絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  元気とユーモアあふれる必笑絵本。おもわず風邪も吹き飛びます!『まじょがかぜをひいたらね』 みんなの声大募集!

元気とユーモアあふれる必笑絵本。おもわず風邪も吹き飛びます!『まじょがかぜをひいたらね』 みんなの声大募集!

高畠純さんのシルクスクリーン作品(ハガキサイズ)  1名様

高畠純さんの、はがきサイズシルクスクリーン作品を1名様に!
イラストは届いてからのお楽しみです♪

ダブルネーム名入れサイン本  3名様

作者、高畠じゅん子さん・高畠純さんのダブルネームサイン本を、なんと名入れでプレゼントいたします〜!

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

『まじょがかぜをひいたらね』(以後、「まじょがかぜ」)は卓上で連想ゲームを一人でしている時、ふと、できてしまったお話です。
『まじょかぜ』が完成してゆっくり読みかえしてみると、私を雇ってくれているイベント会社の社長の一言をなぜだか思い出しました。
「自分の常識を常識と思うな!」が、その一言であります。
私は、絵本の文章も書いていますが、イベントの制作会社でも働いています。
イベントを立ち上げるには、色々な立場の大勢の人と短時間で一緒に仕事をするのでハプニングがつきものなのです。
正直、これまで自分の思い込みにより、失敗もたくさんしてしてきました(笑)
この世の中には、自分の思っている普通がフツーではないことや、言葉通りにうけとってはいけないこと、自分が発した言葉が通じない、なーんてこともたまにあります。
現実の世界だって色々ある位ですから、魔女の世界なんてそりゃあ大変です。
かぜの治し方1つとってもエキセントリック!
みなさん、頭をグニャグニャーと柔らかくして、読んでもらえれば幸いです。
どうぞ宜しくお願いします。

高畠じゅん子

はなはなみんみさん

30代 ママ 和歌山県

 

ユーモラスな魔女

魔女が風邪をひくというタイトルがまず魅力的。 大鍋で色々煎じて飲むのかな〜と思う大人のありきたりな発想は あっさり否定されます。 「ようかいびょういん」も、治し方も人間とは一味違ってます。 ・・・続きを読む

きーちゃんママさん

30代 ママ 石川県

 

娘たち大笑い

7歳5歳の娘たちに読みました。魔女が風邪をひいたらどうするかということが描かれているのですが、「ありえないでしょー」という言葉が娘たちから飛び交っていました(笑)特に魔女のエキスの場面では大笑い。親の・・・続きを読む

lunaさん

20代 ママ 大阪府

 

魔女が風邪引いたらどーなるの?

タイトルからして気になりました。 息子は凄く面白いって言ってました。 本当に面白くて、ツッコミも魔女が自分でやってくれるから、こっちはもうケラケラ笑ってしまって^o^ クスリと笑うとか、暖かくす・・・続きを読む

koyokaさん

50代 じいじ・ばあば 兵庫県

 

これこそ ユーモアたっぷり絵本です!

作者の言葉 「自分の常識を常識と思うな!」 この世の中には、自分の思っている普通がフツーではないことや、 言葉通りにうけとってはいけないこと、 自分が発した言葉が通じない、なーんてこともたまに・・・続きを読む

みちんさんさん

30代 ママ 愛知県

 

展開が読めませんでした

タイトル通りまじょがかぜをひいてしまい、かぜをひいてしまうために行動します。 …が、展開が全く読めませんでした。 かぜをひいても病院には…行かないし。おうちで治すにはどうする?さすがまじょ!やはり・・・続きを読む

一覧を見る

応募ルール

募集期間 2015年9月10日(木)0:00〜2015年10月7日(水)23:59
募集内容 『まじょがかぜをひいたらね』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年11月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

  • 高畠 じゅん子

    1980年兵庫県生まれ。子供の頃、私は身体が丈夫で病気知らずでした。4つ年下の弟は、風邪っぴきでよく幼稚園を休んでいて、羨ましかったのを覚えています。朝からテレビ見放題、フルール食べ放題。そして何よりお母さんが優しくしてくれる。たくさんの特典付き(?)だったので、たまーに熱を出すと嬉しくて大興奮。はしゃいで怒られていました。「アホは風邪ひかない」とは私のことかもしれません。

  • 高畠 純

    1948年愛知県生まれ。小学生のとき、風邪で学校を休んだ。昼間寝ているのその部屋は、いつもより静かに感じた。ガラス越しに見える木の葉っぱの揺れぐあいをじっとみたりしていた。夜は熱のせいか、おかしな夢を見る。びっしょり汗をかいたあとは、かわいたシャツに着替える。その感触は気持ちがよい。風邪をひいて学校を休む……だれでも感じるちょっとした思い出。


『よいこは もう ねるじかん』(BL出版社)

「おやすみなさい」
たまちゃんがねていると、ねこのミーヤがやってきて、
「おふとんいれて」。
人形、Tシャツ、イスに、そうじき……次々といろんなものがやってきて、たまちゃんのおふとんに入りたがります。おふとんは、もう満員!
そこでたまちゃんは考えて……。
遊び心いっぱいの、たのしい絵本。おやすみ前に読んだら、もうねむれない!?


『ブービーと すべりだい』(講談社)

できないことのなかには、いろんなどきどきがつまっている! すべりだいがすべれないブービーの「はじめのいっぽ」までの物語


『えいっ』(理論社)

お父さんとよむ絵本

クマの子とお父さんが町へ出かけます。「えいっ」というまほうのかけ声で、信号を青信号に変えてみせるお父さん。
「お父さんってすごい!」とクマの子は尊敬のまなざし。
でも、色々なものに「えいっ」とまほうをかけていくうち、クマの子も何か気づいたようです・・・。

ゆったりしたお散歩タイム、日常から離れたチャーミングな時間をえがく絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット