キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】

検索結果

現在の検索条件

9歳

5371件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ
★5  なかなか理論的 掲載日:2018/05/18
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
おならをならしたい
おならをならしたい 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: 小学館
「おなら」その言葉だけで笑っちゃいますよね。
この本はそのおならの音についてそこから
おしりの大切さ排泄することの大切さを学べる絵本です。

なかなか論理的!大人が読んでもへぇそうなのかと関心
しました。

おしりの筋肉が音のカギをにぎっているとは!!

読み聞かせには良いと思います。ですが、朝の読み聞かせは
どうしよう!?(笑)

朝の読み聞かせにはもしかしたらむいていないかもしれませんね。
参考になりました。 0人

★4  なぜかぶる???? 掲載日:2018/05/18
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
ぼうし
ぼうし 作・絵: 瀬川 康男
出版社: 福音館書店
なぜぼうしをかぶるのか?!
それはあまり考えないほうがいいのかもしれません。

この絵本は絵と繰り返すことばを楽しむ絵本だと
思います。

そこになぜ??が入るとちょっと頭が痛くなりそうです。

あまり考えずにですが、何度も何度も読める絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

★4  高学年向けかもしれません 掲載日:2018/05/18
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
ぼくは
ぼくは 作: 藤野 可織
絵: 高畠 純

出版社: フレーベル館
4歳向けです。詩のような絵本です。
ですが、よく読み込むと奥が深い詩です。
このことに気づくのは高学年10歳以上の子供たちかも
しれません。

ぼくは牛乳やパンやリンゴです。そしてきみにとって
どうなるだろうか?!

とても味わい深い絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

★5  将来何になる? 掲載日:2018/05/18
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
おいしゃさんがこどもだったとき
おいしゃさんがこどもだったとき 作: 中川 ひろたか
絵: 丸山 誠司
監修: 吉澤 穣治

出版社: 保育社
将来私はぼくは〇〇になりたいです!
それは〜

とこどもたちはすぐに言えるでしょうか。

この絵本では話せるきっかけになる内容だと
思いました。

きぬた先生が医者になろうと思ったきっかけは
こどものときに......というお話です。
お医者様に限らず、小さい頃の経験がきっかけで将来の夢に
つながることがあるんだということがわかるストーリーです。
参考になりました。 0人

★4  なつかしさを感じる 掲載日:2018/05/18
そよかぜはなさん 40代・ママ・茨城県  
絵かきうたあそび
絵かきうたあそび 作: 中村 まさあき 竹井 史郎
絵: 中村 まさあき 竹井 史郎

出版社: 岩崎書店
教科書に絵かきうたがありました。
なつかしさを感じ他になにかあったかな?と
探したときにみつけた絵本です。
数字からできる絵かきうた、
おなじみのリズムでいろいろな絵かきうたが
あるのだなとあらためて感じました。
参考になりました。 0人

★4  食いしん坊だね 掲載日:2018/05/16
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子9歳
はらぺこぺっこん
はらぺこぺっこん 作・絵: おりも きょうこ
出版社: あかね書房
こぎつねのぺっこんはとっても食いしん坊なので

お皿に変身してその上に乗せられたものを

どんどん食べていきます。

でも泥だんごもたべてしまって

少しかわいそうだなと思いました。

お話はとっても読みやすいです。

リズムがいいなと思いました。
参考になりました。 0人

★4  いろいろ感じました 掲載日:2018/05/14
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子9歳
ぼく おかあさんのこと…
ぼく おかあさんのこと… 作: 酒井 駒子
出版社: 文溪堂
なんかいろいろと感じてしまいました。

男の子をもつお母さんには

特に響くと思います。

男の子の心がよくわかる絵本です。

どれもこれもあてはまり

何だか笑ってしまいました。

男の子ってやっぱりお母さんが

すきなんですね。
参考になりました。 0人

★5  おしり探偵大好き! 掲載日:2018/05/08
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
おしりたんてい ププッ おおどろぼう あらわる!
おしりたんてい ププッ おおどろぼう あらわる! 作・絵: トロル
出版社: ポプラ社
息子はおしりたんていシリーズが大好きで、その中でも一番好きなキャラクターは怪盗Uです。
怪盗Uがフランス語を話せると知って、怪盗Uのファンになったそうです。
本人曰く、それがかっこいいみたいです。怪盗Uの素顔を見ることが彼の夢なので、もっとおしりたんていシリーズに怪盗Uが出て来てくれることを楽しみにしています。
参考になりました。 0人

★5  小学生女子におすすめ! 掲載日:2018/05/07
えみりん12さん 40代・ママ・東京都  女の子9歳
小さいママと無人島
小さいママと無人島 作: キャロル・ライリー・ブリンク
訳: 谷口 由美子

出版社: 文溪堂
9才の娘が面白い!とどんどん読んだお話です。

ロビンソンクルーソーの女子版。

主人公は12歳と10歳の姉妹で、難破船で預かった赤ちゃん4人の面倒を見ながら無人島で暮らすなんてできる!?でも、ウィリアム・ウォレスの子孫だから!と頑張る姉妹。

どきどきしながらつい読んでしまいました。

長い本を面倒がる娘ですがこれはほんとに面白かったようです。
参考になりました。 0人

★4  具体的な勉強の仕方 掲載日:2018/05/07
さみはさみさん 40代・ママ・東京都  男の子9歳、男の子5歳
学校では教えてくれない大切なこと(13) 勉強が好きになる
学校では教えてくれない大切なこと(13) 勉強が好きになる 編: 旺文社
出版社: 旺文社
今このシリーズが小学生に人気だと聞いたので、図書館で何冊か借りてきて3年生の長男に勧めてみました。

この本は、どうやったら勉強がうまくできるかというものです。勉強ができるようになりたいと思っていて、そのための努力も惜しまないけれど、具体的な方法がわからないというマジメな子に向いているような気がします。

主人公も、今4年生で、3年生までは勉強ができていたけど急にできなくなったという設定になっています。

今のところ学校での勉強に困っていない息子にはあまり響かなそうでした。どちらかというと、なぜ勉強しなければならないのか、という内容の法が彼には必要だったのかもしれません。

でも、なぜ習ったことをまた宿題でやらなければならないのか(繰り返すことで記憶が定着するため)など、単調な勉強の意味がわかりやすく説明してあるので、ためになると思います。

大人の視点から見ても、ご褒美ではなくて、達成感を持たせることのほうがやる気が出るなど、励まし方のヒントが書かれていて興味深かったです。
参考になりました。 0人

★4  世の中危険がいっぱい 掲載日:2018/05/07
さみはさみさん 40代・ママ・東京都  男の子9歳、男の子5歳
学校では教えてくれない大切なこと(10) 身近な危険
学校では教えてくれない大切なこと(10)  身近な危険 編: 旺文社
出版社: 旺文社
今このシリーズが人気だと聞いて、図書館で何冊か借りてきて3年生の長男に勧めました。

自転車の乗り方など日頃から家庭でも口を酸っぱくして言っていることや、学校でも度々指導を受ける、あやしい人に遭遇した時の対処法なども載っていますが、犬や猫に注意するとか、キッチンにある危ないものなど、見過ごされがちな点も取り上げられています。

漫画で読みやすいので、くどくど説明するよりずっと素直に受け止められそうです。オススメです。
参考になりました。 0人

★4  大事なこと 掲載日:2018/05/07
さみはさみさん 40代・ママ・東京都  男の子9歳、男の子5歳
学校では教えてくれない大切なこと(15) 数字に強くなる
学校では教えてくれない大切なこと(15) 数字に強くなる 編: 旺文社
出版社: 旺文社
このシリーズが人気だと聞いて、図書館で何冊か借りてきました。小学校3年生の長男に勧めると、面白がってあっという間に読んでしまいました。

この「数字に強くなる」編は、数字のトリック(売るために誤魔化されそうな点など)をどう見破るかなどの話でした。1000mlで150円のコーラと1500mlで210円のコーラはどちらが安いのか、など全体的に損得の計算で貫かれています。

また、多数決は一度とればそれがみんなの意見を反映したことになるのか、という話や、同じ500円の価格でも欲しい人には安く感じられ、不要な人には高く感じられるというようなことも書かれています。

「なぜ勉強しないといけないのか」と子供に聞かれたら、「将来騙されずに賢く生きていくために必要」だと答えるという話を以前どこかで読みましたが、ちゃんと算数の勉強をしておかないと、すぐに騙されて損するということが小学生にもよくわかる本でした。

小学校中学年くらいにオススメです。
参考になりました。 0人

★4  王子の不思議な病気 掲載日:2018/05/06
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
王さまになった羊飼い
王さまになった羊飼い 再話: 松瀬 七織
絵: イヨンギョン

出版社: 福音館書店
ききみみ頭巾にも似た展開ですが、王子さまの耳の病気は世にも不思議な原因でした。
治し方を教えてくれたカラスには感謝しなければいけないですね。
これだけの幸運にはなかなか巡り会うことは無さそうですが、動物にはやさしくしていると良いですね。
参考になりました。 0人

★4  かみやさんの勝ち! 掲載日:2018/05/06
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
だじゃれはだれじゃ
だじゃれはだれじゃ 作: まど みちお 阪田 寛夫
絵: かみや しん

出版社: 小峰書店
まどさんとさかたさんが、コトバ合戦の第2戦です。
お二人のリズミカルなフットワークは良いのですが、懸命に駄洒落をひねり出そうとしてか、1作目より固く感じるのは何故でしょうか。
頭の体操には良いかも知れませんが、自然流に表現しているかみやしんさんの独り勝ちのように思ってしまいました。

こういう遊びは言葉が溢れてこなくなったら、けっこうきついかもしれませんね。
参考になりました。 0人

★4  アレルギーのおかげで色々学びました! 掲載日:2018/05/02
森の小人さん 40代・ママ・大阪府  
いっしょのちがうもの
いっしょのちがうもの 作: さるびあ亭 かーこ
絵: エイイチ
監修: 武内 澄子

出版社: 絵本塾出版
小さい頃、我が子もアレルギーがたくさんあって、食事制限をしていました。
なので、この絵本のアレックくんの気持ちがとてもよくわかります。
お友達の誕生日会などの集まりごとでは、別メニューになることもありましたが、アレルギー用のレシピ本などを参考に、他のお友達と同じメニューになるよう工夫していた頃が懐かしいです。
アレルギーがあったおかげで、食に対しての知識が広がり、健康について興味を持つようになりました。
アレルギーがあっても、心も体も健康に育ってくれたなあ。と思いながらこの本を我が子と感謝の気持ちで読みました。
参考になりました。 0人

★4  うさぎの献身 掲載日:2018/05/01
ヒラP21さん 60代・パパ・千葉県  
月のうさぎ(12場面)
月のうさぎ(12場面) 文: 瀬戸内寂聴
絵: 岡村 好文

出版社: 講談社
岡村好文さんの絵からは、お話の重さは感じられないのですが、月とうさぎに関した切なくて美しいお話ではあります。
でも、みずからたき火に飛び込んだうさぎを認めてしまっていいのかどうか、瀬戸内寂聴さんが書かれた文章だけに、考えてしまいました。
神さまに試された(?)動物たちですが、仏さまならこんなことしませんよね。
参考になりました。 0人

★4  えっ? 掲載日:2018/04/29
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子8歳
すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ 作・絵: トミー・アンゲラー
訳: 今江 祥智

出版社: 偕成社
えっ?

急にお話の展開が変わったの?

と不思議な気持ちになりました。

有名なお話だとは知っていましたが、

ちょっといまいちピンときません。

さすがの強盗も弱い者には

優しかった。

もしくは弱い者をみて優しくなった。

といった感じでしょうか。

ひとまずハッピーエンドだったので

よかったと思います。
参考になりました。 0人

★4  やっぱりいいですね 掲載日:2018/04/29
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子8歳
みんな みんな いない いない ばあ
みんな みんな いない いない ばあ 文: 今村 葦子
絵: 斎藤 隆夫

出版社: あすなろ書房
いないいないばあは

はずれないですね〜。

子供が大きくなった今でも

こういう感じの絵本は大好きです。

赤ちゃんの頃、知らないおじさんでも

いないいないばあされると赤ちゃんて

笑ってくれますよね。

話ができる年になっても笑ってしまいます。
参考になりました。 0人

★4  むずかしい 掲載日:2018/04/25
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子8歳
うたが みえる きこえるよ
うたが みえる きこえるよ 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
目で、心で感じる絵本です。

想像しながら読む絵本で

文字は最初に少しだけです。

小さい子には無理ですね。

何歳くらいかな?でも感性豊かな

お子様なら大丈夫かもしれません。

そうじゃないとこの絵本なに?って

なると思います。
参考になりました。 0人

★4  分かります。 掲載日:2018/04/25
ジョージ大好きさん 40代・ママ・愛知県  男の子8歳
ぼくのくつ
ぼくのくつ 作・絵: 松成 真理子
出版社: ひさかたチャイルド
ちょっと大きめのサイズで

いいのを見つけるを買ってしまいます。

だって子供の足ってすぐ大きくなるから。

でも新しい靴買うとそれをはきたがる。

一回履いてしまうと古い靴は

履いてくれない・・・。

この感じがよくわかる絵本でした。
参考になりました。 0人

※参考になりましたボタンのご利用にはユーザー登録が必要です。

5371件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

あざやかな色彩と造形!赤ちゃん絵本の王道いないいないばあ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット