絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本 『キツネとねがいごと』みんなの声大募集!

「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本 『キツネとねがいごと』みんなの声大募集!

レビューコンテストにあたって

捕まえたイタチにかけてもらった魔法で死神を動けなくして、永遠の命を手に入れたキツネ。これでいつまでも楽しく幸せな日が続く! と喜んでいたのですが……。
死について考えるなんて「いや」「こわい」。多くの人がそんな風に思うかもしれません。でも、限りがあることを知るのは、とても大切なことですよね。
「今」を精一杯生きる子に育ってもらうために、親子でゆっくりじっくり味わってもらいたい作品です。あなたやあなたのお子さんが感じたこと、親子で話し合ったことなどをお聞かせください。

対象作品

  • キツネとねがいごと

    • 全ページためしよみする
    • ちょっとためしよみする

    キツネとねがいごと

    訳: カトリーン・シェーラー 松永 美穂
    出版社:西村書店

    ある日、年老いたキツネは、わなで捕まえたイタチに、 「自分のリンゴの木にのぼったものは、そこにくっついてしまう」という魔法をかけてもらいます。 自分を迎えにきた死神までもその木にくっつけてしまうことで永遠の命を手に入れたキツネは、 幸せな日々を過ごします。 でも、やがてキツネのおくさんが死に、友達も子どもも孫もいなくなり……。 命に限りがあることの意味を考えさせられる1冊。

morimoriさん

30代 ママ 山口県

 

命について考える

初めは、命が永遠に続いてほしいと願っていたキツネでしたが、奥さんが亡くなり、子どもたち、孫、自分の知り合いたちも亡くなり、体も老化してしまい、最後は一人ぼっちになってしまったキツネがだんだんかわいそう・・・続きを読む

きょん☆さん

30代 ママ 沖縄県

 

幸せに生きるとは。

絵本ではありますが、命について考えさせられる内容で、1人でじっくり読みました。 りんごの木に魔法をかけたことで、誰にも邪魔されることなく美味しいキレイなりんごが実りました。キツネは奥さんと一緒に、美・・・続きを読む

スケボウさん

40代 ママ 東京都

 

生きていくこと。

絵本の内容に入る前に書いてあった言葉・・・。 その言葉が印象的で、手に取った絵本です。 「人生において唯一確かなことといえば・・・」 この絵本は6歳の娘には難しかったように思います。 悲し・・・続きを読む

一覧を見る

賞品

カトリーン・シェーラー賞

絵本2冊『ヨハンナの電車のたび』と『こわい、こわい、こわい?』  1名様

『ヨハンナの電車のたび』と『こわい、こわい、こわい?』を2冊セットにして1名様にプレゼントします!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

応募ルール

募集期間 2017年5月25日(木)0:00〜2017年6月21日(水)23:59
募集内容 『キツネとねがいごと』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2017年7月上旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • カトリーン・シェーラー

    1969年スイス・バーゼル生まれ。バーゼル造形大学で学び、美術の教師となる。言語障害の子どもたちに美術を教えながら、イラストレーターとしても活躍。2011年『ヨハンナの電車のたび』(西村書店)でスイスの児童青年文学賞、2015年第20回日本絵本賞翻訳絵本賞受賞。2012年国際アンデルセン賞、2014年アストリッド・リンドグレーン記念文学賞にノミネートされた。作品に『としょかんのよる』(ほるぷ出版)、『ミアはおおきなものがすき!』(光村教育図書)、『こわい、こわい、こわい しりたがりネズミのおはなし』(西村書店)などがある。

  • 松永 美穂

    1958年愛知県生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門はドイツ語圏の現代文学・翻訳論・ジェンダー論。著書に『誤解でございます』(清流出版)、訳書に『朗読者』(新潮社)、『三十歳』(岩波書店)、『夜の語り部』『ヨハンナの電車のたび』(以上、西村書店)などがある。毎日出版文化賞特別賞(2000年)、日本絵本賞翻訳絵本賞(2015年)受賞。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット