おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本

検索結果

現在の検索条件

7歳

13971件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  久々の大ヒット。 掲載日:2017/06/25
Tamiさん 40代・ママ・千葉県  男の子7歳
しんごうきピコリ
しんごうきピコリ 作: ザ・キャビンカンパニー
出版社: あかね書房
息子は7歳なんで、絵本はぼちぼち卒業ですが、
まだ週に数冊は図書館で借りてきます。
この本は、久々の大ヒット。
おもしろいを連発して、繰り返し読んでいました。
信号機の色が、
赤青黄以外の色にも変わり、
思いもよらぬ指示があるという点が、
息子にとって、想像の範囲外の楽しいお話だったようです。

ちなみに吉田戦車の漫画「ぷりぷり県」には、
紫の信号があって、紫は「笑え」でした。
赤から青に変わる直前に、嬉しくて「笑う」ためのものです。
参考になりました。 0人

★4  とんだ災難 掲載日:2017/06/25
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
へろへろおじさん
へろへろおじさん 作: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
手紙を出しに出かけたおじさんに、よくも次々と災難が続くことです。
災難がだんだんエスカレートしていく後に、おじさんがついに泣いてしまうのですが、アイスクリームで泣いてしまうなんて、可愛くて笑ってしまいます。
きっと女の子が天使に見えたことでしょうね。
参考になりました。 0人

★5  楽しく学べる☆ 掲載日:2017/06/21
アップルレモンさん 30代・ママ・埼玉県  男の子7歳、男の子4歳
こどものこよみしんぶん
こどものこよみしんぶん 絵: 内田 かずひろ
構成・文: グループ・コロンブス

出版社: 文化出版局
ひと月ごとに季節のことや、行事の内容またその意味等が盛り沢山に詳しく書かれています。全てイラスト付きなので知らないことでも子供がイメージしやすく、とても分かりやすく、楽しく学べます。
言葉は知っているけれど、子供に聞かれてもうまく答えられなかったようなこともしっかり説明されていて大人でも勉強になると思いました。
24節気の一覧表も意味が書かれていて、今までなんとなく程度の理解だったのですが、とても勉強になりました。1家に1冊あったらとても便利だと思います。
参考になりました。 1人

★5  こどももおとなも 掲載日:2017/06/21
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子4歳
こどものこよみしんぶん
こどものこよみしんぶん 絵: 内田 かずひろ
構成・文: グループ・コロンブス

出版社: 文化出版局
大人の私が読んでもわくわくします。季節に応じたたくさんの知識に、なぞなぞや4コマ漫画など小学2年生の息子も夢中になって読んでいました。絵もかわいらしくてカラフルで大好きです。季節ごとに別々の本になっているのではなく、1年が1冊にまとめられているところもいいなと思います。
リビングのいつでも手の届くところにおいて、季節の移り変わりを感じたらその都度家族みんなで読みたい絵本です。
参考になりました。 1人

★5  命について考えさせられます 掲載日:2017/06/20
アップルレモンさん 30代・ママ・埼玉県  男の子7歳、男の子4歳
キツネとねがいごと
キツネとねがいごと 訳: カトリーン・シェーラー 松永 美穂
出版社: 西村書店
生きていれば誰にでもいつか必ず訪れる命の終わり。まだまだ幼い子供が理解するには難しかったようですが、私の方が命について考えさせられました。
95歳と高齢の祖母が身内の葬儀の時に「みんな私より先に逝ってしまった」と寂しそうに言ったことを思い出しました。長く生きていればその分悲しみや寂しさを感じることが多くなるのだと思います。
この絵本を読んで私たち孫や、ひ孫が元気でいる姿をもっとたくさん見せてあげたいなぁと祖母のことを想いました。
きっと様々な人に響く、とても奥が深い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

★4  狩猟の写真が迫力あります。 掲載日:2017/06/20
Tamiさん 40代・ママ・千葉県  男の子7歳
ちしきのぽけっと(15) 山に肉をとりに行く
ちしきのぽけっと(15) 山に肉をとりに行く 写真・文: 田口 茂男
出版社: 岩崎書店
田舎に住んでいるため、通学路でイノシシが出たり、
イノシシ肉をいただく機会があったり、
「狩猟」は比較的身近ですが、具体的にはよくわかりません。
「山賊ダイアリー」という漫画を知り、まずは親子で読みました。
7歳児にもわかりやすく、たいへん勉強になりました。
その後、この本を発見。
数少ない子ども向けの狩猟に関する本ではないでしょうか。

漁師さんが実際に狩猟に行く様子を取材し、
写真とインタビュー形式の文章でつづられます。
写真なので、漫画や挿絵と違いリアリティがあります。
イノシシやシカが撃たれて倒れていたり、
解体のシーンも生生しくそのままに。
肉をいただくということは、こういうことなんだなと思い知らされます。

残念なのは、インタビュー形式の文章が読みにくいこと。
「あの山」とか「ここ」とか言われても、
何について話しているのかがわかりにくい。
全体的に、よくわからないなと思いながら読み進めた感じです。

息子も「山賊ダイアリー」である程度の狩猟の知識を持ってこの本を読んだので、写真を見るだけでも価値がありましたが、
初めて狩猟に触れる人には、文章はちょっとわかりにくいかも。
雰囲気や概要を知るだけならOKです。
参考になりました。 0人

★5  すいかの意地 掲載日:2017/06/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
すいかのたね
すいかのたね 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
繰返し「つまらない種だ」などと言われたら、種も機嫌を悪くするか落ち込むかどちらかでしょう。
怒った勢いのすごさにビックリしました。
切ったら言葉が出てくるすいか、食べてみたいですね。
これからの季節にピッタリの絵本でした。
参考になりました。 0人

★5  7歳児がはまってます。 掲載日:2017/06/20
Tamiさん 40代・ママ・千葉県  男の子7歳
ミルキー杉山のあなたも名探偵 10 よーいどんで名探偵
ミルキー杉山のあなたも名探偵 10 よーいどんで名探偵 作: 杉山 亮
絵: 中川大輔

出版社: 偕成社
ミルキー杉山の探偵シリーズの10作目です。
中学年からとありますが、
絵が多くて、文字が少なめで、文章もやさしいので、
7歳(小2)の息子でもまったく問題ありません。
今回は、プロレス会場でなくなったネックレス、
運動会の借り物競争で奪われた壺、
蜘蛛の巣だらけのお家からなくなった200万円を探します。
最後に回答編がついていて、
そこを読む前に事件をおさらいすると、
犯人を見つけ出すことができます。
探偵ものが好きなお子さんなら必ずはまります。
文章が軽快で、大人が読んでもくすっとなりますよ。
参考になりました。 0人

★5  恐くて可愛いかみなりどん 掲載日:2017/06/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
かみなり どん
かみなり どん 作: 武田 美穂
出版社: あすなろ書房
ちょっときかんぼうのかみなりどん。
どんなに見栄を張っても、地上に落ちてしまったらただのわんぱく坊主ですね。
おじいちゃんの怪しげな念仏とぶちうまの活躍で、躍動感のあるお話になっています。
声を張り上げて読み聞かせしたいと思います。
参考になりました。 0人

★5  可愛いイーラちゃん 掲載日:2017/06/20
きーちゃんママさん 30代・ママ・石川県  女の子9歳、女の子7歳
イーラちゃんとあめふりピアノ
イーラちゃんとあめふりピアノ 作: しまだ ともみ
出版社: 偕成社
7歳次女に借りました。私が可愛い絵に魅かれて選んだのですが(笑)

イーラちゃんが上手にピアノを弾いていると、カエルの王さまがカエルの国では雨降りピアノがあって、そこで上手にピアノを弾いて歌うと雨が降るので、助けてほしいとお願いにきました。そこでイーラちゃんはカエルの国へ。

イーラちゃんの「ピアノは下手でも、たのしくね」と言って家に戻っていくんですが、そこがとても心に響きました。なんでも楽しく、それが一番ですね。
参考になりました。 0人

★5  一日中忙しい 掲載日:2017/06/20
きーちゃんママさん 30代・ママ・石川県  女の子9歳、女の子7歳
よるのようふくやさん
よるのようふくやさん 文: 穂高 順也
絵: 寺島 ゆか

出版社: 文溪堂
7歳次女のリクエストで借りてきました。

「よるのようふくやさん」というタイトルなのに、開いたら、あれ「お店の名前がひるの」。読んでいくと分かりました。そういうことだったんですね。よるのおみせにくるのはいろんな人たち。次女とびっくりしたのは、どろぼう(笑)思いつかないようなものをだしてくるようふくやさんに、親子でびっくりでした。
参考になりました。 0人

★5  ナメクジだってすごいんだ 掲載日:2017/06/20
てつじんこさん 30代・ママ・愛知県  男の子7歳、男の子4歳
ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん
ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん 作・絵: 三輪 一雄
出版社: 偕成社
たしかにカタツムリと比べると人気のない、むしろ嫌われているナメクジ。たしかに私もどっちかっていうと、カタツムリのほうがいいです。表紙も塩をかけられて泣いてるナメクジの絵だし、書いてある内容も、はじめはかわいそうなナメクジの話で、ナメクジに同情してきました。
けれど、ナメクジは長い年月をかけて殻を小さくする進化を続けてきて現在の姿になったチャレンジャーでした。
カタツムリの殻をとったらナメクジになるのかな?とか、子どもの持ちそうな素朴な疑問にも答えてくれてあるし、絵もかわいらしいし、子どもと読むのにぴったりの自然科学絵本でした。
参考になりました。 0人

★5  かわいい表紙にひとめぼれ♪ 掲載日:2017/06/20
モフモフさん 30代・ママ・広島県  
まちには いろんな かおがいて
まちには いろんな かおがいて 文・写真: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
かわいい顔は、もちろん表紙だけではありません。出てくる出てくるいろんな顔!息子と一番笑ったのは、「かおをあらうのわすれたかお」です。
ぜひ探してみてくださいね☆
この本を読んでから、かおさがしがブームになっています♪いつもの景色が新鮮に見えてきて楽しいですよ!
参考になりました。 0人

★5  大家族の絆 掲載日:2017/06/19
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
999ひきのきょうだいのおひっこし
999ひきのきょうだいのおひっこし 作: 木村 研
絵: 村上 康成

出版社: ひさかたチャイルド
小さな池からはあふれでてしまうような、かえるの大家族。
描くのも大変な行列、空中でのつながりが、ユーモラスであったりハラハラだったり、小さいけれども大きな家族愛を展開しています。
ヘビを引っ張ってきてしまう茶目っ気もありながら、お父さんから始まる長いつながりには緊迫感がありました。
みんな揃って新しい家に着水できて良かったです。
参考になりました。 0人

★5  優しい心が育つといいな 掲載日:2017/06/19
すみれ色こよみさん 40代・ママ・茨城県  男の子13歳、男の子10歳、女の子8歳
かしてあげたいな
かしてあげたいな 文: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 絵本塾出版
かしてあげたいな。
そしたら誰かがきっと喜んでくれるだろう。
そんな気持ちが育める絵本です。

自分の普段使っているものを動物達に貸して
あげることで、こんなふうになるだろうと、
とても素敵なアイデアが次々に生まれてくる。
これらはやさしい気持ちがないとどれも
発想できないアイデアです。

読んだ子供たちもこの絵本を通してアイデアが
次々とうまれてくるでしょう。

そんな期待が込められているような気がしました。
優しさを育める絵本ですね。
参考になりました。 0人

★4  池の中の生存競争 掲載日:2017/06/19
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
なつのいけ
なつのいけ 作: 塩野 米松
絵: 村上 康成

出版社: ひかりのくに
夏ののどかな風景ですが、池の中ではいろんな生き物が生きるために大変なようです。
子どもたちの開放的な姿と、魚たちの生存競争の大変さの落差が印象的でした。
一見和やかにも見える池の中ですが、実は厳しい生き残り合戦なのですね。
池に戻されて命拾いしたメダカですが、決して平穏ではいられない世界。
夏の雲は見守るだけですね。
参考になりました。 0人

★5  進化するきゅうりさん 掲載日:2017/06/19
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
きゅうりさんあぶないよ
きゅうりさんあぶないよ 作・絵: スズキ コージ
出版社: 福音館書店
ネズミがいるから危ないよと、出会う人たちが次々と持っているものをくれて、どんどん進化していくきゅうりさん。
だんだん危ない人になっていくところがスゴいです。
誰に何をもらったのか、だんだん訳が分からなくなって、ねずみが逃げ出す始末のオチは、ナンセンスながら迫力満点。
あぶないきゅうりさんだったでしょうか。
参考になりました。 0人

★4  絵が素敵 掲載日:2017/06/16
しんゆうさん 30代・ママ・熊本県  
紙芝居 くまの子ウーフ ウーフは おしっこで できてるか??
紙芝居 くまの子ウーフ ウーフは おしっこで できてるか?? 作: 神沢 利子
絵: 井上 洋介

出版社: ポプラ社
2年生の教科書にくまの子ウーフが出てくるので、小学校の読み聞かせに使おうかなと思い読んでみました。
我が子は本で読んだ時は『この話面白い』といっていたのですが、10分かかるので読み聞かせするにはちょっと長いかな。断念しました。
自分的にも本で読んだ方が好きな感じでした。
話の内容は本と同じ、絵は素敵でした。
参考になりました。 0人

★4  おばけが斬新 掲載日:2017/06/16
きーちゃんママさん 30代・ママ・石川県  女の子9歳、女の子7歳
おめでとうおばけ
おめでとうおばけ 文・絵: あらい ゆきこ
出版社: 大日本図書
7歳次女に読みました。おばけ達が次々とたろちゃんのお誕生日のお祝いに来るお話です。そのおばけ達が、なんとも斬新。カラフルで、迫力もあり。そしておばけ達は、たろちゃんを仲間にしようとするのですが・・・。

最後はたろちゃんのママが活躍。良かったねー、たろちゃん。
参考になりました。 0人

★5  大忙しの駅長 掲載日:2017/06/16
きーちゃんママさん 30代・ママ・石川県  女の子9歳、女の子7歳
ちかてつライオンせん
ちかてつライオンせん 作: サトウ マサノリ
出版社: パイインターナショナル
7歳9歳の娘たちに読みました。

地下鉄ライオン線を運転するライオン駅長を中心に無事に行先に着くまでが描かれています。

それにしても、いろんな場所を通ります。のんびり草原やおおさむだに、まっさお池。長女はのんびり草原のナマケモノが一番面白かったようです。

とっても楽しくおすすめです。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

13971件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

『ドームがたり』読み聞かせレポート

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット