ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「ディアカーズの名入れ絵本」テオドール・スキルマンさん、平井圭子さんインタビュー

「ディアカーズの名入れ絵本」テオドール・スキルマンさん、平井圭子さんインタビュー

みなさんは「名入れ絵本」を知っていますか? 出産祝や、お誕生日のギフトに、名前入り絵本を選ぶ方が増えています。大切な誰かのお名前が、絵本の中に記され、プレゼントされたひとにとってオリジナルの一冊になるなんて素敵ですよね。
1992年の名入れ品(パーソナライズド商品)の企画・販売事業を開始以来、愛らしいキャラクター商品と豊富なラインナップで、認知されるようになった「ディアカーズ」。その後、名入れ絵本を作りはじめた背景にはどんな思いがあったのか、社長のスキルマン・テオドール・マーチインさんと、名入れ絵本の企画を立ち上げた同社取締役の平井圭子さんにお話をうかがいました。

名入れ絵本ってなに?

───「名入れ絵本」と聞くと、きっといい記念になるんだろうなと思いつつも、具体的にはイメージが思い浮かばない方もいらっしゃるかと思うんですけど、どういうものなんですか?

スキルマン:日本では、「名入れ」があまりポピュラーでないかもしれませんね。よくあるのは、賞状やトロフィーでしょうか。

平井:お誕生日のケーキに「○○ちゃん、おたんじょうびおめでとう」と名前を入れるのは、すっかりポピュラーになりましたよね。昔からヨーロッパやアメリカで、名前を入れた贈り物をするのは、珍しくありませんでした。ステーショナリーに名前を刻んだり、アクセサリーに名前を入れて贈ったりを考えると想像できるかもしれません。
同じように、「名入れ絵本」は、贈る相手のお名前を入れて1冊1冊作ることができる絵本です。

───1冊ずつ注文を受けて作るギフト絵本なんですね。どんなときに注文があるのですか。


平井:お誕生日の贈り物や、出産祝いとしてご注文される方が多いです。また、ご入学のタイミングで『学校へいこう!』や、季節のイベントにあわせて『メリークリスマス』『ハッピーニューイヤー』など、いろんなストーリーと絵やキャラクターのなかから選んでご注文いただきます。

───実際に、どのように名前が入るのですか。

平井:まずは、表紙のタイトル部分。このタイプのディズニー絵本だと、表紙の窓から、中に印刷されたタイトルが見られるようになっています。プレゼントのお相手が「ななみちゃん」の場合、『HAPPY BIRTHDAY ななみちゃん』が絵本の題名です。
お話の中にもお名前が入ります。イーヨーが「ぼく、ななみちゃんのたんじょうかいへよばれてるの」と言ってプレゼントは何にしようか悩んでいると、プーさんが「ねえピグレット、ぼくのだいすきなハチミツ、きっとななみちゃんもだいすきだよね」。ハチミツをもって誕生会へ出かけたプーさんは、ひと休みしたとき、おいしそうなハチミツをつい食べはじめてしまって・・・「しまった。ななみちゃんのプレゼント、ぜんぶたべちゃった」。

名入れ絵本 ハッピーバースデー
名入れ絵本 ハッピーバースデーの試し読みができます!
出版社:スキルマン

100エーカーの森で暮らすプーさんと仲間たちがお子さまの誕生日をお祝いしてくれます。お子さまの誕生日会にお呼ばれされたイーヨーは、何をプレゼントしたらいいか悩んでしまって落ち込んでいました。そこへ、くまのプーさんがやってきます。友達のイーヨーのためにプーさんとピグレットは一緒にプレゼントを考えて・・・。困っている友達イーヨーのためにプーさんやピグレットが考え行動する物語は、思いやりの大切さを教えてくれる心が温かくなる物語。物語の中にお子さまの名前が登場し、中表紙にはお子さまの名前・贈り主・お子さまの誕生歳・記念の日付が入ります。絵本はギフトボックスに入っており、スタンドがついていますので、読まない時はお部屋に飾ることもできます。©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A.Milne and E.H. Shepard.

───プーさんらしい!(笑) お話の中に何度も名前が出てくるんですね。まるで、大好きなディズニーのキャラクターたちと一緒にいるみたい。これって、すごいことですよね。子どもは夢中になっちゃう。

平井:「プーさん」は、歴史あるディズニー社のキャラクターの中でも、子どもの情緒面を細やかに表現したストーリーや世界観が時を重ねてもちっとも古くならない、日本の子どもたちにとっても永遠のキャラクターなんですよね。
『HAPPY BIRTHDAY』の最後は、「○○ちゃんも、ぼくみたいにたくさんのすてきなおともだちをつくれますように。おたんじょうびおめでとう」というイーヨーからのメッセージで終わります。


巻末には、写真を貼ったり、身長・体重などを記入できるページもあります。


誕生日は一年に一回、だれにでも来るとくべつな日。ディアカーズの名入れ絵本のなかでも、一番人気です。他に、リロの家に来たスティッチが、家族になってバースデーケーキを作ってくれる『おたんじょうびおめでとう』、ミッキーが楽しかったバースデーのお話をする『おたんじょうびおめでとう』などがあります。カーズが好きな男の子には『メーターのサプライズバースデー』。プリンセス好きの女の子には、6人のディズニーのプリンセスがそれぞれお話とバースデーメッセージをプレゼントしてくれる絵本が人気!

◆「ディアカーズの名入れ絵本」シリーズ
http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=2758

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー
2016新商品「根付け鈴」も登場!
全ページためしよみ
年齢別絵本セット