3歳 夏のおけいこ 新装版 3歳 夏のおけいこ 新装版
監・著: わだ ことみ  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  シリーズ誕生10周年記念!『もったいないばあさん てんごくと じごくのはなし』真珠まりこさんインタビュー

もったいないには愛がある

───毎日新聞の連載「もったいないばあさん日記」が、もう長くつづいていますね。


毎日新聞連載「もったいないばあさん日記」の記念すべき初回。(「毎日新聞」2005年10月26日(水)付より)※毎月第4水曜日に現在も「本はともだち」コーナーにて好評連載中

今年100回を超えて10年目に入りました。もったいないばあさんの人となり、日常のくらしぶりなどがよくわかる内容です。ちょっと深くていい話がもりだくさんなんですよ。
初回はおかずの残りものをおいしくたべさせてくれる「もったいない焼きスペシャル」が有名なお好み焼きやさんの話。「わし、お好み焼きを愛しとるんや」と店の主人が言います。それに対してもったいないばあさんは「もったいないには愛がある。愛があるからもったいない。」と言って締めくくります。

───愛があるからもったいない。いい言葉ですね!

「もったいないばあさん」の「もったいない」っていったいなんだろう。いろいろなところで連載をして、絵本をつくっていくなかでだんだんわかってきたことがあります。
読者の小さな男の子に、「もったいないばあさんって、けちんぼのおばあちゃんだね」って言われたことがあるんですが、なんかちがうんじゃないかなと思ったんです。なにがちがうんだろうって、もう一度考えました。
「もったいない」という言葉には、つくってくれた人への感謝の気持ち、思いやりのやさしい気持ち、愛情がこめられています。大事にしたいから、「もったいない」なんですよね。だけどケチは、自分だけのものだとか、人にはあげたくないというニュアンスが入っている、執着だと思うんです。
MOTTAINAI運動に力を注いだマータイさんは、リユース(再使用)、リデュース(消費削減)、リサイクル(再生利用)の3Rだけではなくて、4つめのR、リスペクト(相手を尊重すること)があるからこそ、もったいないは世界平和につながるのだ、とおっしゃっていました。資源は限られているから、奪い合えば争いが起きる。「もったいない」の心で皆が分け合えば、平和な世界ができるのだと。
マータイさんともったいないばあさんは、同じことをメッセージとして発しています。マータイさんは、だからこそ期待をこめて「もったいないばあさん、がんばってね」と言ってくれたのだろうと思うんです。

───そういえば、もったいないばあさんのかたき役、「がちゃばあ」というケチのおばあさんが、『もったいないこと してないかい?』に出てきますね。


がちゃばあは、本名、金山がちゃこさん。

「がちゃばあ」は、新しいものが大好きで、ものを買いかえるたびにまだ使えるものを山ほど捨てて、いつももったいないばあさんに怒られています。そのうえ、自分のものは自分だけと執着する。お金持ちなのに、けちんぼ。だけどなぜか憎めないおばちゃんです。

───たしかに一般的には、節約とケチって、ひとまとめになりがちかも・・・。

「もったいない」はただの節約や、ケチじゃないですよね。もったいないばあさんは、七五三のときに買ってもらったかんざしのように、愛着のあるものを長く大事につかいます。
連載をはじめたときは、暗中模索というか、もったいないばあさんらしい「もったいない」をどんなふうに表現していったらいいか、とても悩みました。暮らしの知恵を本で読んだり、ひとに話を聞いたりしましたが、やっぱり自分でやってみないと書けないから、ぜんぶ試してみました。

───えっ、連載に出てくる、もったいないばあさんの知恵を、ぜんぶご自身でやってみるんですか? それはたいへん・・・。


たいへんだけど、興味もあって楽しんでやっています。自分の手をうごかしていろいろ試すうちに、作者である私の生活もずいぶん変わりました。保存食も手作りするようになりましたし。そしてそれが楽しいっていうこともわかって、よかったです。

───真珠まりこさんは、絵本ができあがるまでに、何度も子どもたちに読み聞かせをされるとか。
全国をお話会などで飛び回り、とても行動的でいらっしゃると感じるんですが、日々の行動から作品が生まれる実感はありますか?

そうですね、あるかもしれません。
今回も、『もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし』ができあがるまでに、いろいろなところで読みました。お話会や講演会で、最後にちょっとしたサービスのつもりで「まだ出てないんですけど、読みますね」とカラーの校正紙などを広げながら読むと、みなさん喜んで聞いてくださいました。
昨日は、幼稚園の4歳児クラスで読んでみたんですけど、裏表紙のスプーン(天国のスプーンと地獄のスプーン)に、熱心に反応してくれました(笑)。みんなで「スプーン、スプーン!」って指さして。そして、地獄の人たちが食べにくいことを、すごーく気にしていました(笑)。ちっちゃい子たちなりに、「口に入らない」ってことを、いっしょうけんめい想像してたんじゃないかなあと思います。「こんなにながーいスプーンだから、じぶんでたべようとおもったらたべにくくて、いっぱいこぼしちゃったんだね」って話したら、「ふうーん」って(笑)。

───子どもたちなりに、いっしょうけんめい考えてる(笑)。出版後の反応が楽しみですね。

絵本の中では、なにがどうしてもったいないということは言っていないんですが、なぜ地獄ではもったいないことがあって、天国ではなかったか、大切なことは何か、ということまで、自分で考えるようになってくれたらいいなと思います。

「もったいないばあさんのワールドレポート展」では、「自分さえよければと思わず、分け合う気持ちがあれば平和な世界がかならずできる」というメッセージを伝えていますが、これは、『もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし』にも共通する大事なメッセージ。
スープは、赤ちゃんからお年寄りまで、みんなが食べられるやさしい食べもの。そして日本だけでなく、世界中の人たちが共通して食べているもの。もったいないばあさんのメッセージを、絵本を通して世界中の人たちに伝えられたらうれしいです。

───もったいないばあさん誕生10年間のお話をうかがって、ますますこのシリーズの新作が楽しみになりました!
今後はどんなお仕事をされていきたいですか?

「もったいないばあさん」は、もはやライフワーク。今の時代に必要なメッセージを伝えるおばあさんだと、私は本当に思っています。
「もったいない」は元々仏教の言葉で、命の大切さを伝えることばなのだそうです。
自然といただく命に感謝して大切にすること、命があるものを粗末にするのはもったいないということ、命こそが一番大切なものだということなど、これからも、大事なことをできるだけわかりやすく伝えていけたらと思います。
そして、楽しい絵本も、こんな本が作りたかったと思えるような満足のいく作品も、ひとつひとつ大事につくっていきたいです。

───ありがとうございました!




真珠まりこさんHP
http://www.marikoshinju.com/
もったいないばあさんHP
http://www.mottainai.com/
「もったいないばあさん音頭」動画大募集
http://ehon.kodansha.co.jp/event_list/19.html


もったいないばあさん、きょうはありがとうございました!

編集後記(おまけ)


こちらは最初の絵本『もったいないばあさん』のワンシーン。洗面台の絵は、じつはフランスのインテリアが好きな真珠まりこさんが、フランスのインテリア雑誌を見ながら、かわいい!と自分が思えるものを、単純な線にデフォルメしながらこだわって描いたそう。一枚一枚の絵を、愛情をこめてつくりあげていることが、ひしひしと伝わってくるインタビューでした。
『もったいないばあさん』持ちこみのエピソードから、現在のメッセージまで、どんなことも言葉を尽くして真摯にお話してくださいながらも、ちらっと見せてくださるやわらかな表情が、とてもチャーミング!
もったいないばあさんがみんなのアイドル(!?)になったわけが、わかったような気がします。
さて『もったいないばあさんの てんごくと じごくのはなし』は・・・子どもたちがどんな反応をするのか、ぜひ読んでみてくださいね!


 class=

インタビュー:磯崎園子(絵本ナビ編集長)
文・構成:大和田佳世(絵本ナビライター)


出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

真珠まりこ(しんじゅまりこ)

  • 神戸生まれ。
    神戸女学院大学卒業後、大阪総合デザイン専門学校の絵本科及びニューヨークのパーソンズデザイン学校で絵本制作を学ぶ。アメリカで出版されたはじめての絵本"A Pumpkin Story" は、後に『かぼちゃものがたり』(学習研究社)として日本でも出版された。絵本「もったいないばあさん」(講談社)シリーズで、第15,16,18回けんぶち絵本の里大賞及び第20回けんぶち絵本の里びばからす賞受賞。
    現在、「もったいないばあさんのワールドレポート展」を開催、現在、環境省・地球生きもの応援団メンバー。
    作品は、他に『おべんとうバス』『おでんのゆ』(共にひさかかたチャイルド)、『ハートリペアショップ』(岩崎書展)『チョコだるま』(ほるぷ出版)など。

作品紹介

もったいないばあさん
もったいないばあさんの試し読みができます!
作:真珠 まりこ
出版社:講談社
もったいないばあさんがくるよ!
作・絵:真珠 まりこ
出版社:講談社
もったいない こと して ないかい?
作・絵:真珠 まりこ
出版社:講談社
もったいないばあさんの いただきます
もったいないばあさんの いただきますの試し読みができます!
作・絵:真珠 まりこ
出版社:講談社
もったいないばあさん もりへ いく
もったいないばあさん もりへ いくの試し読みができます!
作・絵:真珠 まりこ
出版社:講談社
もったいないばあさん まほうの くにへ
もったいないばあさん まほうの くにへの試し読みができます!
作・絵:真珠 まりこ
マジック監修:大友 剛
出版社:講談社
CDブック もったいないばあさん音頭
作・絵:真珠 まりこ
出版社:講談社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット