ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん ばけくらべの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん  ばけくらべの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト、スタートしました!
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  日本最高齢更新!井の頭のゾウ はな子の物語『せかいでいちばん 手がかかるゾウ』北村直子さんインタビュー

日本最高齢更新!井の頭のゾウ はな子の物語『せかいでいちばん 手がかかるゾウ』北村直子さんインタビュー

「世界で一番手がかかるゾウ」と呼ばれているゾウが、東京都武蔵野市にある井の頭自然文化園にいることを知っていますか? ゾウの名前は「はな子」。2015年1月に68歳を迎えた日本最高齢のアジアゾウです。はな子がどうして「世界で一番手がかかるゾウ」と呼ばれるようになったのか…その訳は絵本『せかいでいちばん手がかかるゾウ』(教育評論社)に描かれています。はな子の日本最高齢更新を記念して、作者の北村直子さん、そして実際にはな子に会いに行ってきました。

せかいでいちばん 手がかかるゾウ
せかいでいちばん 手がかかるゾウの試し読みができます!
文:井の頭自然文化園
絵:北村 直子
出版社:教育評論社

日本で一番 おばあさんのゾウは、世界で一番 手がかかるゾウといわれています。 東京にある小さな動物園、井の頭自然文化園にゾウ一頭が暮らしています。 はな子は、鼻は白っぽくなり 体には深いしわがたくさん。日本で一番のおばあさんのゾウです。じつは、はな子は“せかいでいちばん 手がかかるゾウ”といわれています。 その理由は……

はな子の暮らす、井の頭自然文化園を訪れたのは12月の風の冷たい日。でも、はな子は元気に私たちの前に姿を見せてくれました。

『せかいでいちばん手がかかるゾウ』は、井の頭自然文化園で実際にはな子の飼育を担当している飼育員の方たちの協力があって生まれた絵本です。

今回は特別に井の頭自然文化園の成島悦雄園長に、はな子についておはなしを伺うことができました!>>>

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!
【0歳】絵本ギフトセット

北村 直子(きたむらなおこ)

  • グラフィックデザイナー、イラストレーター。1975年、東京都生まれ。多摩美術大学絵画科油画卒業。東京都の動物園、井の頭自然文化園でポスターや展示デザインをするかたわら、広告、装丁などのイラストやデザインを手がける。主な作品に、絵本『おでかけ どうぶつえん』(学研教育出版)、『おならゴリラ』(偕成社)、『珍獣図鑑』(ハッピーオウル社)など。

成島 悦雄(なるしまえつお)

  • 東京都井の頭自然文化園園長。1949年、栃木県生まれ。東京農工大学卒業後、上野動物園、多摩動物公園の動物病院勤務などを経て、2009年より井の頭自然文化園園長。日本獣医生命科学大学客員教授、日本野生動物医学会評議員。図鑑などの監修を多く手がけるほか、著書に『珍獣図鑑』(ハッピーオウル社)など

作品紹介

せかいでいちばん 手がかかるゾウ
せかいでいちばん 手がかかるゾウの試し読みができます!
文:井の頭自然文化園
絵:北村 直子
出版社:教育評論社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット