絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  ちいさなぞうのエリオット ねずみくんとはじめての遊園地。『ちいさなエリオットあそびにいこう』みんなの声大募集!

ちいさなぞうのエリオット ねずみくんとはじめての遊園地。『ちいさなエリオットあそびにいこう』みんなの声大募集!

©2019 Mike Curato

レビューコンテストにあたって

1940年代のニューヨークを再現したような写実的なタッチとキュートなキャラクターでたちまち話題となり、数々の賞を受賞。米国で人気シリーズの第三弾です。

エリオットは水玉模様のちいさなぞう。
仲良しのねずみくんと遊園地に遊びに行きました。
ところがエリオットはぐるぐるブランコも、ジェットコースターも怖くて乗れません。
そこで、ねずみくんはいいことを思いつきました。

ふたりは自分の好きなことで遊ぼうとしますが、うまくいきません。
そのうちにねずみくんはエリオットが楽しめることを考え、
エリオットはそんなねずみくんの思いやりの気持ちがわかるようになります。

ぜひご家族で読んで、感想を聞かせてくださいね。
編集部

エリオットが遊びに行った遊園地は、ニューヨークの南端、コニーアイランドに今でもあります。
ジェットコースターも大観覧車も海水浴ができる砂浜も昔のまま。
でも、ちいさなエリオットには少し大きすぎたのかもしれませんね。

作者のマイクさんも、少年時代にぐるぐる回る乗り物に乗って「死にそうに」なったことがあるそうです。
でも隣にいた友だちがしっかり支えてくれ、大声をあげて係の人に早めに止めてもらったので救われました。
それからその友だちと楽しく過ごしたことが良い思い出になっているそうです。

この絵本を読んで、みなさんはどんなことを感じるのでしょうか。
レビューを楽しみにしています。
福本友美子

賞品

あそびにいこう賞

訳者福本友美子さんのサイン本とちいさなエリオット 特製マスキングテープ(非売品)  1名様

訳者 福本友美子さんのサイン本と非売品の特製マスキングテープを1名様にプレゼントします!
サイズ:幅3p×長さ5m
※写真はイメージです。

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • ちいさなエリオット あそびにいこう

    • 全ページためしよみする
    • ちょっとためしよみする

    ちいさなエリオット あそびにいこう

    作: マイク・クラトウ
    訳: 福本 友美子
    出版社:マイクロマガジン社

    エリオットは水玉模様のちいさなぞう。
    仲良しのねずみと遊園地に遊びに行きました。
    ところがエリオットはぐるぐるブランコも、ジェットコースターも怖くて乗れません。
    そこで、ねずみはいいことを思いつきました。

    「思いやる心」を育む絵本。

    1940年代のニューヨークをモチーフにした写実的な描写と
    キュートなキャラクターで、数々の賞を受賞したハートウォーミングストーリー。
    大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾

lunaさん

30代 ママ 大阪府

 

幸せな気持ち

シリーズ通して言えることですが、本当に優しさに溢れていて幸せな気持ちになれます。 今回は遊園地で遊ぶことにした2匹でしたが、エリオットは怖がってばかり。 そんなエリオットをねずみは優しく側にいてく・・・続きを読む

みいのさん

60代 その他の方 東京都

 

遊園地へ

実はシリーズ1作目の時は、エリオットの水玉柄があまり可愛いと思えませんでした。3作目ともなると、親近感もわいてきて水玉は気にならなくなりました。私も、子どもから、絶叫マシンに誘われるのが嫌だし、観覧車・・・続きを読む

Tamiさん

40代 ママ 千葉県

 

ねずみくんを見習いたい。

ちょっと怖がりで遊園地を楽しめないエリオットが、 まさに息子と重なりました。 幼少期から、それはもう怖がりで、 本当はやりたいのかもしれないけど、 「怖い」と言って、チャレンジしない子なのです・・・続きを読む

らずもねさん

40代 ママ 東京都

 

わかるな〜

初めて行くところや 初めてする体験に過度にこわがったり不安を感じたりすることって多かれ少なかれ誰にでも思い当るのではないでしょうか? そんな不安や心細さをおともだちと一緒にいることで たのしさに・・・続きを読む

ねこよんよんさん

40代 ママ 佐賀県

 

あそびにいこう

小さなぞうのエリオットとねずみのおはなし。 ちょっぴり臆病なエリオットにやさしく語りかけるねずみの様子が印象的でした。 臆病なエリオットが少し心配になりましたが、ねずみがエリオットの気持ちを聞いて・・・続きを読む

一覧を見る

応募ルール

募集期間 2018年11月22日(木)0:00〜2018年12月19日(水)23:59
募集内容 『ちいさなエリオットあそびにいこう』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2019年1月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
賞品発送は、コンテスト終了後1ヶ月を目処に当選者さまに郵送いたします。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • マイク・クラトウ

    ニューヨーク郊外に生まれ育ち、幼いころから絵を描いていた。 大学卒業後、シアトルでグラフィックデザイナーとして活動するが、 2014 年に『ちいさなエリオット おおきなまちで』(マイクロマガジン社)で念願の絵本作家デビューをはたし、数々の賞を受賞。 「ちいさなエリオット」シリーズは10ヶ国以上で翻訳出版されている。 少年時代に遊園地の乗り物で気分が悪くなり、 友人に助けられた思い出がある。 本書はニューヨークのリゾート地コニーアイランドの遊園地をモデルにしている。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット