絵本ナビホーム  >  レビューコンテスト   >  音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり。『ぼくのなかのほんとう』みんなの声大募集!

音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり。『ぼくのなかのほんとう』みんなの声大募集!

レビューコンテストにあたって

『ぼくのなかのほんとう』は『のっぽのサラ』(ニューベリー賞受賞)などで有名なアメリカの作家、
パトリシア・マクラクランの作品です。生活がどんなに便利になっても人間の心は豊かに満たされたものにはなっていない今の社会で、家族をテーマにした作品を多く書いている作家です。忙しい音楽家の両親、ひとりっこのさびしい「ぼく」。そんな「ぼく」に両親はイヌをもらってくれますが、夏には「ぼく」をおいて、長期の演奏旅行に行ってしまいます。しかし両親にかわって夏の間、「ぼく」が仲良しのイヌのエリーと一緒に預けられた祖母マッディのまわりには、「ぼく」を支えてくれる大人たちや、動物たちがいました。
彼らに囲まれて「ぼく」がどんなふうにかわっていくのか、子どもたちはもちろん、大人の方にも読んでいただきたい一冊です。

対象作品

  • ぼくのなかのほんとう

    • 一章ためしよみする

    ぼくのなかのほんとう

    作: パトリシア・マクラクラン
    訳: 若林千鶴
    絵: たるいし まこ
    出版社:リーブル

    「ぼく」の名前はロバート。ひとりっ子だ。父さんと母さんは音楽家。家ではいつもバイオリンやピアノの練習をしている。ぼくは、兄弟がほしかったけれど、母さんたちは、犬をいっぴきもらってくれた。エリーという名前をつけた。エリーは、ぼくの親友になった。今年の夏も母さんたちは、演奏旅行で忙しい。それで、ぼくは、おばあちゃんのマッディの家へ行くことになった…。そこで過ごした夏の日々を、マッディやその友人のお医者さんのヘンリー、エリーや森の動物たちを通して、「ぼく」がぼくのなかにある「ほんとうのこと」を見つけていくものがたりです。

賞品

ぼくのなかのほんとう章

Wネームサイン色紙  1名様

画家のたるいしさん、訳者の若林さんの、Wネームサイン色紙を1名様にプレゼントいたします!

絵本ナビ賞

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

期間中、新規にご投稿いただいた方で、掲載条件を満たした方すべてに、通常の掲載ポイント20ポイントに加え、ボーナスポイント80ポイントを付与します。

※絵本ナビポイントは1ポイント=1円として、絵本ナビのお買い物にご利用いただけます。
※ポイントについてさらに詳しく知りたい方は「よくあるご質問」をご確認ください。
※絵本ナビポイントは応募期間終了後に加算いたします。
プレミアム会員ならさらに100ptゲット!
プレミアム会員は、レビュー投稿ポイント・レビューコンテストポイントが2倍になります。(※初回掲載ポイントは2倍ではありません)
レビュー投稿前にぜひプレミアムサービスにご登録ください♪
プレミアムサービスのご登録はこちら

応募ルール

募集期間 2017年4月27日(木)0:00〜2017年5月24日(水)23:59
募集内容 『ぼくのなかのほんとう』のレビュー(感想、エピソード)
応募方法 このページの「この絵本のレビューを書く」ボタンか、作品詳細ページからご応募ください。(投稿は1作品に付き、お一人様1回限りです)
発表について 2017年6月中旬を予定
入賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。入賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項 ※関係者のご応募はできません。
※投稿後、掲載後のレビューの再投稿も受付けますが、再投稿の場合はポイント付与の対象とはなりませんのでご注意ください。

著者紹介

  • パトリシア・マクラクラン

    アメリカ、ワイオミング州生まれ。コネチカット大学卒業後、英語教員になる。 『のっぽのサラ』(徳間書店)で、ニューベリー賞を受賞。家族愛をテーマに人間の温かさと優しさあふれる作品に定評がある。『七つのキスと三つのきまり』『わたしさがしのかくれんぼ』『おじいちゃんの目、ぼくの目』(以上文研出版)『草原のサラ』『犬のことばが聞こえたら』(以上徳間書店)『やっとアーサーとよんでくれたね』(さ・え・ら書房)など多数の作品がある。

  • 若林千鶴

    大阪府生まれ。大阪教育大学大学院修了。公立中学校で長年「たのしく読んで考える読書」を中心に指導と実践をしてきた。著書に『学校図書館を子どもたちと楽しもう』(青弓社)『読書感想文を楽しもう』(全国学校図書館協議会)ほか。訳書に『はばたけ、ルイ!』(リーブル)『スターリンの鼻が落っこちた』『アルカーディのゴール』(以上岩波書店)『ぼくと象のものがたり』(鈴木出版)『わたし、アンバー・ブラウン』(文研出版)ほか多数。大阪在住。

  • たるいし まこ

    神奈川県茅ケ崎市生まれ。多摩美術大学卒業。小さい頃から動物の絵を描くのが好きで、現在は絵本作家として子どもの本を数多く出版している。主な作品に『もりのふゆじたく』『きのみのケーキ』『あいうえおおきなだいふくだ』『サンタさんからきたてがみ』(以上福音館書店)『ライオンとぼく』(偕成社)『おかあさんのおべんとう』(童心社)『わすれたっていいんだよ』(光村教育図書)ほか多数。日本児童出版美術家連盟会員。

その他のおすすめ作品


はばたけ、ルイ!
少年ルイ・アームストロングとコルネットの真実の物語
ミュリエル・ハリス・ワインスティーン作 若林千鶴訳

偉大なジャズ・ミュージシャン、ルイ・アームストロングの少年時代から本格的なデビューまでを描いた伝記的物語です。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット