絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  パンダ、ラッコ、クマ、ライオン、アザラシ、ニワトリ…次はどんな抱っこ? 親子でやってみたくなるスキンシップ絵本!

パンダ、ラッコ、クマ、ライオン、アザラシ、ニワトリ…次はどんな抱っこ? 親子でやってみたくなるスキンシップ絵本!

レビューコンテストにあたって

「だっこ」は最高のスキンシップ!
そんな「だっこ」には、いろいろなバリエーションがあるのをご存知ですか?
愛らしい動物に例えて、さまざまなだっこを楽しく紹介します。
動物たちのまねをして、親子でスキンシップを楽しんでください♪
お気に入りのだっこを見つけたり、新たなだっこをあみだしたり!?…
みなさまの感想をお待ちしています!

賞品

鈴木まもる賞

作者鈴木まもるさん特製色紙  2名様

作者、鈴木まもるさんの色紙を2名さまにご用意しました!特製の色紙、どんな内容かはお楽しみに♪

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象書籍

  • だっこ

    • 全ページためしよみする
    • ちょっとためしよみする

    だっこ

    作: 鈴木 まもる
    出版社:小峰書店

    いろいろな抱っこのバリエーションを動物に例えて、愛らしいイラストとともに、リズムある言葉で楽しく紹介します。パンダ、ラッコ、クマ、ライオン、アザラシ、ニワトリ…次はどんな抱っこ? 親子でやってみたくなるスキンシップ絵本!

みんなの声

もぐもぐもぐもぐさん

30代 ママ 島根県

 

愛情で

初めてのままサンに読んでもらうといいかなとおもいました。だっこってどうやるんだろうって初めてのママのときおもいました。ぎゅっていろんな格好でいろんな角度でだっこしていいんですよね。答えなんてないですよ・・・続きを読む

lunaさん

30代 ママ 大阪府

 

もっと抱っこ、いろんな抱っこ

我が子はもう7歳です。 流石に、この絵本の全ての抱っこを真似してみることは出来ませんが、まだまだ甘えん坊で抱っこ大好きな我が子は、こんな風にされたら喜ぶだろうなーと思いました。 まだまだ子供、沢山・・・続きを読む

ムスカンさん

30代 ママ 東京都

 

抱っこって原点なんだ!

5歳の娘と読む前に一足先に読ませて頂きました。 娘は赤ちゃんのときから規格外の重さで、 5歳となった今でも保育園ではクラスいち背が高く、 ずーっと大柄路線まっしぐら。 そんな娘は抱っこ・・・続きを読む

一覧を見る

応募ルール

募集期間 2016年8月11日(木)0:00〜2016年9月7日(水)23:59
募集内容 『だっこ』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2016年中月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • 鈴木 まもる

    1952年、東京都生まれ。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を、『ニワシドリのひみつ』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞を受賞。 主な絵本作品に『ピン・ポン・バス』『がんばれ!パトカー』(偕成社)、『せんろはつづく』『つみきでとんとん』(金の星社)、エッセイに『バサラ山スケッチ通信』(小峰書店)などがある。また鳥の巣研究家として 『日本の鳥の巣図鑑 全259』(偕成社)、『鳥の巣いろいろ』(偕成社)、『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣コレクション』(岩崎書店)、『鳥の巣みつけた』『鳥の巣研究ノート』(あすなろ書房)などの著書があり、全国で鳥の巣展覧会を開催している。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット