トリックオアトリート! トリックオアトリート! トリックオアトリート!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!
今年はもっと楽しむ!絵本ナビのハロウィンパーティ

検索結果

現在の検索条件

8歳

8784件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★4  いつかきっとヒットが打てる! 掲載日:2017/10/20
すたすたじじいさん 60代・じいじ・ばあば・広島県  
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
 何かに選んでもらえることなんかあるのだろうか。
そんな後ろ向きな考えでばかりいても、おじさんのように歳はとるのだ。
チャンスを逃すことだってある。
でもな、思わぬチャンスに出会うこともいっぱいある。
うまくいったって、また失敗もする。
さあ、マーガリンが溶けないうちに走り出せ、子どもたち!
うれしくてたまらない時も
つらく悲しい時も
ぜんぶが積み重なって大きくなるんだ。
かならず誰かが見ているさ。
参考になりました。 0人

★5  こりゃたまらん 掲載日:2017/10/20
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
たまらんちゃん
たまらんちゃん 作・絵: つぼい じゅり
出版社: 金の星社
黄身のたまちゃん、白身のらんちゃん
いつもこの二人は一緒で美味しい料理が作られます。

でも、ある日いきなり二人は別々に分けられて......
「たまちゃ〜ん!!!」
「らんちゃ〜ん!!!」

さてさて、二人は別々に料理されてしまうのか、はたして!?
冒険活劇のような二人のハラハラドキドキ(?)大冒険のお話です。

黄身と白身のそれぞれの特徴がよくあらわされている絵本だと
思いました。子どももねっとり?アワアワ?と興味津々です。
二人を一緒に調理しても美味しい料理はできますが、
それぞれの特徴をひきだしすとさらに美味しい料理達が
出来上がります。
二人それぞれ心細いが、別々の冒険をすることで
とても素敵な料理になれるかな?!さて、どうなるでしょう?!

ここで改めて「たまらんちゃん」という二人の名前の意味がわかりました。
そう、なぜ、きみちゃんとしろちゃんではないのか、たまちゃんと
らんちゃんでなくてはならいないのかです。

「こりやたまらん!」

出来上がった料理のページをみて思わずうなってしまいました。
見返しにも二人がおりなすさまざまな「たまらん料理」が
描かれています。
たまらん料理ってこんなにあるんだなと改めて思った1冊でした。
参考になりました。 0人

★5  憎めないぜノラネコぐんだん 掲載日:2017/10/16
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
ノラネコぐんだん パンこうじょう
ノラネコぐんだん パンこうじょう 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
パン工場が大変なことになります。冷静に考えたらとってもとっても
悪いこと。いたずらにしてはひどすぎる!!!子どもに影響が云々!!

と、通常ならなりますが、ノラネコぐんだんは憎めない子ばかりです。

店先に並ぶパンはどれもとてもおいしそう。描かれている絵は
端から端まで細かくみたくなります。いくつ目があっても足りないくらいです。
そんなパン工場です。ノラネコぐんだんだってここならきっと
美味しいパンを作ることができるだろうっておもうでしょう。

が、作ったことがある方はわかりますよね。
パンを作るのはとても難しいってことを。
軍団のノリで作れるわけがありません。
作る過程はツッコミ満載です。ノラネコたちの表情がたまらなく
かわいいです。

そしてとうとうあることが起きてしまいます。最悪の事態!

いつものようにまわりに迷惑をかけるノラネコ軍団です。
今回は起承転結があるストーリーなので、そこで終わりではなく
続きがあります。

子どもたちは奇想天外なストーリー、ノラネコぐんだん特製(?)の
パンをみて歓声をあげました。
ノラネコぐんだんが作ったパンはどうなるでしょうか。それは読んでのお楽しみです。
最初から最後までとても美味しそうなパンたち、そしてなぜか
にくめないノラネぐんだんにどっぷり浸れます。
参考になりました。 0人

★5  みんなで猫パンチ 掲載日:2017/10/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
サイモンは、ねこである。
サイモンは、ねこである。 作: ガリア・バーンスタイン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: あすなろ書房
ネコ科の動物たちが勢揃いすると、ねこは確かに見劣りするかも知れないけれど、共通のものをいっぱい身につけているのですね。
ライオンやヒョウや、そうそうたる野性動物にバカにされながら、決して負けていないサイモンのたくましさに感心しました。
あれこれ言っていた動物たちが、猫パンチでぐっと親しみをまして、最後には本当の友だちになれて良かったです。
参考になりました。 0人

★4  オオカミの正体って? 掲載日:2017/10/20
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
もしかしてオオカミ!?
もしかしてオオカミ!? 作: ヴェロニク・カプラン
絵: グレゴワール・マビール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩崎書店
ドキドキするお話の中に出てくる音に過敏になって、だんだん不安になってくる子どもたち。
この緊張感が楽しいですね。
パパの見たオオカミの正体には納得できないのですが、恐くなっている身からすると、錯覚してしまうのもわかります。
参考になりました。 0人

★4  秋には読みたい 掲載日:2017/10/16
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
やまなしもぎ
やまなしもぎ 絵: 太田 大八
再話: 平野 直

出版社: 福音館書店
日本の昔話です。
病気の母親のために、母親が食べたいというやまなしを、3人兄弟が順番に、山の中にとりに行きます。自然の声をよく聞いた末っ子が、やまのぬしとの戦いに勝って、やまなしを手にいれます。

秋の山の景色が、とても美しい絵本です。
毎年、紅葉の時期に、一度は読みたくなる絵本です。
参考になりました。 2人

★5  野球が好きになったら 掲載日:2017/10/20
もぐもぐもぐもぐさん 30代・ママ・島根県  男の子8歳、男の子5歳、女の子2歳
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
小学二年生になって友達と野球をするようになりました。チームに入っているわけではないのでルールもあまり知りませんがみんなで一緒にやるのが楽しいようです。それでもボールを打てた時のよろこびがつよくて何度も練習しています。そんな子にこの本は読んでもらいたい。そう、野球って楽しいけれど楽しいだけじゃない。戦うのは敵、でも自分でもある。自分に勝つしかない。打つだけがいいことではない。大丈夫、だれか見てくれている。真っすぐに信じて進む。その強い気持ちがホームランを打つのだと思いました。ぜひ息子に贈りたい本だと思いました。
参考になりました。 0人

★2  面白いけど… 掲載日:2017/10/12
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
とうめいにんげんのしょくじ
とうめいにんげんのしょくじ 作: 塚本 やすし
出版社: ポプラ社
透明人間が食べて、その食べたものだけが見えるという、面白い発想だな…と思いました。
そのうえ、消化して、うんちになるところまで見えるというから、驚きです。

でも、面白いだけという感じがして…☆2個にしました。
正直な感想で、すみません。
参考になりました。 2人

★4  二進法 掲載日:2017/10/20
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
かずあそび ウラパン・オコサ
かずあそび ウラパン・オコサ 作・絵: 谷川晃一
出版社: 童心社
1と2だけで数を数える二進法。
数の原理を楽しく教えてくれます。

いやいや、でも、そんな難しいことを考えなくても、みんなで一緒に「ウラパン」「ウラパン、オコサ」「ウラパン、ウラパン、オコサ」…と声に出して数えれば、普通に楽しめます。
参考になりました。 2人

★5  スタートはいつでもどこでも。 掲載日:2017/10/12
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
ホームランを打ったことのない君に
ホームランを打ったことのない君に 作: 長谷川 集平
出版社: 理論社
不思議な絵本です。1ページ1ぺージめくると映像が浮かんできます。
そこから絵が動き出すような不思議な感覚でした。

ホームランってプロ野球などテレビでみると、いとも簡単に
繰り出しますよね。もちろん、野球少年達も大事な場面のとき、
ホームラン!!!という華々しい形でダイアモンドを走りたい。

主人公の出口塁もそのような大きな夢を持っている野球少年です。
でもそう簡単に打てるわけではないのがホームランです。見返しの
野球すごろくのようにそう簡単に打てないのがホームラン。

塁が試合に負けたその日の夜、その試合を見ていた野球部出身の
仙ちゃんに出会います。塁のおつかいで偶然出会った二人ですが、
仙ちゃんはその試合をみて思うところがあったのでしょう。話しかけ、塁君に
わかるように静かに語ります。

「俺もホームラン打ったことないよ」
という意外な言葉と仙ちゃんのスタートしたばかりの新しい夢について。
なぜ仙ちゃんは塁君に伝えたかったのでしょうか、それはある理由が
あるからです。

野球を通して、夢にむかってというスタートライン、目標をみつけることは
いつでもいいんだよ。そしてその目標にむかって努力することが大切だと
いうことがわかる絵本です。
わが家のこどもたちは野球はしたことがないけど、夢をもったらそれにむけて
努力することが大切だということがわかったようでした。
野球少年達にはエールを送る絵本でもあります。

最後に塁君がみた仙ちゃんがでてくる夢のページ。
ゆっくりスローモーションの映像が浮かんでくるような、印象的な
ラストのページでした。
参考になりました。 0人

★4  バスの運転手のお仕事 掲載日:2017/10/16
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
ピン・ポン・バス
ピン・ポン・バス 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
バスを描いた乗り物絵本は、たくさんありますが、この絵本は、特におすすめです。
なぜかというと、人と人とのコミュニケーションが描かれているからです。

この運転手さんは、ただ運転して人を運ぶだけでなく、人を喜ばせる仕事として誇りをもって、業務に当たっている、素敵な大人です。

子どもたちには、こういう大人の姿を見てもらいたいです。
参考になりました。 2人

★3  杞憂杞憂 掲載日:2017/10/16
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
とりこしふくろう
とりこしふくろう 作: 滑川 まい
出版社: 白泉社
杞憂とはいっても、嬉しい杞憂です。
でも、突然、救助したひよこが、元気になっても、ずっと家にいると考えるところが、ふくろうじいさんの最大の杞憂。
お母さんのところに、返してあげなくては…と思うのが、普通かな…と思うのですが。
もともと、ふくろうじいさんは寂しかったのかな。
でもタイトルがとりこしふくろうなので、そこは、触れずにいいですか。
参考になりました。 2人

★3  絵に迫力があります 掲載日:2017/10/11
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
くいしんぼうのクジラ
くいしんぼうのクジラ 作: 谷口 智則
出版社: あかね書房
絵にはとても迫力があって力作です!
やっぱり上手いです。谷口さんの絵、好きです。

ただもう少しストーリーに、起承転結があればなあ…と感じました。
この絵の迫力で、もっと面白いお話を読んでみたいです。
ファンなので、勝手なことを描いていますが…
参考になりました。 3人

★5  大泥棒のねらった宝物は何でしょう 掲載日:2017/10/11
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
おおどろぼうヌスート
おおどろぼうヌスート 作: 高畠 じゅん子
絵: 高畠 純

出版社: ほるぷ出版
大泥棒ヌスートの挑戦状に書かれたヒントに、いろんなものが出てきましたが、どれもこれもまさかの大ハズレ。
想像しながら、一緒にお宝当てゲームが楽しめるお話です。
次は王様からヌスートに挑戦状が送られましたが、ヒントがあちこちにあるので、答えは簡単ですね。
参考になりました。 0人

★5  楽しいむかしばなし 掲載日:2017/10/11
チチンプイのプイ♪さん 30代・ママ・静岡県  男の子9歳
日本名作おはなし絵本 ぶんぶくちゃがま
日本名作おはなし絵本 ぶんぶくちゃがま 作: 富安 陽子
絵: 植垣 歩子

出版社: 小学館
茶釜に変身したまま、もとの姿に戻れなくなってしまったタヌキ。
古道具屋のオヤジさんと出会い、大活躍します。
ちょっといたずらっ子の感じもするけれど、憎めない可愛いヤツ・・・
みたいなタヌキのキャラクターが良かったです。

古道具屋のオヤジさん、タヌキとペアになってお金儲けは大成功!
でも決して強欲にならず、
お金儲けはもう十分だから、後はのんびりくらしたら?
と、タヌキに提案するところが印象的でした。
優しいおじさんに出会えて良かったねえ、タヌキ。


富安さんの文章、とても良かったです。軽快でキレが良い語り調の文は
声に出して読んでいても楽しかった!!
植垣さんの絵も良かったです。 一番はタヌキが小屋で踊る場面かな。
タヌキがとてもイキイキとしていて、見ているお客さんも楽しそうで
賑やかな声が聞こえてくるようでした。


いつか小学校でも、ぜひ紹介したい作品です。
参考になりました。 0人

★5  小学校で読みました 掲載日:2017/10/11
チチンプイのプイ♪さん 30代・ママ・静岡県  男の子9歳
おむすびころりん
おむすびころりん 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
小学校で読んできました。対象は二年生です。
先生からリクエストされた昔話でした。
というのも、息子の小学校で使う一年生の国語の教科書に
おむすびころりん があるのですが、省略されている描写があったり
なにより意地悪じいさんが出てくる前にお話が終わっているのです。

二年生でも結末を知らない子が多いかも ということで
担任の先生からリクエストされたのでした。


・お話のテンポ、よみやすさ  ・優しいおじいさんのほのぼの感  ・ねずみたちの可愛らしさ
このあたりが気にいって、今回はいもと先生の作品をセレクトしました。


おむすびころりんすっとんとん もひとつたべたいすっとんとん


この作品では、ねずみの歌の部分だけフォントが丸文字?みたいな
可愛い書体に変更されています。
この書体の違い、私はとても好印象です。
確かに丸文字みたいな書体だと、ねずみの歌声、凄く可愛いんだろうなあ、とか
印象がまた違ってきますよね。細かな部分まで、ちゃんと練られて演出されてるなあと思いました。


意地悪じいさんは出てきますが、全体的にほのぼの可愛いお話です。
けれどラスト、ねずみが逃げ出して急に真っ暗になる場面は大人の私でもドッキリ!
途端に雰囲気が一変するんですもの。
そこはさすが、いもと先生。上手に描かれているなあって思いました。

はじめてふれる おむすびころりん にもピッタリだと思います。
ぜひどうぞ。
参考になりました。 1人

★3  水玉ちゃんの正体は? 掲載日:2017/10/11
グッチーさん 50代・その他の方・香川県  
みずたまちゃん
みずたまちゃん 作: 林 木林
絵: あきくさ あい

出版社: 鈴木出版
寒い雪のなか、どんどん自分の着ているものをあげてしまう水玉ちゃん。
水玉ちゃん、そんなに何でもおあげてしまって、大丈夫かな?寒くないのかな?と心配になります。

ところが、最後の結末は意外でした。
自己犠牲がテーマの絵本か?と、いぶかりながら読んでいたら、ビックリの、納得の結末!!

意外性が面白かったです。
参考になりました。 2人

★4  息子オススメ 掲載日:2017/10/08
lunaさん 30代・ママ・大阪府  男の子8歳
大気汚染のサバイバル
大気汚染のサバイバル 文: スウィートファクトリー
絵: 韓賢東

出版社: 朝日新聞出版
息子の好きなサバイバルシリーズです。
普段は私は読まないけれど、勧められたので読みました。
ふざけたギャグが多々ある中にも、大気汚染の恐ろしさが描かれていたし、あまり詳しく知らなかったのでとても勉強になりました。
子供にも漫画の合間のコラムのページもちゃんと読んでもらえると嬉しいんだけど。漫画だけでもちゃんと読めばそれなりに学ぶ事もあると思います。
参考になりました。 0人

★5  ぺちゃんこ万歳 掲載日:2017/10/08
lunaさん 30代・ママ・大阪府  男の子8歳
ぺちゃんこスタンレー
ぺちゃんこスタンレー 作: ジェフ・ブラウン
絵: トミー・ウンゲラー

出版社: あすなろ書房
最初、全く興味を示さなかったので読み聞かせしてあげることに。
久々の読み聞かせだったんですが、とても面白かったです。
ぺちゃんこになったスタンレーですが、ぺちゃんこ生活をエンジョイしています。戻ろうとするのではなく、受け入れて前向きに楽しく生活しちゃうのがまず面白いな、と。
息子は、ダートさんの為に活躍するお話が特に面白かったようです。
参考になりました。 0人

★5  ワクワクするマジック 掲載日:2017/10/08
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
りっぱなマジシャンへの道
りっぱなマジシャンへの道 文: マット・エドモンドソン
絵: ギャリーパーソンズ

出版社: あすなろ書房
まさにマジック入門絵本です。

マジックが大好きな少年エリオットが、世界一のマジシャンを探す旅。
その物語を通して、7種のマジックが紹介されます。手品グッズ付きが
いいですね。収納ができるのもいい。母としては収納は結構重要です(笑)。

簡単にできる手品もあれば、ちょっと練習が必要な手品までレベルは
それぞれあり、みんなで楽しみながら手品を覚えることができました。

プレゼントにもいいですね。クリスマスや誕生日も喜ぶと思います。

ところで、この本を読んだとき、ドラゴン学の本を思い出しました。
見返しのところに、しっかりワックスシールされた封筒があったり、
最初からもうワクワクする本。この本も色々なマジックグッズが
工夫されて収納されてあり、子どもは「へぇ〜!!」など
歓声をあげながらワクワクして開けていました。

マジックをうまくみせる方法、それは何度も何度も練習することですね。
アイテムの中にはしっかりと覚えなくてはいけないものも入っています。
何度も練習して家族の前で成功したときの子どもの顏はなんとも
いえません。マジックはちょっとした成功体験も味わえるものでもあります。

この絵本を通して、マジックの楽しさはもちろん、実際にグッズを使って
披露してみたり、そのために練習したり、考えたりと、たくさん楽しんで
ほしいです。ワクワクが止まらない絵本です。
参考になりました。 1人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

8784件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット