章です。現実と幻想が入り混じっている感じが素敵で、ねんねの前にぴったりのやさしい絵本です。
参考になりました。 0人

★4  怖い魔女から逃げろーー 掲載日:2018/01/26
Tiefenさん 30代・ママ・山梨県  女の子2歳
まじょまつりにいこう
まじょまつりにいこう 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
2歳2ヶ月の娘に購入しました。ヘンゼルとグレーテルのお話が好きな娘は、魔女が出てくるこの本にもどっぷりハマりました。
特に、うさぎの正体が魔女にバレて懸命に逃げる際、魔女たちの沢山の手がうさぎの背中に差し迫っている場面では、「ママ、魔女の手手、たくさん!!こわいよーー!!」と笑顔でママに抱きついてきます(怖いもの見たさ?で何度も何度も同じページを見たがります)。怖いよーー!と言って逃げること自体を楽しんでいるようです。
また、主人公のうさぎは、赤チェックの服を着ているのですが、自分のことを「ぼく」と言います。読みながら、私自身がそのギャップに違和感を感じたことから、私自身の中に、赤=女の子というジェンダー的な先入観があることに気づかされました(ありがたいです)。赤い服が大好きな娘は、主人公のうさぎに影響を受けてか、自分のことを「ぼく」と言うようになりましたが、今は一人称は何でも可愛いので直しません。笑
参考になりました。 0人

★5  発表会の劇のお話しでした 掲載日:2018/01/24
k7さん 40代・ママ・京都府  男の子6歳、男の子2歳
てぶくろ
てぶくろ 作: (ウクライナ民話)
絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
息子の年年少の頃の、発表会の劇でこのてぶくろのお話しをしてくれました。この絵本の動物が結構リアルに描かれていて、大人がこの絵本をさらっと読むと、初めの印象はしぶいお話しだなと感じます。

おじいさんが雪道の中てぶくろを落としてしまい、てぶくろの中に動物たちが寒さをしのぎにやってくるのですが、ねずみさんが来て〜かえるさんが来て〜というお話しに、2さいから3さいくらいの子ともにとってはきっと次々に動物さんが遊びに来てワクワクすると感じるのかな・・・と思ったので、子供に読む時には、そのワクワク感をだすようひと工夫加えて読んでみようと、試してみました☆

長男の劇は、みんなとってもかわいらしく演じていて、我が家にとっては思いでの1冊です。
参考になりました。 0人

★5  もっと早く読ませたかった! 掲載日:2018/01/24
k7さん 40代・ママ・京都府  男の子6歳、男の子2歳
おててがでたよ
おててがでたよ 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
2歳の息子に読んだのですが、今は自分で洋服の脱ぎ着ができるので、洋服を自分で脱ぎ着する前のタイミングで読ませたかった!という印象でした。
うまく表現ができないけれど、大人にとっては心がキュンとするような、赤ちゃんらしいしぐさを表現されている感じが、母的にはとーても気に入りました。さすが林明子さんだなあって感じました
年長の長男は、「この赤ちゃん二男の○○くんとそっくり〜」と横からつっこみを入れながら、そして3歳の二男は「これは知らない赤ちゃん〜」と自分は赤ちゃんではない!みたいなアピールもしつつ、楽しんでくれていました。
表紙の絵を見て、ずっと以前から目にはしていたのに、長男も二男も時期がすぎてから読んだのが残念!でも出会えてよかった絵本でした☆
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

26040件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット