貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>

検索結果

現在の検索条件

3歳

30963件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  2人で1つのたまらんちゃん 掲載日:2017/11/24
こっちゃんとなあちゃんさん 10代以下・その他の方・山口県  女の子5歳、女の子3歳
たまらんちゃん
たまらんちゃん 作・絵: つぼい じゅり
出版社: 金の星社

料理や食材を主人公にした絵本はたくさんありますが、
たまごの卵黄と卵白、2人で1つのたまらんちゃんを見つけて
「なにこれ!可愛い!」と思いました。
読み始めて2人の可愛さと言ったらたまりません。
2人が引き離された場面は思わず「あとで混ぜ合わせる料理でありますように...」と
願わずはいられませんでした(笑)
ちなみに私の好きなたまらんちゃんは、たまらんだてまきです。
ふわふわのだてまきの中で幸せそうなたまらんちゃん、可愛すぎます。
参考になりました。 0人

★3  シンプル! 掲載日:2017/11/24
コウキ、サキアママさん 30代・ママ・愛媛県  男の子10歳、女の子7歳、男の子3歳
さんかくサンタ
さんかくサンタ 作・絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 絵本館
シンプル!とはまさにこのこと!
三歳の子供にはわかりやすい三角、丸、四角を使っての絵本の中にサンタさんのことが書かれていて、わかりやすかったです。
うちでは三角、丸、四角を切ってみたり制作の見本になりました。

言葉もリズムがあって読みやすかったです。
参考になりました。 0人

★5  何度も見ちゃ言いました! 掲載日:2017/11/24
コウキ、サキアママさん 30代・ママ・愛媛県  男の子10歳、女の子7歳、男の子3歳
おみせやさんでくださいな!
おみせやさんでくださいな! 作: さいとう しのぶ
出版社: リーブル
店に行っていろんなものに興味のある年ごろ。スーパーに何でもそろっているので、八百屋さんや豆腐屋さんなんて知りませんが、ページをめくるたび体験できないお店にも行けたり。
とても細かく描かれているので次は違う品物の名前を言ってみたり何度も楽しめます。低学年にもわからないものがあったり疑似体験出来たり楽しいですね。
プレゼントにもおすすめ!
参考になりました。 0人

★4  音と絵の融合 掲載日:2017/11/24
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
おとえほん
おとえほん 作: エルヴェ・テュレ
訳: たにかわ しゅんたろう

出版社: ポプラ社
音と絵を融合して楽しめる、新しいタイプの絵本です。

この著者と、谷川俊太郎さんの訳の、コラボは、すでに何冊かあるようです。

絵本は、ただ読むだけでなく、五感を使って、身体で動いて遊ぶ世界へと、広がっているな…と思いました。
参考になりました。 0人

★5  奥深い絵本 掲載日:2017/11/22
くりこきなこさん 30代・ママ・愛知県  男の子5歳、男の子3歳
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
下の子が保育園の先生に読んでもらい、大好きになった1冊。図書館でこの本を見つけると満面の笑みで「借りよう」というので借りてきました。お話は抽象的で、なぜか何かが心に残る。さすが、谷川俊太郎さん!もことは一体何者なのか?もことにょきとの関係とは?…しかも最初のシーンと最後のシーンが伏線になっているので途切れることなく繰り返し三回は読んでしまいます。子供は「ギラギラ」のページで太陽と思うのか、手を当てて「熱っ!」と言っています。また、もこがにょきを「ぱくっ」とした後「つん」となるページでは、その見た目から「トマト」と叫びます。とても奥の深い1冊。面白いです。
参考になりました。 0人

★5  絵本選びに迷ったらこの一冊 掲載日:2017/11/22
ほっこり日和さん 30代・ママ・福岡県  男の子8歳、男の子7歳、女の子3歳
おちゃのじかんにきたとら
おちゃのじかんにきたとら 作・絵: ジュディス・カー
訳: 晴海 耕平

出版社: 童話館出版
もう10年以上も続いているという、とある本屋さんでのお話会。
そこで娘と一緒に座って読んでもらった絵本です。
いつも読んであげるばかりですが、たまには読んでもらうのもいいですね。
ハラハラドキドキ、でもほっこり、ほんわか、するような。
幸せ広がる、なんとも言えない気持ちでした。

子どもがとっても好きな絵本です。
ぜひ読んであげるといいですよ。
読んでくださった先生はそうおっしゃってました。

トラの行動にびっくり、ドキドキしながらも、家族で食事を囲むあたたかさを感じました。
参考になりました。 0人

★4  自然にお片付けが・・・ 掲載日:2017/11/22
新婚さんさん 30代・パパ・大阪府  女の子3歳、男の子0歳
ななちゃんのおかたづけ
ななちゃんのおかたづけ 作: つがね ちかこ
おかたづけアドバイス: 鈴木 尚子

出版社: 赤ちゃんとママ社
我が家の娘は3歳。すくすくと育ってはくれているものの、悩みはお片付けが苦手なこと。すぐにイライラしてしまい、泣き出したり、別のことをしだしたり・・・パパもママも「早くしなさい!」と感情的に。この本と出会った時、早速その日から変化が見られました。「本さんのおうちはここだもんねぇ」「ワンワンのぬいぐるみさんはここで気持ちよくねんねできる?」と物に声をかけながらお片付けをしているのです。自然と私も「そこならいいかもね、ここのほうがいいんじゃない?」と前向きな会話に。片付けの時間が本当に親も子にとっても楽しく過ごせる時間になりました。さらにうれしいことは娘が物を大切に使うようになったこと、お友達に優しくなっていることです。一冊の本の影響でここまで変化が出るとは正直期待していませんでした。もう両親でびっくりです。いろいろな本を読むって本当に大切だと心から感じました。
参考になりました。 0人

★4  日本のマザーグース 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
にぁーう
にぁーう 作: 松谷 みよ子
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 偕成社
わらべうた…とありますが、マザーグースのような感じがあります。
これは、日本のわらべうたでしょうか?それとも、マザーグースなどの訳でしょうか?それとも、松谷さんのわらべうた風の創作?

どちらにしても、リズムのよい言葉、ちょっと意外性のあるストーリー、わらべうたの特徴があって、とてもいいです。
絵も、かわいいです。
年末か、お正月に読みたいです。
参考になりました。 0人

★4  仲間がいいね 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
いっしょにあそぼう
いっしょにあそぼう 作・絵: 津田 櫓冬
出版社: 福音館書店
さるの子が、いっしょにあそぼうっとみんなに声をかけます。
でも、うさぎ、わに、ぞう、鳥など、違う動物たちとは、うまく、遊べません。でも、サルの仲間とであったときには、楽しく遊べました。

無理せず、気の合う仲間と一緒にいればいいんだよ…というメッセージを、大人の私は感じました。
参考になりました。 0人

★5  夏のわにわに 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
わにわにのおでかけ
わにわにのおでかけ 文: 小風 さち
絵: 山口 マオ

出版社: 福音館書店
『わにわにのおふろ』で大人気のワニの”わにわに”が、夏祭りに出かけます。
おめんやの屋台、きんぎょすくい、花火、蚊取り線香…
絵本からは、夏の夜の空気感が伝わってくるようです。
表紙の、財布を持つ”わにわに”の絵が、とてもかわいいです。
参考になりました。 0人

★4  よく考えられています 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
のりもの つみき
のりもの つみき 作: よねづ ゆうすけ
出版社: 講談社
穴あきボードブックです。
紙も厚いし、コーティングされているので、赤ちゃんが遊んでも、安心です。

これを真似して実際の積み木で遊んだら楽しそうです。

この絵本を作るには、図形的センスが必要ですね。めくる前のデザインと、めくった後のデザインの両立って難しそうです。
参考になりました。 0人

★3  穴あきのしかけ 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
いっしょにあそぼ どうぶつのあかちゃん かお
いっしょにあそぼ どうぶつのあかちゃん かお 絵: サミ
出版社: 学研
穴あきのしかけ絵本です。
動物の顏の形にくりぬきページがあって、同じ、目・鼻・口の顏が、いろんな動物の顏に変身します。

赤ちゃんは、指がかけやすいから、おもちゃ的に楽しめると思います。
紙も厚くてしっかりしていて、コーティングされていますので、赤ちゃんが遊んでも耐久性がありそうです。
参考になりました。 0人

★3  面白い!不思議! 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
スウィング!
スウィング! 作・絵: ルーファス・バトラー・セダー
訳・編: たに ゆき

出版社: 大日本絵画
ページを開いたり閉じたりと動かせば、右ページの人が動いて、スポーツするシルエットが見えます。

人の動き、美しいなと思います。

昔、視線の位置を変えると絵が動く、お菓子の付録のカードがあったような…あの原理でしょうか。それにしても不思議です。
参考になりました。 0人

★3  不思議 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
ワドル!よちよちあるき
ワドル!よちよちあるき 作・絵: ルーファス・バトラー・セダー
訳: たに ゆき

出版社: 大日本絵画
ページを開いたり閉じたりと動かせば、右ページの動物の絵が動きます。
昔、視線の位置を変えると絵が動く、お菓子の付録のカードがあったような…あの原理でしょうか。

動物の動き方が、とてもいいです。
でも、絵のなかが少し暗くて見えにくいのが残念。
参考になりました。 0人

★5  クリスマスまでのワクワク 掲載日:2017/11/22
バーバショコラさん 30代・ママ・神奈川県  男の子9歳、男の子6歳
メリー メリー クリスマス!
メリー メリー クリスマス! 作: 岡村 志満子
出版社: くもん出版
クリスマスまでの準備ってワクワク。ツリーを準備して毎日ながめたり、ケーキを作ったり。サンタさんくるのかなと、指折り数えたり。
そんなクリスマスまでのワクワクがよりいっそう高まるような絵本です。ツリーにかざりつけしたり、ケーキをデコレーションしたり、やってみて!と、読み手によびかけてくれる、参加型なところが楽しいです。クリスマス前にぴったりですね。
参考になりました。 0人

★3  くまが転がる 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
ころころぽーん
ころころぽーん 作・絵: 新井 洋行
出版社: ほるぷ出版
全ページためしよみで読ませていただきました。

りんごが転がる絵本は見たことありますが、こちらは、なんと、くまの子どもが転がります。そこが、意外です。

ボールのように、ポンポンと転がって、最後にはお母さんのところへ。
りんごのおまけつきです。
参考になりました。 0人

★4  言葉で遊ぶ 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
おみせやさんでくださいな!
おみせやさんでくださいな! 作: さいとう しのぶ
出版社: リーブル
さいとうしのぶさんの絵本は、どれも言葉が元気な気がします。

『あっちゃん、あがつく あいうえお』や『しりとりしましょ!たべものあいうえお』その他、わらべうたの本など…

そこに、かわいい絵がとてもマッチしています。

こちらも、一緒に声に出して楽しみたい絵本です。
参考になりました。 0人

★4  The 掲載日:2017/11/22
ママメイコさん 30代・ママ・兵庫県  男の子6歳、女の子3歳
おふろでなんでやねん
おふろでなんでやねん 文: 鈴木 翼
絵: あおき ひろえ

出版社: 世界文化社
“なんでやねん!”が面白いと聞いていたけれど、わが子はこっちの方が兄妹で楽しめそうだなぁと読み始めると、妹がハマって何度も読み返しました。
「なんでやねん」って、TVではよく聞くけど、生粋の関西人ではない事もあってか、「なかなか兵庫に住んでいても使わないよ」と思いました。
でも、子どもは「なんでやねん」の繰り返しが心地良いようで、
すぐに日常会話に応用しています。
なんでやねん!とボケツッコミしながら、笑いながら生活していきたいなぁ〜。
参考になりました。 0人

★4  ネイティブな発音はやはりイイ 掲載日:2017/11/21
くりこきなこさん 30代・ママ・愛知県  男の子5歳、男の子3歳
英日CD付 英語絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん GUESS HOW MUCH I LOVE YOU
英日CD付 英語絵本 どんなにきみがすきだかあててごらん GUESS HOW MUCH I LOVE YOU 作: サム・マクブラットニィ
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央

出版社: ラボ教育センター
こちらの仕掛け絵本はすでに持っていて、お話の愛くるしさを見事に表現している作品でお気に入りの1冊でした。CD付きの新刊が出たとのことで試聴してみました。せっかく子どもに聞かせるならやはりネイティブな発音を聞かせたい。と改めて思いました。しかもワンセンテンスごとに英語と日本語が繰り返されるので、集中力がなくなって最後まで聴くことが出来ない、ということもおこらなさそう。子供にはなるべく本物に触れさせてあげたい、そう思いました。
参考になりました。 0人

★4  いいな〜この世界 掲載日:2017/11/22
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
アントンせんせい
アントンせんせい 作: 西村 敏雄
出版社: 講談社
本当にホッとします。
温かないいお話です。

このごろは、本当にぶっ飛びの奇想天外な絵本を目にすることが多くて、もう疲れていました。

こういう、誠実さや、落ち着きのある絵本を、幼い子たちには届けたいと思います。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

30963件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

クリスマス準備をお手伝い☆光るページつきの絵本!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット