絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  かえでの葉っぱレビューコンテスト

かえでの葉っぱレビューコンテスト

レビューコンテストにあたって

いのちはどこへ行くの?
チェコの美しい風景を旅する、ある葉っぱの物語

「ある秋、こどもたちとチェコ東部の森林地帯に向かっていた時のこと、かえでの葉っぱがわたしたちをとりこにしてしまったのです」
D・ムラースコヴァー(作者)

「チェコで暮らし、自分の中に染み込んできた世界観を描きたいと思っていたときに、ムラースコヴァーさんの作品と出会いました」
出久根育(画家)

「自然との交流から詩のような作品を生み出すムラースコヴァーさんは、見ること、聞くこと、感じることの大切さをこどもたちに伝えてくれます。」
関沢明子(訳者)

葉っぱになったつもりで本の中を旅してみてください。
たくさんのご応募をお待ちしています。

賞品

かえで賞

サイン本  1名様

作者出久根育さんのサイン本を1名様にプレゼントいたします!

はっぱ賞

チェコの朝市マーケットで購入した、きのこ型くるみ割  2名様

出久根育さんからの手描きメッセージをそえて、計2名様にプレゼントいたします!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • かえでの葉っぱ

    • ちょっとためしよみする

    かえでの葉っぱ

    文: デイジー・ムラースコヴァー
    訳: 関沢 明子
    絵: 出久根 育
    出版社:理論社

    チェコの美しい風景を旅する、ある葉っぱの物語。

    がけの上にかえでの木が一本。てっぺんには一枚の大きな葉っぱがついています。
    葉っぱは木から飛び立つのを楽しみに待っていました。
    「ぼくが落ちるときは、うんと遠くまで行くんだ」
    ある日の午後、木からふわりと離れた葉っぱはすぐに大きな石の間に落ちてしまいます。
    そこで出会った少年に手助けをしてもらい、風に吹かれて飛んで行きます。
    葉っぱの長い旅が始まるのです。
    丘を越えて、子どもたちの遊ぶ草原から小川の流れに乗り、厳しい寒さの中では葉っぱの上に霜がおり、
    雪の下でじっとして、やがて訪れた春になると...。

    次々と移り変わる自然の風景の美しさに目を奪われながらも、季節の中で姿を変えていく葉っぱのつぶやきにはそれぞれ重みがあり、読む人の心に響いてきます。希望を胸に広い世界へ飛び出して行く時の喜び、すっかり色を失ってしまった時の悲しみ、その後不安は消え、身も心も軽くなり飛びまわっている時の自由な心。葉っぱは、やがて消えゆく残り僅かな命の中で再び出会った少年に語るのです。

    作者はチェコの画家であり作家のムラースコヴァーさん。
    自然との交流から詩のような作品を生み出す彼女が1970年代に発表したこの物語に、 時を経て出会ったのが日本人の絵本作家出久根育さんです。
    出久根さんはチェコに暮らし、チェコの風景の中で感じた世界観をこの絵本の中で一筆一筆丁寧に描いています。
    私たちは絵本を開けばそこにチェコの森、畑、そしてたくさんの命を感じ取ることができるのです。

応募ルール

募集期間 2017年8月10日(木)0:00〜2017年9月6日(水)23:59
募集内容 『かえでの葉っぱ』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2017年9月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • デイジー・ムラースコヴァー

    1923年プラハ生まれ。プラハ工芸美術大学で学ぶ。チェコを代表する画家として多彩な技法とスタイルで活動し、2016年に亡くなった。邦訳書に『ぼくのくまくんフローラ』『火よう日のおはなし』(偕成社)『リスとアリとゾウ』(BL出版)『なかないで、毒きのこちゃん』(理論社)などがある。

  • 関沢 明子

    1942年兵庫県生まれ。大阪市立大学卒業。1984年〜86年プラハ在住。訳書に『リスとアリとゾウ』『なかないで、毒きのこちゃん』のほか、シリーズ『ありのフェルダ』(福音館書店)「チャベック童話絵本シリーズ」(フェリシモ出版)などがある。

  • 出久根 育

    1969年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。『あめふらし』(パロル舎)で2003年BIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)のグランプリ、『マーシャと白い鳥』(偕成社)で2006年日本絵本賞大賞を受賞。その他、絵本に『十二の月たち』『おふとんのくにのこびとたち』(以上偕成社)『おふろ』(学習研究社)『山のタンタラばあさん』(小学館)『ペンキや』『ワニ』(理論社)『はるさんがきた』『アントリ・ベリーのながいたび』(鈴木出版)『もりのおとぶくろ』(のら書店)、読み物の挿絵に『わたしたちのぼうし』『ルチアさん』(以上フレーベル館)「グリム童話集 上・下」(岩波書店)など多数の作品がある。チェコ・プラハ在住。


「プラハお散歩便り」
2002年からチェコで暮す出久根育さんのウェブエッセイ
全ページためしよみ
年齢別絵本セット