絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  親子で一緒に「のれるかな?うかぶかな?」『ふね』『ききゅう』みんなの声大募集!

親子で一緒に「のれるかな?うかぶかな?」『ふね』『ききゅう』みんなの声大募集!

レビューコンテストにあたって

「のれるかな? うかぶかな?」 「のれた! うかんだ!」
こんな会話が繰り返される、いしいきよたかさんの作品、『ふね』 と 『ききゅう』。
いしいきよたかさんがはじめて描いた赤ちゃん絵本は、
シンプルなストーリーで、赤ちゃんの「できた! うれしい!」の気持ちが核となって出来上がった作品。
実はこの2作品、文章は全く同じなのです。
でも、『ふね』 と 『ききゅう』で、イメージも感覚も全然違ってくるから不思議です!

さて、みなさんはこの2作品を読んでどんな楽しみ方をしましたか?
おひざの上で、おふとんの中で、親子で一緒に、
くりかえしのリズムが楽しい赤ちゃん絵本を、ぜひ楽しんでくださいね!

賞品

の〜んびり ふ〜んわり賞

作者いしいきよたかさんの版画  1名様

作者いしいきよたかさんのモノタイプ技法による版画を、1名さまにプレゼントいたします!
額には入っていませんので、お好きな額に入れて飾ってくださいね!

受賞レビュー

ぺんぎんさん 40代 ママ

『ふね』
たのしいお舟遊び
表紙を見て「船」の絵本なのかーと思ったら…船は船でもおもしろ船の絵本でした。
こんな船あるんだーなんて、びっくりな、ニンジンの船や亀の船。
でも6ヶ月の息子に読んであげたら大うけ。
絵の船をつかもうと手を伸ばしてきます。
理屈じゃなく赤ちゃんの心にすっと入ってくる絵本なんですね。

『ききゅう』
のれるかな?うかんだ!
「ふね」に続き、こちらもびっくり気球がたくさん登場する絵本。
のれるかな? のれた
の繰り返しが心地いいです。
我が家の6ヶ月児、この繰り返しかなり好きなようでキャッキャ笑って喜んでいます。
おたまじゃくしの気球など、おもしろいのがたくさん出てきて、でも最後には自分たちの乗る一般的な気球が出てくるので、あかちゃんの学習としてもとてもいいと思います。
実際気球に乗ったことはありませんが、空を飛びたくなったら気球に乗ればいい。なんてインプットしちゃう赤ちゃん、ちょっと素敵だと思います。

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

応募ルール

募集期間 2016年7月14日(木)0:00〜2016年8月10日(水)23:59
募集内容 『のれるかな? うかぶかな? ふね』『のれるかな? うかぶかな? ききゅう』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2016年9月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • いしい きよたか

    石井聖岳
    1976年、静岡県生まれ。絵本に『つれたつれた』(内田麟太郎 文 解放出版社)、『電信柱と妙な男』(小川未明 文 架空社)、『おばけこわくないぞ!』(石津ちひろ 文 あかね書房)、『ふってきました』(もとしたいづみ 文 講談社)、『ぷしゅー』(風木一人 文 岩崎書店)、『もうすぐここにいえがたちます』(ほるぷ出版)、『いもほりきょうだいホーリーとホーレー』(農文協)、『ぷかぷか』『森のイスくん』(ゴブリン書房)などがある。

制作秘話

こちらの2作品には、モノタイプという版画の技法が使われています。
板の上に絵の具を置き、その上に紙をのせて刷り出しをするので、一発勝負!
納得いかない場合はもう一度やりなおし・・・
なぜこんな方法を選ばれたのか、詳細はインタビューでいしいきよたかさんご本人が語っています。
ぜひご覧くださいね。


「のれるかな?うかぶかな?」シリーズ 石井聖岳さんが遊びに来てくださいました!
全ページためしよみ
年齢別絵本セット