しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪

検索結果

現在の検索条件

7歳

14757件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  興味を持って読んでいました。 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
博物館の一日
博物館の一日 作: いわた 慎二郎
出版社: 講談社
国立科学博物館の様子が描かれた絵本です。
小学1年生の娘が一人読みしましたが,とても興味を持って楽しんで読んでみました。実際に行ってみたくなったようでした。
勉強にもなり,子供の興味を引き出す本に思いました。
親目線からも素敵な絵本に思いますね!
参考になりました。 0人

★5  イラストも楽しい数絵本。 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
1から100までのえほん
1から100までのえほん 作・絵: たむらたいへい
出版社: 戸田デザイン研究室
小学校1年生の娘が,学校の図書室にあったこちらの絵本を読んできました。
100までの数をさんすうで習っている小学1年生にはぴったりな絵本に思いました。もちろん幼児期のお子さんにもいいですね。
たくさんのイラストに勉強を感じさせずに楽しめたようです。
本人も,すごく面白かった!と言っていました。
イラストも楽しかったようです。
参考になりました。 0人

★5  楽しい絵本です。 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
くつくつどんなくつ?
くつくつどんなくつ? 作: エリザベス・ウィンスロップ
絵: ジョイス・ウィリアム
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 冨山房
小学校1年生の娘が一人読みしました。
たくさんの靴が描かれた絵本でとても楽しいです。
オシャレ好きな女の子にもぴったりですね!
擬音語をたくさん使った文章がリズミカルで楽しさがより増すように思いました。
くつを履いていく子供たちもわくわく楽しそうですね。
参考になりました。 0人

★5  みんなで楽しそう! 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
おふろぽかぽかいいきもち
おふろぽかぽかいいきもち 作: 木村 裕一
絵: いそ みゆき

出版社: 偕成社
小学校1年生の娘が一人読みしました。
もう少し小さな子供向けの絵本かな〜という印象もしましたが,十分に楽しんで読んだようです。
みんなで入るお風呂って楽しそう!そんなふうに思える絵本でした。
露天風呂いいな〜。
参考になりました。 0人

★5  写真絵本でわかりやすいです。 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
ぼくじょうにきてね
ぼくじょうにきてね 作: 星川ひろ子
絵: 星川 治雄

出版社: ポプラ社
小学校1年生の娘が一人読みしました。
牧場にとって乳牛は大切な動物。
写真絵本なので,牛も主人公の女の子もとてもリアルで,読み手も心にきます。
女の子と共に読み手も牧場の様子を理解していける点がとてもよかったです。
参考になりました。 0人

★5  イラストだけでも伝わってくる! 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
ピエロくん
ピエロくん 作・絵: クェンティン・ブレイク
出版社: あかね書房
小学校1年生の娘が一人読みしました。
といってもこちらの絵本,文字のない絵本なのです。
イラストからいかに状況と心情を理解して想像していくか。
表現力の勉強にもなりますね。
こういう絵本もいいな〜と思いました。
イラストだけでも十分に心にくるものがある絵本です。
参考になりました。 0人

★5  頑張れ〜! 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
おんちのイゴール
おんちのイゴール 作・絵: きたむら さとし
出版社: 小峰書店
小学校1年生の娘が一人読みしました。
「オンチ」の絵本って,ちょっと新鮮だな〜という印象を受けました。
「オンチ」って意外と自分では気づかないから,余計一生懸命歌ってしまうんですよね(笑)。
この鳥は本当にいるのかな〜!?
参考になりました。 0人

★5  怖いかも!!! 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
しらないいぬがついてきた
しらないいぬがついてきた 作・絵: 小林 与志
出版社: 鈴木出版
小学校1年生の娘が一人読みしました。
この絵本の男の子についてくる犬,その対比からも大きい犬だな〜という印象を受けました。
もしこんな犬がついてきたら自分はどうだろう。。。怖いかも!!
ましてや犬と共に迷子になっちゃうなんて。。。
そういう意味ではドキドキする絵本に思いました。
参考になりました。 0人

★5  お弁当作り。 掲載日:2018/02/18
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
おかあさんのおべんとう
おかあさんのおべんとう 作: たるいし まこ
出版社: 童心社
小学校1年生の娘が,学校の図書室で一人読みしてきました。
遠足の日のお弁当作りのお話です。
お弁当を作らなければならない日は何だかドキドキする親の私です。
子供は楽しみなお弁当!でも親は大変ですね。
寝坊した呑気なお母さんを励ます子供,色々な親子がいますね(笑)。
参考になりました。 0人

★4  旅の一座のちびっこスター 掲載日:2018/02/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
まってました、コータロー!
まってました、コータロー! 作: あかね・るつ
絵: 石倉 欣二

出版社: 新日本出版社
今も家族揃って巡業する旅芸人さんっているのでしょうね。
想像してみると、その子役は大変です。
学校ってどうしているのでしょうか。期間限定の転校生は、憧れの対象になるのでしょうか。
ユーモラスなゴリラ先生も楽しく感じました。
フィクションの世界ですが、こんな物語を読んで、クラスの仲間たちを見直してみるのも良いですね。
参考になりました。 0人

★4  江戸の人情物語 掲載日:2018/02/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
灰屋灰次郎 灰はございー
灰屋灰次郎 灰はございー 作: 飯野 和好
出版社: アリス館
江戸を舞台にした人情味たっぷりのお話です。
物売りの中に灰屋というものがあったのかどうか知らないので、不思議な気がしましたが、長屋の雰囲気、時代劇調の言い回しに、懐かしさを感じました。
大きな立ち回りがあるわけではないので、少し物足りない部分があるのと、子どもたちには、いろいろと解説が必要かと思います。
参考になりました。 0人

★5  楽しい大岡さばき 掲載日:2018/02/18
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
なべぶぎょう いっけんらくちゃく
なべぶぎょう いっけんらくちゃく 文: 穂高 順也
絵: 亀澤 裕也

出版社: あかね書房
どこかで聞いたことのあるお話です。
それを鍋奉行という形でパロディ化したのですから、良い味が出ています。
お鍋の中で、いろんな具材がぶつぶついうところ、鍋料理が出来上がって裁きが出てくるところなど、旅人と鰻やのやり取りが小さく見えてしまうほどに、印象的でした。
参考になりました。 0人

★3  いのしし嫁入り 掲載日:2018/02/18
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
十月・収穫、感謝のはなし いのこのまつり
十月・収穫、感謝のはなし いのこのまつり 作: 谷 真介
絵: 赤坂 三好

出版社: 佼成出版社
昔話の分類では、異類婚姻譚です。
異類婚姻譚(いるいこんいんたん)とは、人間以外のものと人間とが結婚するお話です。サルやヘビのがわりに有名ですが、このお話では、いのししが娘を求めてきます。少し、いのししが、可愛そうに思えてきました。
参考になりました。 0人

★3  美しい絵です 掲載日:2018/02/18
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
つるのおんがえし
つるのおんがえし 文: 石崎 洋司
絵: 水口 理恵子

出版社: 講談社
全ページためしよみで、読ませていただきました。
画面で見ても、とても美しい絵ですので、実際に冊子をみれば、もっと迫力があるのではと思いました。美しい日本の原風景のような昔話です。子どもたちにも伝えたいです。
参考になりました。 0人

★5  降るかもしれない雪の前に 掲載日:2018/02/18
アラピカよっちゃんさん 40代・ママ・東京都  男の子7歳
こうくんとちいさなゆきだるま
こうくんとちいさなゆきだるま 作: はせがわ さとみ
出版社: 小学館
昨年末からはじめた読み聞かせ活動の
はじめての読み聞かせに選びました
実は絵本が苦手な息子ですが
みんなで聞く読み聞かせの時間は好き

そんなことからはじめた読み聞かせですが
まず息子に何冊か読み聞かせたら
これが一番真剣に最後まで聞いてくれて
(苦手な絵本は聞く耳もたない)
それでその後小学校の息子のクラスの子らに
自信を持って読み聞かせしまし

ここでもみんな最後まで静かに聞いてくれて
子供の表情が絵本の描写に合わせ
変わるのが本当にかわいくて
絵本の世界に入り込んでいく感じしました

主人公の男の子が息子らと同じくらいの子で
季節も同じ冬、雪が降るのを楽しみに待つ
という気持ちも、共感できた要因でしょうか
気持ちが入りやすくなっている絵本です

読み聞かせするにも割りと大きめのサイズ
とあって、後ろめの子も見やすい利点もあり
また、絵もわかりやすくかわいいものなので
雪だるまのかわいらしい描写とすごくあっている
という、これも楽しいポイントだったとおもいます

これから降る・・・かもしれない雪や冬の季節が
楽しみなりそうな、できそうな、季節を思っい切り
楽しめそうな、夢のある、夢も実現できそうな、
素敵な絵本でした
参考になりました。 0人

★5  イラストもキュートで,文章表現も学べました! 掲載日:2018/02/08
まゆみんみんさん 40代・ママ・兵庫県  女の子7歳
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
イラストがとってもキュートな絵本です。
1ページ目の家々が描かれている街の様子,なんて可愛らしい家なのでしょう!と1ページ目からわくわくしてしまいました。

前半はドーナツを作る様子が擬音語を使ってよく表現されていました。
小学校の授業で日記を書く練習をしている小学1年生の我が家の娘には,絵本の文章から表現の仕方を学ぶことも多いです。親が言うより,絵本から楽しみながら学んでいく方がよほど効果がある気がします。絵本の力ってすごいです。

中盤からドーナツやさんのお手伝いをする子供たちが登場するのですが,エプロンもそれぞれ模様が違って描かれていて凝っているな〜と思いました。
髪型もそれぞれでメガネの子もいたり,目の色も違ったり。
我が家の娘は,こういう所もしっかり見るタイプで,そして気に入ると自分のお絵描きに取り入れたりするので,この絵本のイラストのキュートさには釘付けでした。
また,娘もクッキングのお手伝いが大好きなので,ドーナツやさんのお手伝いを楽しんでする子供たちにもとても共感を覚えたようです。

終盤は「かいぶつ」が登場するちょっとドキドキした場面もありで面白かったようです。こういう展開は絵本の醍醐味ですね!
最後は親子でとてもぽかぽかな気分になりました。
寒い日が続き春を待ちわびていたので,桜やチューリップが咲き誇る風景に笑顔になってしまいました!(笑)
春を待ちわびる季節にもぴったりですね,もちろん春にも。
参考になりました。 0人

★5  おいしそう 掲載日:2018/02/08
バーバショコラさん 30代・ママ・神奈川県  男の子9歳、男の子7歳
ドーナツやさんのおてつだい
ドーナツやさんのおてつだい 作: もとした いづみ
絵: ヨシエ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: 泰文堂
ドーナツ大好きな子ども達に読みました。ドーナツが大好きなのでタイトルを読みあげたらすぐに集まってきました。
美味しそうなドーナツができる工程にわくわく。いろんなトッピングをみて、あ、こっちにこんなのがある!これ美味しそう等々指を差しながらいろんなドーナツを見ていました。
ドーナツを100個もってくること なんていうお手紙をかいた主は誰なのかドキドキでした。

よーし明日のおやつはドーナツにしよう!と言いたくなるような、ドーナツが食べたくなるお話です。
参考になりました。 0人

★5  わかりやすくて伝わりやすい 掲載日:2018/02/05
アラピカよっちゃんさん 40代・ママ・東京都  男の子7歳
かっくん どうしてボクだけしかくいの?
かっくん どうしてボクだけしかくいの? 作: クリスチャン・メルベイユ
絵: ジョス・ゴフィン
訳: 乙武 洋匡

出版社: 講談社
小学校一年生の読み聞かせにする絵本を選んでいて
イラストのかわいさにひかれたのと、「どうしてぼくだけ・・・」
の小見出しに醜いアヒルの子を連想し選んだのがはじめ
その後、もと絵本が苦手な息子にも読んだら好評でした

主人公かっくんは、自分がほかの子と違うことがわかっても
みんなと合わせようとしたいという気持ちのある子です
でも頑張っても身体のつくりがちがうのでうまくいきません
かといって周りのみんなは合わせてあげようとはしません
ここでおもったのは、かっくんはみんなより大人だなって

みんなは、一人で違うかっくんに合わせられないけれど
一人で違うかっくんは、みんなに合わせようとしている
(で、はじめ連想した「みにいアヒルの子」とは違ったかな)

さらに自分だけ違うがゆえにみんなにあわせると、せっかくの
いいところも見えなくなってしまい、どんどん影のうすい存在
になってしまうんですけど・・・

そんなかっくんがみんなの危機なときに、みんながもってない
自分でもわからなかった隠れた才能ともいうものが発揮され
結果、みんなを助けてあげることもできました

それからかっくんはヒーローです
みんなもかっくんに合わせて、じゃなく、一緒に・・・

「みんなと違うからいい」とも思える気持ちがよい話です
前向きなかっくんのおかげで話が暗くならないというか
かっくんのパパやママが大事に育てたからかなと思える

みにくいアヒルの子の話は、親にも見捨てられていたから
似ても似つかない話でしたね

子供がこの絵本がよかったと思えたのはきっと
共感できる部分を見つけたとおもうので、よかったかな!
参考になりました。 0人

★3  寂しい世の中です 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
おにのいす
おにのいす 作: すぎやまたえこ
絵: しおやひろあき

出版社: 絵本塾出版
全ページためしよみで、読ませていただきました。
嫌な世の中ですね。
防犯のためとはいえ、こういったことを、教えなくてはならないなんて、辛い世の中です。直接的、具体的なことも大切かもしれませんが、まずは、怪しさを察知する力や、信頼できる人かどうかを見定める目や、教えてあげたいです。
参考になりました。 0人

★3  女優の室井滋さん 掲載日:2018/02/02
るるこるさん 60代・その他の方・香川県  
ウリオ
ウリオ 文: 室井 滋
絵: 長谷川 義史

出版社: 世界文化社
女優の室井滋さんの絵本です。
女優としての室井さん、昔から、大好きでした。
絵本を書かれていることを、初めて知りました。
人間は自己都合で、他の生き物を、都合のいいように扱ってしまいます。
そのことを改めて考えました。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

14757件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット