あなたがだいすき あなたがだいすき あなたがだいすきの試し読みができます!
作・絵: 鈴木 まもる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>

検索結果

現在の検索条件

4歳

27764件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★4  怖くて楽しい 掲載日:2017/11/17
はりー隊長さん 30代・ママ・兵庫県  男の子4歳
ようかい りょうりばんづけ
ようかい りょうりばんづけ 作: 澤野 秋文
出版社: 佼成出版社
4歳になったばかりの息子と一緒に読みました。
タイトルの「りょうりばんづけ」を筆頭に、息子にとっては知らない言葉や言い回しのオンパレード!おまけに妖怪だらけだし、ストーリー展開は早いし、まだちょっと早かったかな…と思っていたら意外や意外、最近読んだ絵本の中でダントツに再読のリクエストが多かった!
聞いてみたら、妖怪達のためだけにおやじさんが豆腐を作ってるところが面白くて好きなんだそうな。キシキシ、ボソボソの灰色豆腐、、想像もつきません(笑)
ちなみに、それを買いに夜な夜な妖怪たちが行列を作るところは怖くて苦手なようです。
私も息子も妖怪すねこすりが可愛くてお気に入り。
それにしても日本には沢山の妖怪がいるんですね!
参考になりました。 0人

★5  かわいい動物たくさん! 掲載日:2017/11/17
キールさん 30代・ママ・福井県  男の子4歳、女の子1歳
もりのおふろ
もりのおふろ 作・絵: 西村 敏雄
出版社: 福音館書店
4歳の兄と1歳の妹、二人で楽しめる絵本です。

かわいい動物さんがたくさん出てきます。
ストーリーはいたってシンプル、展開も読めますが、動物さんのかわいさと文章のリズミカルさで何度でも読みたくなる絵本です。

次はどの動物が出てくるかなぁという楽しみが子どもたちにはあります。
森の中で動物たちが仲良くお風呂に入るのはとっても夢があり、すてきだなと思います。

1歳の娘も「ごしごししゅっしゅ」の音が好きでよく一人でめくっています。

なかなかどちらか二人ともじっと見れる絵本はないので、兄弟がいる方には特におすすめです。
参考になりました。 0人

★3  だんだん面白い絵本 掲載日:2017/11/17
キールさん 30代・ママ・福井県  男の子4歳、女の子1歳
キャベツくん
キャベツくん 作・絵: 長 新太
出版社: 文研出版
どの作品にも言えることですが、長新太さんの作品はじわじわきます。面白さを追求しているのかシュールなのか…。

キャベツくんも関西人の私には突っ込みどころ満載ですが、いたってたんたんとストーリーは展開していきます。

こどもはぶたやまさんというキャラクターのとりこです。「ぶきゃ」という鳴き声も印象強いのだと思います。時々つぶやいています。

シンプルなストーリーなので、各々のイメージが膨らみます。
続きも気になるところです。

なんとなく心に残るイラストで、なんとなくまた読みたいなぁと思ってしまうのが不思議です。

展開がわかりやすく、文章が子どもにとって面白いのだと思います。予想以上に大好評です。
参考になりました。 0人

★4  衝撃のヒット作 掲載日:2017/11/17
キールさん 30代・ママ・福井県  男の子4歳、女の子1歳
うんこはごちそう
うんこはごちそう 写真・文: 伊沢 正名
絵: 山口 マオ

出版社: 農山漁村文化協会(農文協)
4歳前後の男児をお持ちのご家庭では大ヒット間違いなしだと思います。(残念ながら)

あまりにすきすぎて我が家では一日2回読み聞かせをリクエストされます。意外と真剣に聞いています。

内容も割と真剣に研究されています。
どうして絵本にしようと思ったのか疑問に思わずにいられませんが、新部門であることは間違いありません。

わにわにの山口マオさんがこんな絵本を手掛けていたなんて、衝撃でした。

とにかく男の子は大好きなテーマ、大好きな内容です。
読む大人には勇気がいるかもしれません。
女の子にはあまりヒットしないと思います。
参考になりました。 0人

★5  2人のドララちゃん!? 掲載日:2017/11/17
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳
おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん
おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
2人のドララちゃん!?
にせものドララちゃんが本物のドララちゃんを追い出そうとしているという展開にハラハラドキドキです。
ええーっ!?ドラキュラおじいちゃんまでにせものを本物と思っているの!?どうなるドララちゃん!
ドラキュラの特徴を考えての作戦とはさすがですね。さてさて…?
参考になりました。 0人

★4  お話がいっぱい 掲載日:2017/11/17
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳
イソップどうわ 25話
イソップどうわ 25話 作: 西本 鶏介 大石 真
絵: コダイラ ヒロミ *すまいるママ*

出版社: 学研
お話がいっぱいでよかったです。
絵もかわいいです。
私個人は私が好きなイソップ話が入っていて、けっこういいと満足に思ったのですが、こどもの反応はまあふつうでした。そんなに何度も何度もって感じではありませんでした。
参考になりました。 0人

★5  可愛い 掲載日:2017/11/16
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
しろくまのパンツ
しろくまのパンツ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: ブロンズ新社
4歳の孫に選びました。まず、本に登場するくまに、自分でパンツを履かせたりできる事にとても喜んでいました。色々な柄のパンツが登場するので、ワクワクしながら読み進めることが出来るのが良かったです。最後にパンツを履かせるのが気に入りました。
参考になりました。 0人

★5  楽しい 掲載日:2017/11/17
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
tupera tuperaのわくわくワークショップ〜みんなでたのしむ造形タイム〜
tupera tuperaのわくわくワークショップ〜みんなでたのしむ造形タイム〜 著: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: チャイルド本社
工作に興味を持っている4歳の男の子の為にこの絵本を選びました。身近にある材料でとても沢山の物が作れることが知れて嬉しかったです。高く伸びるビルに魅せられて、僕も作ってみたいと言っていました。さすがツペラツペラさんの作品だなと思いました。
参考になりました。 0人

★5  ツペラツペラさん 掲載日:2017/11/16
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
ルイスがたべられちゃったひ
ルイスがたべられちゃったひ 作: ジョン・ファーデル
訳: ツペラ ツペラ(tupera tupera)

出版社: ブロンズ新社
ツペアツペラさんが邦訳をした作品だったので選びました。ちょっとびっくりするタイトルが心に残りました。お姉ちゃんが弟思いなのが素敵だなと思いました。オバケや怪獣に興味を持っている4歳の孫が集中して聞いてくれました。怪獣を探すのも楽しかったです。
参考になりました。 0人

★5  おばけ 掲載日:2017/11/17
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
モノモノノケ
モノモノノケ 著: ツペラ ツペラ(tupera tupera) 阿部高之
出版社: アリエスブックス
ツペラツペラさんの作品だったのでこの絵本を選びました。4歳の孫はオバケに興味を持っている時期なので興味を示していました。写真の中から、どこだろう?と言いながらワクワクした気持ちでもののけを探すのが楽しい様子でした。じゃばらになっているのも斬新で素敵でした。
参考になりました。 0人

★5  ツペラツペラさん 掲載日:2017/11/17
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
おばけだじょ
おばけだじょ 作: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 学研
ツペラツペラさんの作品だったのでこの絵本を選びました。オバケに興味を持っている4歳の孫がとても良い反応を示してくれました。オバケのしゃべり方が可愛いのであまり怖くないのが良かったです。ハロウィンの季節にもお勧めしたい絵本です。
参考になりました。 0人

★5  ツペラツペラさん 掲載日:2017/11/17
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば・愛知県  
tupera tuperaの手づくりおもちゃ
tupera tuperaの手づくりおもちゃ 著: ツペラ ツペラ(tupera tupera)
出版社: 河出書房新社
ツペラツペラさんの作品だったのでこの絵本を選びました。4歳の孫は今工作に興味を持っているので、この絵本にとても興味を持っていました。身近にある材料でさまざまな物を作れることを学べるのが良かったです。実際に子どもが作っている姿も掲載されているので、お友達と一緒に作っている感じを味わいながら読めるのが良かったです。
参考になりました。 0人

★4  かわいい 掲載日:2017/11/17
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳
まるちゃんのたからもの きゅるきゅるきゅる
まるちゃんのたからもの きゅるきゅるきゅる 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
まついのりこさんの絵本なので選びました。
まるちゃんはシリーズにもなっているようですね。
きゅるきゅるきゅると言うと…車の反応が楽しいですし、まるちゃんもかわいいです。
4歳の子にはちょっと赤ちゃん向けすぎたかな?と思いましたが、しっかりと楽しそうに聞いてくれてよかったです。
参考になりました。 0人

★5  夜に読みたい絵本 掲載日:2017/11/16
ぺんぎんさんさん 40代・ママ・茨城県  男の子4歳、男の子1歳
おうさまの たからもの
おうさまの たからもの 絵・文: 糟谷 奈美
出版社: 至光社
静寂な雰囲気が伝わってくるとてもすてきな絵本です。
イラストもアーティスティックな独特なものがあり、大人でもひきつけられます。
普遍的で単純な物語ではありますが、何が大切なものか、というとても大きなテーマの作品です。

物事の本質まで受け止められる年齢ではないのですが、その世界観に浸ることで透き通ったような気持ちを感じられているように思います。
静かな夜にゆっくり読んであげるのにぴったりな、とても上質な絵本です。

とても気に入っています。
参考になりました。 0人

★5  こどもの頃好きでした 掲載日:2017/11/16
ユキワリさん 30代・その他の方・東京都  
まっくろネリノ
まっくろネリノ 作・絵: ヘルガ=ガルラー
訳: 矢川 澄子

出版社: 偕成社
 正確には何歳ごろだったか分かりませんが、繰り返し読んだ記憶があります。
 いつも図書館のこどものコーナーに行くと手にとっていました。
 なぜかとても好きだったんです。
 たぶんネリロの切なさに同調してしまい、でも最後に報われる感じが好きだったのではないでしょうか。
 なんの動物だか分からないのとか、絵も良かったのかもしれません。

 そんなに教訓とか気にしてなかったのだと思います。子供ですから。
 ただ好きでした。

 今思えば、たぶん、どんでん返しが好きだったのではないかと。
 あと、子供ながらに外されることへの恐怖があったのかもしれませんね。
 コンプレックスもすでにあったのかもしれません。(コンプレックスの多い子供でした。4歳ぐらいなので無意識でしょうけど)
 私は次女でしたが、母と姉に置いていかれる夢を何回も見た記憶があります。
 でもこのお話では、最後に救いがありますから、安心できたのではないかと。
 そんな気がします。

 ただ理由もわからず、読むと気持ちよくて、他の絵本を読んでも、結局またこの絵本を手にとっていたのを覚えています。
参考になりました。 0人

★4  歌いながら読む 掲載日:2017/11/17
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
おだんごぱん
おだんごぱん 作: (ロシア民話)
絵: 脇田 和
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
ロシアの昔話です。

おだんごぱんが、おじいさん、おばあさんのところから、ころころ逃げだします。途中、いろんな動物にも出会いますが、「おまえなんかにつかまるかい!」とタンカを切って逃げ出します。

つみあげ言葉的な楽しさがあります。
そこを歌いながら読むと、とても楽しいです。
参考になりました。 0人

★4  思い出の絵本 掲載日:2017/11/16
ピコピコピコさん 50代・その他の方・香川県  
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ
ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: 林 明子
訳: 坪井 郁美

出版社: ペンギン社
我が子が小さい時に、セットで購入した絵本のなかにありました。

その頃は、絵がとても印象的で、話の内容には特別深い思い入れはなかったのですが…(ただ、ぼくがまっすぐまっすぐ歩いて、おばあさんの家にいくという)

20年以上たって、見てみると、子どもたちも、まっすぐまっすぐ歩いてきたんだな…と感慨深いです。
参考になりました。 0人

★4  なにがうまれるかな? 掲載日:2017/11/15
みちんさんさん 30代・ママ・愛知県  女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳
たまごのなかにいるのはだあれ?
たまごのなかにいるのはだあれ? 作: ミア・ポサダ
絵: ふじた ちえ

出版社: 福音館書店
たまごからなにがうまれるかな?
たまごといっしょに親の体の一部が見えているので、子供も予想することが出来ました。個体の種類まではわからないので、大雑把にですけどね。
なにがうまれるかといっしょにその動物のうまれる様子についても書かれていておもしろかったです。
参考になりました。 0人

★5  賢治の魅力、再発見 掲載日:2017/11/15
はりー隊長さん 30代・ママ・兵庫県  男の子4歳
雨ニモマケズ
雨ニモマケズ 作: 宮沢 賢治
絵: 柚木 沙弥郎

出版社: 三起商行(ミキハウス)
夫が息子(4歳)に宮沢賢治を読んであげたいと言い出したので、彼の有名な詩が絵本になったこちらの作品を選びました。
夫に続いて復唱する息子。意味はわからないなりに、何かおもしろい、と感じたようです。日を変えて3度目を読む頃には、ほとんど暗唱してしまっていました。
「コワガラナクテモイイトイイ」や「オロオロアルキ」などの部分で必ず笑うので、最初は単純に日本語のリズムを楽しんでいるだけのように思えましたが、「お母さん、ヒデリの時は涙を流すんだよ。ヒデリって何?」と聞くなど、内容を知りたいという気持ちも働いているようです。
耳にすーっと入ってくるこの何ともいえない語感の良さ。久しぶりに息子と読んでみて、あらためて賢治の魅力を感じました。
柚木さんの、カラフルで説明的すぎないイラストもよくあっていると思います。
参考になりました。 0人

★4  いつも一緒♪ 掲載日:2017/11/15
はりー隊長さん 30代・ママ・兵庫県  男の子4歳
たまらんちゃん
たまらんちゃん 作・絵: つぼい じゅり
出版社: 金の星社
息子が卵好きということもあり、卵を題材にした絵本はこれまで沢山読んできましたが、黄身と白身が別々におしゃべりしている絵本には初めて出会いました〜!
いつも一緒の仲良したまちゃん&らんちゃんを見てニンマリしていた息子でしたが、ふたりが突然引き裂かれ、ハラハラ・・・ドキドキ・・・
らんちゃんがたまちゃんの中にとろ〜り落ちてくる再会シーンが大好きな息子、「つかのま」という言葉をばっちり覚えましたよ(笑)
再会できた後も次々と受難がふたりを待ち受けていますが、とにかくテンポが良くって、かわいくって、最後はホッ。ハッピーになれる一冊でした!
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

27764件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット