絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  いま話題の一人称童話『桃太郎が語る 桃太郎』みんなの声大募集!

いま話題の一人称童話『桃太郎が語る 桃太郎』みんなの声大募集!

レビューコンテストにあたって

いままでの童話や昔話は決まって「むかしむかしあるところに…」で始まり、3人称、いわゆる「天の声」で書かれています。
それを1人称に変えてみたら物語はどうなるだろうと考えてみました。つまり、3人称から1人称へ。客観から主観へ。
もし桃太郎が自らの口で語ったら。その額にカメラがついていたら――
「1人称童話」はそんな発想のちょっと変わった絵本です。
語られるのは3人称のナレーションでは語られない、桃太郎の胸の内。
主人公の視点から物語を体験する1人称童話は「まなざしと気持ちの絵本」といえるのかもしれません。
また、この本の最後には「もしきみが桃太郎なら?」という問いかけが待っています。
お子さま自身が「もし自分なら」を考えます。たとえば鬼退治に旅立つとき、鬼と向き合ったとき、自分ならどんな気持ちになるだろう。
もちろん正解はありません。物語の中にその身を置いて、そこに現れる「心」や「行動」を自由に想像してみるのです。
それ自体がお子さまにとって新鮮な体験となることと思います。

賞品

桃太郎賞

岡村優太さんのサイン本  1名様

作者岡村優太さんのサイン本を1名様にプレゼントいたします!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

対象作品

  • 桃太郎が語る桃太郎

    • 全ページためしよみする
    • ちょっとためしよみする
    • この絵本のレビューを書く

    桃太郎が語る桃太郎

    絵: 岡村優太
    文: クゲユウジ
    出版社:高陵社書店

    「昔々あるところに…」でおなじみのスタンダードな昔話は決まって3人称、いわゆる「天の声」でえがかれています。3人称から1人称へ。客観から主観へ。
    もしあの童話の主人公が自らの口で語ったら。
    その額にカメラがついていたら――「1人称童話」はそんな発想のちょっと変わった絵本です。
    えがかれるのは、3人称のナレーションでは語られない、主人公の「たとえば」の胸の内。
    他者である主人公の視点から物語を体験する1人称童話は「まなざしと気持ちの絵本」といえるのかもしれません。
    「もしきみが桃太郎なら?」本の最後には、そんな問いかけが待っています。
    この本の大きな楽しみのひとつは読んだ後にあります。お子さま自身が「もし自分なら」を考える。
    たとえば旅立つとき、鬼と向き合ったとき、自分ならどんな気持ちになるだろう。 もちろん正解はありません。
    物語の中にその身を置いて、そこに現れる「心」や「行動」を自由に想像してみる。 それ自体がお子さまにとって新鮮な体験となることと思います。
    まずは「桃太郎」から。以降「シンデレラ」「浦島太郎」へ。
    ひとつの物語がお子さまの豊かな滋養となりますように。

応募ルール

募集期間 2017年6月29日(木)0:00〜2017年7月26日(水)23:59
募集内容 『桃太郎が語る桃太郎』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2017年8月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • 岡村優太

    1988年大阪生まれ。イラストレーター。 面相筆と墨汁用いた線画で、細密画からキャラクターまで幅広くイラストレーションを手がける。

  • クゲユウジ

    1976年大阪生まれ。コピーライター・プランナー。広告制作の傍ら、絵本の新しい可能性を模索中。猫派。カレー派。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット