たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>

検索結果

現在の検索条件

3歳

30513件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★4  実はとってもうけがいい! 掲載日:2017/05/26
キールさん 30代・ママ・福井県  男の子3歳、女の子1歳
すーびょーるーみゅー
すーびょーるーみゅー 作: 谷川 俊太郎
絵: 土佐信道

出版社: クレヨンハウス
タイトルも内容も大人には正直さっぱり意味のない絵本ですが、

この意味不明な分はわが子にうける。

と思った通り、3歳の息子は大爆笑で大喜びでした。

日ごろから濁音半濁音を駆使しておしゃべりを楽しむ息子なので、予想通りでした。これは男の子限定かな。


イラストはマンダラを思わせる不思議さで、とっても面白いです。

もともと、拗音を子供に教えたい目的で借りた本でもありますが、効果絶大、何度か読み聞かせるとちっさいやゆよの読み方に慣れてきました!


子どもだから楽しめるとっておきの絵本かなと思います。
参考になりました。 0人

★5  3歳、無言で聞き入る 掲載日:2017/05/26
ぺんぎんさんさん 40代・ママ・茨城県  男の子3歳、男の子1歳
ぼくのなかのほんとう
ぼくのなかのほんとう 作: パトリシア・マクラクラン
訳: 若林千鶴
絵: たるいし まこ

出版社: リーブル
もうすぐ4歳になる子に読みました。
こちらは挿絵が少なく、絵本というより児童書というかんじで、多分小学生向けなんじゃないでしょうか。
内容も外国のお話なので文化の違いが小さい子にはわかりにくいように、自分で読んでいて感じました。

まず息子に表紙を見せると、読んで。と。
寝る前に1日1章づつ読んできました。
途中、怪我をしたシーンや終盤は2章まとめて読んだりしました。

ちょっとづつ読んでいったので、翌日には内容どころかキャラをすっかり忘れていて、
毎回、ロバートは誰?そう主人公。エリーは?犬だよ。
と、説明をしていきました。

そんなゆるりとした読み聞かせで最後まで読んでいき。
感想を聞いてみました。
意味がわからなかった、と答えるかなーなんて思っていたのですが
「もう一回読んで」

今、2週目を読んでいます。
読み返していて、大人でも初回との感じ方が違うなーと思いました。

3歳にはとても難しい本だったと思いますが、親と子のつながり、祖母との信頼関係など、息子なりに身近に感じられたんだと思います。

普段手に取ることはない本だったので、レビューコンテストをきっかけに息子に読んであげることができてよかったです。
参考になりました。 0人

★4  ほほえましい 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
ママははなよめさん
ママははなよめさん 作: 長崎 源之助
絵: 柿本 幸造

出版社: 学研
3歳と5歳の子に読みました。
ぶたの家族のほほえましいお話でした。
結婚記念日をパパが忘れていると怒るママですが…。
ママのために動くこぶたのさんきょうだいがいいですね。
家族みんなが互いを好きなのだと思えます。
参考になりました。 0人

★4  もったいなくないよ 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
もったいないばあさん まほうの くにへ
もったいないばあさん まほうの くにへ 作・絵: 真珠 まりこ
マジック監修: 大友 剛

出版社: 講談社
3歳と5歳の子に読みました。
いつものように「もったいない」と言うもったいないもったいないばあさんですが、まほうのくにでは「もったいなくないよ」の返し。…うーん、たしかに!すごいな、まほうのくに。
でもこれは見るとエコに関する話でもあるんですね。こどもにその部分は伝わっていないかもしれませんが。
巻末にマジックの仕方が載ってます。うまくできるとこどもが喜びそうだなと思いました。
参考になりました。 0人

★4  芸をするティーカップ 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
ディズニープリンセスのロイヤルペット絵本 ベルのこいぬ ティーカップのわすれもの
ディズニープリンセスのロイヤルペット絵本 ベルのこいぬ ティーカップのわすれもの 作: エイミー・カ―スター
訳・文: 小宮山 みのり

出版社: 講談社
ベルとの出会いのお話でもそうでしたが、あいかわらず芸が得意なティーカップの姿を見ることができました。
今回はベルのお気に入りのこうま、プティも出てくるのがよかったです。
動物同士が仲良しなのも微笑ましいですね。
ベルも幸せそうです。
参考になりました。 0人

★4  大喜び 掲載日:2017/05/22
みっとーさん 30代・ママ・滋賀県  男の子5歳、女の子4歳
はじめてのかみこうさく1集
はじめてのかみこうさく1集 出版社: くもん出版
まさに「はじめての」かみこうさく。
なんでもお兄ちゃんと同じようにやりたい娘に買いました。
はさみが少し上手になってきたけれど、同シリーズの「かみこうさく」までは上手に切ることができない娘は、意気揚々とやっていました。
カラーでのりを貼るところだけが白くなっているので、分かりやすく自分ひとりでできることが自慢げでした。
ただ、これだと一瞬でできすぎてしまう…。
指示通りに切ってのりではったあと、消防車などその形に切ってそれで遊んでいました。それでちょうど3歳にいい感じでした。
参考になりました。 0人

★4  ドキドキ 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
くらやみえんのたんけん
くらやみえんのたんけん 作: 石川ミツ子
絵: 二俣 英五郎

出版社: 福音館書店
3歳と5歳の子に読みました。
暗くなってきた園。
電気を消して、男の子二人が園内探検に!
こういうのはドキドキするのでしょうねー。
暗くなると、いつも見ている光景もなんだか違う風に見えてきてしまって。
こわいけど楽しいという気持ちがわかるなーと思いました。
参考になりました。 0人

★4  ようふくやさん 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
はりねずみのはりこ
はりねずみのはりこ 作・絵: なかや みわ
出版社: 福音館書店
3歳と5歳の子に読みました。
ようふくやさんのおばあちゃんのおてつだいをするはりこちゃん。
おばあちゃんがつくる洋服に憧れたり、女の子ですねー。
はりねずみのはりはたしかにおしゃれにはちょっと邪魔?
はりこちゃんのことをしっかりと見ているおばあちゃんもすてきなお話です。
参考になりました。 0人

★4  捕らぬ狸の皮算用(笑) 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
ひよこのかずはかぞえるな
ひよこのかずはかぞえるな 作: イングリ・ドーレア エドガー・パーリン・ ドーレア
絵: イングリ・ドーレア エドガー・パーリン・ ドーレア
訳: せた ていじ

出版社: 福音館書店
捕らぬ狸の皮算用とも言うべきお話です(笑)。
おばさんがたまごが売れたら…と妄想がどんどんどんどん!
自分に都合の良い妄想は楽しいですよねー。
私もあるなー、こういうこと!
オチも前向きでいいなーって思いました。
参考になりました。 0人

★4  おひめさまみたい 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
おたんじょうび・おめでとう
おたんじょうび・おめでとう 作: 守屋 正恵
絵: いもと ようこ

出版社: あかね書房
3歳と5歳の子に読みました。
おたんじょうびのはなよ。
園でおたんじょうかいを開いてくれるのですが、お手伝いしようとすると、「いいから見ていて」と言われて、お手伝いさせてもらえません。主役だからというのはわかりますが、ちょっと仲間はずれ気分で寂しくなってしまうのがかわいそうでした。みんな悪気はないのですけどね。
こどもははなよが冠をかぶったり、おひめさまみたいなところがよかったようです。
参考になりました。 0人

★5  読み応えがある 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
とうちゃんはかんばんや
とうちゃんはかんばんや 作: 平田 昌広
絵: 野村 たかあき

出版社: 教育画劇
なかなか読み応えのある絵本だなと思いました。

単にかんばんやの紹介だけでなくて、主人公の男の子の家族模様や、かんばんやを継ぐかどうかの揺れ動く気持ちなど、全体が散漫にならない程度にストーリーに盛り込まれていて、繰り返し楽しめる絵本だと思いました。
参考になりました。 1人

★5  頭がつるんこ 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
かにのしょうばい
かにのしょうばい 作: 新美 南吉
絵: 山口 マオ

出版社: 鈴木出版
あまり期待せずの読み始めたのですが・・・たこのくだりのところで、読んでいる私のほうが爆笑してしまいました。
頭がつるんこで毛がないって・・・そういわれてみればそうだ!

新見南吉さんは「ごんぎつね」と「てぶくろをかいに」ぐらいしか知らなかったのですが、とても興味がわきました。
他にも読んでみたいです。

参考になりました。 0人

★4  考えさせる絵本 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
ペンギンかぞくのおひっこし
ペンギンかぞくのおひっこし 作: 刀根 里衣
出版社: 小学館
読み始めてもしや・・・と思ったのですが、やはりそうでした。
環境をテーマにした絵本なのですね。

ちょっと道徳っぽいかなぁ・・・考えさせる絵本ではあるけれど、楽しめる絵本ではありませんでした。

子供は最初のうちは黒いページをこわがっていましたが、ぺんぎんのお話と分かった時点で読むようになりました。
参考になりました。 0人

★4  かわいい 掲載日:2017/05/22
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子5歳、女の子3歳
たんぽぽのおかあさん
たんぽぽのおかあさん 作: こんの ひとみ
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
たんぽぽの下にこねこ。
たんぽぽを自分のおかあさんと思うこねことおかあさんになってあげるたんぽぽが微笑ましくてかわいいです。
うちの子はたんぽぽが綿毛になって飛んでいくところが好きみたいでした。
たんぽぽはまあそうやって飛んでいくものですが、ラストは大丈夫!ハッピーエンドです。
参考になりました。 0人

★4  果物を育てる大変さ 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
ぼくのもものき
ぼくのもものき 文・絵: 広野 多珂子
出版社: 福音館書店
単に桃を育てて食べたらおいしかった、という話だけではなくて、数々の失敗やお母さんの工夫なども記されていて、絵本でありながらすごーくリアルだなと思いながら読みました。
果物を育てる大変さもよくわかってよいと思います。

ただ文字が多いので、読み聞かせるのはちょっと大変でした。
参考になりました。 0人

★4  高度な絵本 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
ぼくのおじいちゃん
ぼくのおじいちゃん 作: カタリーナ・ソブラル
訳: 松浦弥太郎

出版社: アノニマ・スタジオ
なかなか高度な絵本ですね。
1回読んだだけではよくわからなかったのですが、おじいちゃんとライトさんのストーリーが同時進行しています。
私はピラティスのポーズのところで、わかりました。

忙しい現代人に警鐘をならすような絵本でもあるのですが、息子は純粋に自分のおじいちゃんのはなしだと思って楽しく聞いていたようです。
参考になりました。 0人

★5  表紙の内側にも注目 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
でんしゃがきました
でんしゃがきました 作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社
ありきたりの絵本かな?と思っていたのですが、軽く期待を裏切られていい意味で面白かったです。

ねずみがチーズでんしゃ、らいおんはおにくのきかんしゃぐらいは想像がつくのですが・・・ぞうさんにはパフェ、かっぱ(!)にはおすしなど、ちょっぴりだじゃれっぽいところも面白かったです。

表紙の内側もストーリーになっていて面白いですね。
参考になりました。 0人

★5  丁寧な言葉遣い 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
くまのブルンミ とんとんだあれ?
くまのブルンミ とんとんだあれ? 作: マレーク・ベロニカ
出版社: 風濤社
少ない色ながら、絵柄がとても明るいな〜というのが第一印象でした。

「ごきげんいかが」
「おまねきありがとう」
ちょっぴり丁寧な言葉遣いがいいと思いました。
子供には美しい日本語に触れてほしいので。

対象は1歳〜とありましたが、3歳でもじゅうぶんに楽しみました。
参考になりました。 0人

★5  自然を慈しむ 掲載日:2017/05/22
ミキサー車さん 40代・ママ・愛知県  男の子3歳
はるかぜさんぽ
はるかぜさんぽ 作: えがしら みちこ
出版社: 講談社
あめふりさんぽがとてもよかったので、こちらも楽しみに借りてきました。
玄関にさりげなく赤い長靴が置いてあるのがうれしかったです。

女の子の自然を慈しむ気持ちが伝わってきて、読んでいて心が温かくなります。
春を彩るお花たちのイラストもとても素敵でした。
参考になりました。 0人

★5  母の日に 掲載日:2017/05/22
ぺんぎんさんさん 40代・ママ・茨城県  男の子3歳、男の子1歳
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み
チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 3番地 フィーフィーのすてきな夏休み 作: エミリー・ロッダ
絵: たしろ ちさと
訳: さくま ゆみこ

出版社: あすなろ書房
3歳のネズミ好きの息子が大好きなシリーズです。

こちらは読んでいなかったので、レビューコンテストがきっかけで読み聞かせしました。
たまたま母の日だったので内容にびっくり。
働き者のお母さんネズミを子供たちで応援する物語。
母の日の工作などをしてきた息子にとっても響くものがあったかな?
と期待を込めて読んでみたのですが
息子の興味はチーズホイホイばかりでした。
チーズホイホイ食べたいなーがここ数日の口癖です。

少々ページ数はありますがかわいい絵がたくさん収録されていて
息子も食い入るように見ていました。
絵がとても細かく描かれているので、何度読んでも新しい発見があり
長く楽しめる絵本だと思います。

来年の母の日に向けてまた何度も読み聞かせていきたいと思います。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

30513件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット