絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  親子でよみたい夏の落語絵本 母恋いくらげ 孝行手首

親子でよみたい夏の落語絵本 母恋いくらげ 孝行手首

公園デビューならぬ、海デビューをはたした、くらげのくらのすけのお話『母恋いくらげ』と、一人息子を亡くした夫婦の元にやってきた手首のお話『孝行手首』は、二つとも親子の情愛がしっとりしみいるお話です。落語のテンポいいセリフ回しで、親子でいっしょに読んでみてくださいね。(編集部)

オリジナル扇子+『母恋いくらげ』の名入れサイン本  1名様

大島妙子さん書き下ろしの絵の入ったオリジナルの扇子と、名入れのサイン本です!

オリジナル扇子+『孝行手首』の名入れサイン本  1名様

大島妙子さん書き下ろしの絵の入ったオリジナルの扇子と、名入れのサイン本です!

『母恋いくらげ』『孝行手首』の名入れサイン本(どちらか1冊)  4名様

A賞=『母恋いくらげ』の名入れサイン本を2名様に。
B賞=『孝行手首』の名入れサイン本を2名様に。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。

応募ルール

募集期間 2015年7月16日(木)0:00〜2015年8月12日(水)23:59
募集内容 『母恋いくらげ』『孝行手首』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2015年8月下旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

  • 大島 妙子

    1959年、東京都に生まれる。絵本作家。おもに作品に『ジローとぼく』(偕成社)『わらっちゃった』『ゆかいなわんころタウン』(小学館)『たなかさんちのだいぼうけん』『いがぐり星人グリたろう』(あかね書房)『おかあさんおかあさんおかあさん…』(佼成出版社)『七福おばけ団』(童心社)『最後のおさんぽ』(講談社)『だるだるダディとゆかいなかぞく』(ひかりのくに)『寓話 洞熊学校を卒業した三人』(作:宮沢賢治/三起商行)『孝行手首』『やまんばあかちゃん』(理論社)など。童話の挿絵も『やまんばあさん』シリーズ(作:冨安陽子/理論社)など数多い。近刊として『おんみょうじ鬼のおっぺけぽー』『おまつりやさん』『はなちゃんとぷーのおみせやさん』などがある。

  • 柳家 喬太郎

    1963年、東京都に生まれる。落語家。書店勤務を経て、1989年柳家さん喬門下に入門。2000年、真打昇進。古典落語のほか、新作落語と呼ばれる自作の落語の演目も数多い。寄せ、落語会を中心に、テレビやラジオへの出演、雑誌連載、全国各地の学校公演などの活動を行う。『母恋いくらげ』は自作の新作落語のひとつで、みかん・電気・水たまりの三つのお題を客席からもらってつくった「三題噺」として誕生した。現在は、本人以外の落語家が演じることもある。


やまんばあかちゃん

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子


やまんばあさんとなかまたち

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子


やまんばあさんのむかしむかし

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子


やまんばあさんの大運動会

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子


やまんばあさん海へ行く

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子


ドングリ山のやまんばあさん

作: 富安 陽子
絵: 大島 妙子



富安陽子さんにインタビューしました!
全ページためしよみ
年齢別絵本セット