絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  PHOTICULAR技術による新感覚のしかけえほん『サファリ』『オーシャン』みんなの声大募集!

PHOTICULAR技術による新感覚のしかけえほん『サファリ』『オーシャン』みんなの声大募集!

おまたせいたしました。受賞レビューの発表です!

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.


“しかけえほん”の魅力はなんと言っても、
ページをめくる時のわくわく・ドキドキ、そして驚きです。
「見てみて、これすごいよ!」と、
自分が感じた驚きを共有したくなる本ではないでしょうか。
『サファリ』『オーシャン』は、生き物の動きを本の中に再現した、
まさに「わくわく・ドキドキ・驚き」がつまった、新感覚のしかけえほんです。
ページをめくると動き出す生き物たちに、子どもから大人まで驚き、
中にはページをめくる手を離してしまった方も。
生き生きと動く生き物たちに目を奪われ、
エッセイを読めば、アフリカ-野生動物の楽園-や、はてしない海へと旅した気分になれます。
こどもから大人まで、
幅広い世代の方々に楽しんでいただけるおすすめの本です。
ぜひ、この驚きを体験してみてください。

サファリ&ロバート・サブダ作 『不思議の国のアリス』がとびだすリーフレットをセット  2名様

『サファリ』の書籍にプラスして、展示会用に制作した限定品のリーフレットをセットでお届けします!

ロバート・サブダは、“紙の魔術師”と呼ばれるポップアップアーティストです。
『オーシャン』『サファリ』と同じように、こどもから大人まで楽しめる作品を数多く手がけてきました。
フォティキュラーとはまた一味違うしかけえほんの世界をお楽しみください。

オーシャン&ロバート・サブダ作 『不思議の国のアリス』がとびだすリーフレットをセット  2名様

『オーシャン』の書籍にプラスして、展示会用に制作した限定品のリーフレットをセットでお届けします!

ロバート・サブダは、“紙の魔術師”と呼ばれるポップアップアーティストです。
『オーシャン』『サファリ』と同じように、こどもから大人まで楽しめる作品を数多く手がけてきました。
フォティキュラーとはまた一味違うしかけえほんの世界をお楽しみください。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。

Photicular技術とは、これまでの『レンチキュラー』という技術をさらに進化させたものです。
動画のもとになる静止画像の一コマ一コマを取り出し、短冊状に細長く切り分けます。
さらにそれらを順番に並べることで、1枚の基本画像を作り上げます。一目見ただけでは、画像をいくつも重ねた1枚のぼやけた写真にしか見えません。
画像の上には、同じく細長いレンズを無数に敷きつめたシートを配置します。
そのレンズシートを画像の上で動かすと、そこに魔法が生じます。写真の中のものが、まるで映像のようにいきいきと動き出すのです。

Photicularのしかけをたのしむために
1.たいらなところに本をおいて、ゆっくりとページをめくってください。
2.この本の写真の中には、上下に動くとくべつなしかけがかくされています。写真をうえからつよくおさないよう、注意してください。
3.温度のたかいところ、湿気のおおいところでの保管はさけてください。

応募ルール

募集期間 2015年4月16日(木)0:00〜2015年5月13日(水)23:59
募集内容 『サファリ』『オーシャン』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年5月中旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。
【 みどころ 】
本の中に本物のサファリ?!
野生のチーターが走る!ガゼルが飛ぶ!動くしかけ絵本『SAFARI』待望の日本語版の登場です!

「大自然に生きる動物たちをじかに見ることほど私達に大きな衝撃を与えるものはありません。野生動物に会いたくてもなかなかアフリカにまで足を運ぶことはできません。まずはこの本を開いて、サファリを体感してください。生き生きと動く動物が、あなたをサファリの世界へと案内してくれます。」『SAFARI』の作者であるダン・ケイネンさんの言葉です。

表紙をめくれば、そこはもうサファリの世界。なめらかな流線型のボディに長い肢体を軽やかに見せつけるように走るチーター。その走りは、驚きの時速112キロまで加速可能です。目の前にいるインパラを低姿勢で狙いをさだめるメスライオン。血縁関係にあるメス同士でライオンは集団を作り狩りや子育てを協力し縄張りを守っています。どう猛なイメージを払拭するような木の枝を食べている穏やかな表情のゴリラ。その目は、愛する家族を守るために穏やかな家族の時間を過ごしたいだけなのだと願っています。テレビや動物園でしか見たことのない動物たちの美しく厳しい真実の姿が私たちの手のひらの中で再現されているのです!

このしかけ絵本の巻頭ページも是非読んでみてください。そこには実際に10人乗りのセスナでアフリカに乗り込み、ケニアのマサイマラ国立保護区のキャンプ場から、毎日マサイ族のガイドと一緒にランドクルーザーで出掛けては、本物の野生動物を観察していたキャロル・カウフマンさんの素晴らしい動物たちの記録とアフリカを目指した探検家たちの歴史が記されています。「サファリ」とはもともとスワヒリ語で「旅行」という意味をさす言葉。写真がまるで映像のように生き生きと動き出す最新の『Photicular』技術のおかげで、幸運にも、わたし達は絵本の中で目の前の野生動物が動くサファリ体験ができるようになりました。机の上に広がる目の前のサファリの世界。さあ、いますぐ手にとって探検に出かけよう!
【 みどころ 】
本の中で海中散歩?!
泳ぐウミガメを追えばクラゲがふわり、迫力満点のサメにガブリ!
大人気!動くしかけ絵本シリーズ、第二弾は海の世界『オーシャン』。

「地球のおよそ4分の3をおおう海。母なる海にはかぞえきれないほどの生物がくらしています。なじみのある魚でさえ、海の中で泳ぐすがたは、わたしたちに不思議な感動をあたえてくれます。神秘にみちた海の世界をみなさんにつたえたいーそんなおもいで、わたしはこの『オーシャン』という本をつくりました。」作者であるダン・ケイネンさんの言葉です。

表紙をめくれば、そこは瞬く間に海の世界。ゆらぐ水の中でヒレを動かしながら、こちらを見ているコショウダイ。英語名でSweetLipsという愛称の由来どおり自慢のクチビルで縄張りを守るためキスで威嚇します。深海3キロをこえる暗闇の中で、頭についた大きなヒレを羽ばたく鳥のように動かし、水かきのある8本の触腕をマントのようにはためかせて移動する深海生物のオオクラゲタコ。その可愛らしい動きに別名「ダンボ」とも呼ばれています。そのほか海の生物ではお馴染みのサメやカメの実態から、オスが子育てするタツノオトシゴ、アンコウの生殖の不思議など、絵本の中で優雅に時にせわしく動く生き物たちが、わたしたちの知らないもう一つの違う表情を見せてくれるのです。

このしかけ絵本の巻頭ページは、『サファリ』と同様に、ダイバーでもあるキャロル・カウフマンさんが体験したカリブ海の宝石、サンゴ礁のベリーズバリアリーフでの魚たちのユニークな暮らしぶりだけではなく、環境破壊や人間の乱獲により引き起こされた生態系の破壊など、胸が痛む事実も記されています。また、果敢にも潜水艦に乗り込み、水深2.7キロメートル5日間にわたる深海の旅の手記でも、過酷な環境下で進化し続けている生命のたくましさを知ることができます。

映像のように生き生きと写真が動き出す最新の『Photicular』技術のおかげで、幸運にも、わたし達は絵本の中で生きている海洋生物と出会えるようになりました。海の恵みに生かされている地球人として子どもたちにも知ってほしい大切なメッセージもたくさんつまっている絵本です。
机の上にある揺らぐ神秘に満ちた海の世界。水中の中では魚たちがダンスして待っています。
さあ、手にとって「オーシャン」へとびこもう!
全ページためしよみ
年齢別絵本セット