絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  ルラルさんシリーズ発売25周年記念 みんなの声大募集!

ルラルさんシリーズ発売25周年記念 みんなの声大募集!

お待たせいたしました!受賞レビューの発表です。
著者のいとうひろしさんも選定に加わってくださいましたよ〜

賞品

手描きイラスト  1名様

受賞レビューを読んで、いとうひろしさんが世界に一つだけの手描きイラストを描いてくださいます!
どんなイラストになるのかは、届いてからのお楽しみ。
一生の宝ものになる豪華賞品間違いなしです!
さぁ、どなたの手に届くかな…?

直筆名入れサイン本  5名様

受賞者のお名前入りサイン本をご用意します!

※受賞された方には別途記載するお名前をお伺いいたします。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。

  • ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう

    ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう

    星のきれいな夜、ルラルさんは大きな望遠鏡をのぞきます。 夜空の星を眺めていると、ルラルさんの心は空いっぱいに広がり、宇宙のはてまで飛んでいくような気持ちになるのです。 今夜の空は流れ星がたくさん! ルラルさんは庭の仲間たちと一緒に星を眺めています。 その時、望遠鏡をのぞいていたねこが言います。 「ルラルさん、ちょっと これを みてください。」 それを見てびっくり。なんと、おそろしい顔がのぞいているのです。 「うちゅうじんだ。うちゅうじんだ。」 みんなは大騒ぎです。 丘の向こうに落ちていった流れ星は、宇宙人の円盤だったのでしょうか。 宇宙人が地球を征服にしにきた!?それとも・・・。 ルラルさんと仲間たちは、意を決して丘の上まで宇宙人を探しに出発します。 勇ましい姿ですが、ひざはがくがく震えているようですよ。 果たして、そこに宇宙人はいたのでしょうか。 みんなは地球を守ることができるのでしょうか!? 2015年でシリーズ25周年をむかえる「ルラルさんのえほん」シリーズの7作目です。 好きなものをとっても大切にするルラルさん。 その興味は地球だけでは収まらないみたいですね。 今回はなかなかスケールの大きな冒険物語なのです。 それでもやっぱり、ルラルさんはルラルさん。 庭の仲間たちとの、ユーモラスで優しい時間が今日も流れています。

応募ルール

募集期間 2015年3月5日(木)0:00〜2015年4月1日(水)23:59
募集内容 『ルラルさんのえほんシリーズ』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年4月中旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

  • いとう ひろし

    1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。ユーモラスであたたかみのある、哲学的な作風の絵本、物語を描いている。
    主な作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)『ルラルさんのぼうえんきょう』をはじめとする「ルラルさんのえほん」シリーズ、『くもくん』(日本絵本賞読者賞)、『こまったときのねこおどり』(以上ポプラ社)、『おさるのまいにち』『おさるはおさる』(ともに路傍の石幼少年文学賞)『おさるになるひ』(IBBYオナーリスト)をはじめとする「おさる」シリーズ、、『だいじょうぶだいじょうぶ』(講談社出版文化賞)『もうじゅうつかいのむちがなる』(以上講談社)、「すごいぞプンナちゃん」シリーズ(理論社)、『クグノタカラバコ』『クグノビックリバコ』(偕成社)、『くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも』(徳間書店)他、多数。


くもくん

いつも空をたびしている、くもくん。いろんなかたちになってみるけれど、本当の自分のかたちは・・・? やさしいタッチの絵本。


はじめはりんごのみがいっこ

「はじめは、りんごの みが いっこ」からはじまる、数をテーマにした物語の絵本です。歌のような文章と明るい絵で展開します。


どろんこどろちゃん

どろんこの中からぐぐぐーーーん! 生まれてきたのは、どろんこどろちゃん。さあ、いっしょにあそぼう!


おちばがおどる

おちばが、かぜにふかれて、ふんわり、くしゃり。おどりはじめるよ。はっぱをみつめてみよう!


くものニイド

ニイドはくもの巣作りの名人です。でも、そのニイドにもひとつだけつかまえられないものがありました。それは・・・・・・。


ケロリがケロリ

小さなくもは、ある時期が来ると新天地を求め、空を飛んで旅立ちます。迷いながらも自分の居場所を探すムーサン。ちゃんと自分で決められるでしょうか?


ムーサンのたび

小さなくもは、ある時期が来ると新天地を求め、空を飛んで旅立ちます。迷いながらも自分の居場所を探すムーサン。ちゃんと自分で決められるでしょうか?


こまったときのねこおどり

あれもダメ、これもダメ、ダメ、ダメ、ダメ、・・・・・・。
にっちもさっちもいかなくなったら、おもいきってとびだそう!
きっと、あたらしいせかいがひろがるよ!
ねこさんはなにをやってもしっぱいばかりで、うまくいきません。
いつもしょんぼりおなかをすかせていました。
でも、きょうはついています。
おいしそうなねずみをつかまえましたから。
でも、そのねずみがいいました。
「まいにちたっぷりごはんがたべられるいいほうほうがありますよ。」
ねずみは、いったいなにをおしえてくれるのかな?


だいかいじゅうオニイタイジ

いつもお兄ちゃんにやっつけられている弟が「だいかいじゅうオニイタイジ」になって大あばれ。兄弟げんかを通して、成長を描く。


すなばのだいぼうけん

楽しい冒険ができる秘密の場所を知ってるかい? 近くの砂場へ行ってみよう。のびのびと広がる遊びの世界を、ていねいに描いた力作。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット