絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  世界20か国以上で大人気!親子でテクノロジーの楽しさを体験できる絵本『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』みんなの声大募集!

世界20か国以上で大人気!親子でテクノロジーの楽しさを体験できる絵本『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』みんなの声大募集!

レビューコンテストにあたって

2020年から小学校でもプログラミング教育が必修化されます。
本書は、物語とアクティビティを通して、プログラミングに関する考え方などを楽しく学べる知育絵本です。
お子さんの反応や、ご家族の感想など、たくさんののレビューをお待ちしております。
編集部

■著者コメント
プログラミングの、魔法の世界へようこそ。
この本では、将来、プログラミングをしようという子どもが必要とする、「プログラマー的思考法」の基本的な考えを紹介します。
ルビィや仲間たちと一緒に、大きな問題を小さな問題に切り分けるやり方を学びます。
パターンを探し、段階的な計画を立て、枠にとらわれずに物事を考え、想像力を働かせることでしょう。
大切にしていただきたいことは、子どもたちの好奇心を刺激することです。
子どもたちにとってのプログラミングを、楽しく、創造性豊かに、ワクワクする体験にしましょう!
リンダ・リウカス

■推薦コメント
「子どもにもわかるやり方でプログラミングの本質に迫る」
プログラミングというと多くの人がイメージするのは、コンピューターに向かって呪文のようなコードをタイプすることかもしれませんが、実際にはその本質は、問題認識と問題解決です。
この本は子どもにもわかるやり方で、プログラミングの本質に迫ります。それになによりコンピューターと一緒に問題に取り組む「楽しさ」を見せてくれます。
この本を通じて多くの子どもたちと、それから大人たちにもプログラミングの楽しさが伝われば良いなと思います。
まつもと ゆきひろ(プログラミング言語デザイナー・プログラミング言語Rubyのパパ)

賞品

ぼうけん大賞

ルビィのぼうけん2作目の著者サイン本&『ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング』セット   1名様

『ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ』(リンダ・リウカスさんのサイン付)と、『ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング』をセットで1名様にプレゼントします!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

    • ちょっとためしよみする

    ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

    作: リンダ・リウカス
    訳: 鳥井雪
    出版社:翔泳社

    教育大国フィンランド発、親子で楽しくプログラミングに触れる絵本
    【あらすじ】
    『ルビィは大きな想像力を持つ女の子。ルビィの好きな言葉は“どうして?”。ルビィの世界では考えたものがなんでも実現します。パパがお仕事でいないときは、家の中をどたどた・ふらふら歩きまわるのが大好き。ある日、ルビィはパパからの手紙を見つけます――「宝石を5つ、かくしたから、さがしてごらん。ぜんぶ見つけられるかな?」。でもどう探せばいいのか書かれていません。仕方がないので、まずはヒントを探しはじめると・・・パパの机の下に、秘密の数字が書かれた紙きれを発見! ここからルビィの本当のぼうけんが始まります・・・』

応募ルール

募集期間 2018年5月24日(木)0:00〜2018年6月20日(水)23:59
募集内容 『ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2018年7月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
賞品発送は、コンテスト終了後1ヶ月を目処に当選者さまに郵送いたします。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • リンダ・リウカス

    フィンランド、ヘルシンキ出身のプログラマー、作家、イラストレーター。『Hello Ruby』はクラウドファンディングのKickstarterでまず資金を募り、発表からたった3時間強で目標金額の$10,000を達成。その後、Kickstarter の中でもっとも資金を集めた絵本となりました。 リンダはプログラミングの世界での中心人物のひとりであり、Rails Girlsの創立者でもあります。Rails Girlsは、あらゆる場所で若い女性にプログラミングの基礎を教える団体。ここ数年間で160 を超える都市でワークショップが開催され、10,000人以上の女性がプログラミングの基礎を学んでいます。

  • 鳥井雪

    プログラミング言語Rubyを使用するプログラマー。著者のリンダ・リウカスが創始者の一員であるRails Girlsを、2013年に東京で開催し、その後の日本での開催をサポートしています。また、島根大学で年に1回、Ruby on Rails(RubyによるWeb開発のためのフレームワーク)の授業を行い、また、オンライン講座でRuby on Railsの授業を担当するなど、Rails初心者のためのワークショップを多数経験しています。

ルビィのぼうけん特設サイト

全ページためしよみ
年齢別絵本セット