もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本ナビでしか買えない!自慢したくなる『ねないこだれだ』グッズ

検索結果

現在の検索条件

5歳

23722件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  楽しい! 掲載日:2017/07/21
morimoriさん 30代・ママ・山口県  
みどりいろのたね
みどりいろのたね 作: たかどの ほうこ
絵: 太田 大八

出版社: 福音館書店
緑色のたねたちとメロンあめのユニークなやりとりが表情豊かでとても面白かったです。できあがったエンドウ豆、どれくらいあまいのかな?など、色々と想像が膨らみました。寝る前の読み聞かせで、「もっかい読んで〜」と何度も言われてしまいました^^
参考になりました。 0人

★5  憎めない 掲載日:2017/07/21
もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ・島根県  男の子8歳、男の子5歳、女の子2歳
くまのビーディーくん
くまのビーディーくん 作・絵: ドン・フリーマン
訳: 松岡 享子

出版社: 偕成社
地味だけれどにくめないくまの人形です。ぜんまいをまいてもらわなくちゃ動けないのに冒険をしてしまう。かわいいです。現実と空想と、子どももこの世界にすんなりと入っていける。素晴らしいほんです。絵が暗いけれど読んでやれば、子どもも理解していました。
参考になりました。 0人

★5  元々アナ雪が好きという事もあり、 掲載日:2017/07/21
梅木水晶さん 30代・ママ・山形県  女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳
さがして!みつけて!アナと雪の女王 いつもオラフといっしょ
さがして!みつけて!アナと雪の女王 いつもオラフといっしょ 訳: 俵 ゆり
装丁・本文レイアウト: ニシ工芸

出版社: 講談社
かなり真面目に探していました。見開きページの対象物だけでは飽き足らず、巻末の対象物もページを行ったり来たりしながら探していました。難易度がそれほど高くないのもいい。映画にはないシーンが沢山でしたが、かなり楽しんでいた模様。
参考になりました。 0人

★5  はまっています 掲載日:2017/07/21
みっとーさん 30代・ママ・滋賀県  男の子6歳、女の子4歳
動く学習漫画MOVE COMICS 昆虫のふしぎ(2)昆虫のサバイバル大作戦! の巻
動く学習漫画MOVE COMICS 昆虫のふしぎ(2)昆虫のサバイバル大作戦! の巻 漫画: 安斉 俊
監: 伊藤 弥寿彦
編: 講談社

出版社: 講談社
MOVEの図鑑を集めているのですが、そのMOVEのコミックはさらにおすすめ。
図鑑と違い、毎日眺めるように見続けるわけではありませんが、昆虫の魅力的なところばかりピックアップされた漫画の内容に魅了され、時々思い出したように何度も何度も見ています。
昆虫博士になりたい息子にぴったりの絵本です。
参考になりました。 0人

★4  子どもって自動販売機が好きですよね〜 掲載日:2017/07/21
ママのプーさんさん 30代・ママ・千葉県  男の子5歳
おたのしみ じどうはんばいき
おたのしみ じどうはんばいき 作: 宮知 和代
出版社: アリス館
うちの5歳男子は自動販売機が大好きです。

本屋さんで、この本を見かけた時も、
じーっと見ていました。
そしてボタンを押す。押す。押す。
絵本ですから、ボタンと言ってもイラストですし、
実際に押したって、何か出てくるわけでもないんですが。。。

とにかく楽しんでいました。
参考になりました。 0人

★5  いきものの存在価値 掲載日:2017/07/21
あおパンダさん 30代・ママ・島根県  男の子5歳
すばこ
すばこ 文: キム・ファン
絵: イ・スンウォン

出版社: ほるぷ出版
今話題のヒアリの女王アリは、たった一匹で
繁殖するために飛んで移動するそうです。
風に乗ると10kmも遠くまで。そして卵を産み、
巣を広げ、人間の生活を脅かすといいます。
こうなると子を持つ親としては、アリを見るのが
とても恐ろしく、身近にいるアリすべてを
駆除してしまいたくなるところです。しかし、
繁殖力の強いヒアリも、女王アリたった一匹の時には、
在来種のアリに殺されてしまうのだとか。

この話をテレビで見たとき、衝撃を受けました。
今まで価値を感じず、むしろ庭に巣を作るアリを
邪魔にすら思っていたのに、もしかしたら我が家の
守り神になるのかもしれない。

ベルレプシュ男爵の鳥たちも最初は皆に邪魔に
されたのではないでしょうか。糞や病気や匂い…
鳥にまつわる迷惑なこともあるかもしれませんから。
でも、ハマキムシの幼虫の一件で、人々は鳥の
存在価値を知ったでしょう。そして鳥を呼ぶ巣箱の
大切さを。

人は、何かが起きなければ本当の価値を見いだせない
事があります。だからこそ、注意深く命の大切さを
考える必要がある。巣箱を置くだけでなく、自然に
暮らせる環境を守って行くことも考えなくては
いけないですね。
参考になりました。 0人

★4  パン屋さん 掲載日:2017/07/21
もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ・島根県  男の子8歳、男の子5歳、女の子2歳
みんなの くまくまパン
みんなの くまくまパン 作: 西村 敏雄
出版社: あかね書房
パンのお話は子どもも大好きですが、どうしてもからすのぱんやさんのようになってしまうのですよね。もっともりあがりがあればおもしろかったかな。絵が面白いのに、淡々としたお話なので、、もっとmrちゃくちゃ笑えるところがあればいいかなと思いました。
参考になりました。 0人

★4  トイレトレーニングに! 掲載日:2017/07/21
ママのプーさんさん 30代・ママ・千葉県  男の子5歳
くろくまくん トイレで ち〜!
くろくまくん トイレで ち〜! 作・絵: たかい よしかず
出版社: くもん出版
トイレトレーニングに役立ちそうな絵本です。

終わった後にちゃんと手洗いをしているのが
いいと思いました。
幼稚園男子って、ちゃんと手洗いしてるのか心配になることが
あるので、意識づけに役立つと思いました。

くろくまくんと仲間たちもとっても可愛いです。
参考になりました。 0人

★5  おばけになっちゃった 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
へんしんオバケ
へんしんオバケ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
ヘンシントンネルも喜んでいた息子なので、この絵本もとても楽しそうに読んで、自分でつぶやいたりしていました。
たけしじいさんがしいたけおばけになるのは、私も笑ってしまいました。おじいさん、災難です。スープがおしりおばけになるのは息子のツボでした。
言葉遊びって楽しいですね。
参考になりました。 0人

★5  すべてがさかさま 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
さかさのこもりくんともりもり
さかさのこもりくんともりもり 作・絵: あきやま ただし
出版社: 教育画劇
逆さ言葉を話すコウモリのこもりくんたち。言ってることすべてがあまのじゃくで、笑えます。息子もこういう言葉遊びみたいのが分かるようになってきたので、面白がって聞いていました。
ちらかせ ちらかせ の歌をうたいながら掃除をしたり、怪物と戦うときも「まけるぞ〜」と言いながら戦ったり、何から何まで逆さです。こんなんだと、炎の怪物がとまどってしまうのも分かる気がします。
さいごの「おとなってかっこわる〜い おとなってよわ〜い」には、逆さだと分かってるのに、なんだかグサッときてしまいました。
参考になりました。 0人

★5  ほしかったのは、シンプルなものでした。 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
へんてこパン
へんてこパン 作: 小沢正
絵: 国井 節

出版社: ポプラ社
自分でつくったパン焼き自動車でパンを売ってまわるネルおじさん。
ネルおじさんのパン屋さんはちょっと変わっていて、お客さんが来てからそのお客さんに合ったパンを焼いてくれるのです。猫にはおさかなのパン、犬のワンくんにはロボットのパン。毎回どんなパンが出てくるのかわくわくします。しかもとてもリアルで表情も豊かな凝ったパンで、こんなパン、ほんとに売ってたら絶対買うのにな。
どのお客さんにも大満足のパンを焼いてくれるネルおじさんですが、うさぎのミミちゃんだけは、なかなか喜んでくれません。
そのわけは、お母さんの作ってくれたニンジンジャムに合うシンプルな食パンがほしかったから。それにはネルおじさんも納得でした。
ネルおじさんのパン、とっても素敵だったけど、ちょっと凝りすぎてたみたいですね。
参考になりました。 0人

★5  もうちょっとで晩御飯 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
ばんごはんはねこざかな
ばんごはんはねこざかな 作・絵: 渡辺 有一
出版社: フレーベル館
息子が大好きなシリーズです。このお話は、今まで読んだねこざかなの絵本の中でも、特に大ピンチなお話でした。
海の仲間とダンスを踊りながら遊んでいたねこざかなでしたが、猟師に網で捕まえられてしまいます。魚屋さんの荷台の上で、今にもお客さんにお買い上げされそうなねこざかな。フライやひらき、丸干しになったねこざかなのイメージ図は衝撃でした。
タコダンスでどうにかピンチをきりぬけられたときはほっとしました。
今回はしかけがと大きくてダイナミックで、おばさんがとんでくるのに息子もおおっと驚いて喜んでいました。
参考になりました。 0人

★5  どこへ向かうのつみきくん 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
つみきくん
つみきくん 作・絵: いしかわ こうじ
出版社: ポプラ社
カラフルなつみきでできたかわいいお顔のつみきくんが主人公のお話です。
つみきこうじょうを出発して、いったいどこへ向かうのでしょう。
海では持っていたつみきで船を作って海を渡り、木から降りられないねこには、つみきくん自らが階段になってねこを助けてあげました。このつみきの階段の絶妙なバランスに、息子がすごーいと驚きと感動の目で絵本を見つめていました。
最後に向かった先は、お誕生日を迎えた男の子のおうち。つみきくんが誕生日プレゼントでした。
お誕生日プレゼントが、そのこのおうちまで旅をしてきたなんて、すごく素敵だなと思いました。
参考になりました。 0人

★5  みんな楽しいコンサート 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
おばけのコンサート
おばけのコンサート 作・絵: たむら しげる
出版社: 福音館書店
次はどんなおばけがでてくるのかと、ページをめくるのがとてもわくわくしました。
おばけたちの演奏する楽器の音も面白く、息子もとてもうれしそうにお話を聞いていました。おうちが揺れて地震かと思いきや、まさか家までもがおばけとは想像もつきませんでした。
おばけたちって、毎晩こんなふうに楽しくコンサートを開いているのかな?一晩だけでも、参加してみたくなりました。
参考になりました。 0人

★5  食べられるメモ 掲載日:2017/07/18
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子5歳
イモムシかいぎ
イモムシかいぎ 作・絵: 市居 みか
出版社: 小学館
イモムシがカラフルでかわいくて、一匹一匹模様もおしゃれで、こんなイモムシ会議なら、私もぜひ参加したいです。
会議ははじめ、のほほんとしていて、穏やかな空気が流れていたのに、ケンカが始まってしまい大荒れに。あらあら大丈夫なんでしょうか。
そのころ一人会議に遅れていたネルチも鳥に襲われ大ピンチを迎えていました。たまたまネルチの足が鳥の鼻に入って、クシャミとともにネルチは投げ出されてしまいます。この場面、息子大笑いでした。
どうにかネルチも助かり、ネルチのおかげで、大荒れの会議も落ち着きを取り戻し、しまいには議題を書いたメモをみんなでムシャムシャ食べちゃって…
こんなゆるい会議、笑えました。
参考になりました。 0人

★5  なるほど、小噺ってこんな感じか! 掲載日:2017/07/18
梅木水晶さん 30代・ママ・山形県  女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳
十二支のどうぶつ小噺
十二支のどうぶつ小噺 作: 川端 誠
出版社: BL出版
自分で言うのも何ですが、私はこの手の本は結構上手に読めるはずなんですけれども、5歳の我が子に読んであげたら「はぁ?」みたいな表情で聞いていました。ちょっとまだ難しかったようです。私自身は「なるほど!」と思いつつ、くすりとしながら読みました。
参考になりました。 0人

★5  小さい子でも楽しめる 掲載日:2017/07/18
りおらんらんさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
世界あちこちゆかいな家めぐり
世界あちこちゆかいな家めぐり 文: 小松 義夫
絵: 西山晶
写真: 小松 義夫

出版社: 福音館書店
小学生向けの本のようですが、小さい子でも楽しめます。
写真で世界の家が紹介されていて、そのどれもがユニーク!
子どもたちは目を丸くしながら見ています。
このおうち、住みたい!これは嫌!など口々に感想を言って見ています。
反応がとてもよい本です。
参考になりました。 0人

★5  実体験とリンクして 掲載日:2017/07/18
りおらんらんさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
かさぶたくん
かさぶたくん 作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店
このシリーズの中では娘が一番好きな絵本かもしれません。
転んでできるかさぶた。
この絵本を読んでからは、リンクさせています。
「これ、絵本に描いてあったよね?」と何度も聞いてきますし、真似をしてはがしてみたりしています。
子どもが自然に体のことを学べる素晴らしい絵本ですね。
参考になりました。 0人

★5  シンプルだけれど 掲載日:2017/07/18
りおらんらんさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
かみひこうき
かみひこうき 作: 小林 実
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
とてもシンプルな絵本です。
あまり派手な感じではなく、むしろ質素にかみひこうきが描かれているのですが、それがいいのでしょうね。
作り方を見て、子どもたちが折り紙で折っていました。
折り方によって飛び方が違うことも紹介されていてそれもいいですね。
参考になりました。 0人

★5  怖いけど読みたい 掲載日:2017/07/18
りおらんらんさん 30代・ママ・東京都  女の子6歳、男の子2歳
さんまいのおふだ
さんまいのおふだ 作: 水沢 謙一
絵: 梶山 俊夫

出版社: 福音館書店
5歳の娘に読みました。
昔話って素晴らしいな。特に福音館書店の昔話は絵と文章が秀逸で。安心して読み聞かせができます。
絵と文章から、とても怖い雰囲気が出ているのですが、子どもはそれでも読みたいのですよね。
何度も読んでと持ってくる絵本はやっぱりすごいなと思います。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

23722件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

自由研究にぴったり!夏休みのおたすけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット