しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  ハロウィンシーズンにもオススメ!『まじょのルマニオさん』 谷口智則さん インタビュー

自分と重なり合わせることで生まれるものがたり。

───谷口さんというとやはり、サルのキャラクターが印象に残ります。このサルくんが主人公の絵本は『サルくんとお月さま』『サルくんとバナナのゆうえんち』そして8月に出版したばかりの『カメくんとアップルパイ』(アリス館)にもサルくんが登場しますよね。

サルのキャラクターは学生の頃、ぼくがノートの端っこに描いていたキャラクターで、これで何か、おはなしができないかな……と思って作ったのが『サルくんとお月さま』なんです。

───谷口さんの描くサルくんの姿には、どことなく孤独や寂しさを感じました。

どの作品も共通して、登場人物を自分自身に置き換えて描いています。『サルくんとお月さま』を描いたとき、大学4年生の僕は、将来の仕事として絵本を作りたいけれど、ぼくの絵本が人のためになるのか悩みも持っていました。それで、自分を励ます意味も込めて作った作品なんです。サルくんがぼくで、お月様が読者。泣いているお月さま(読者)をどうやったら笑顔にできるというかというのがテーマで、サルくんもぼくも特技を駆使して、お月さまを笑顔にするため奮闘します。初期の作品はどれも、自分の個性ややりたいことを肯定させるための作品だったと思います。

───最初の頃ということは、今はテーマも変わってきているんですか?

最近は家族も増えて、一人でいるよりも誰かといる方が楽しい、みんなでなにかをすることをテーマに作品を作っていっているように感じます。

───『サルくんとバナナのゆうえんち』では、ひとりぼっちで何をやっても楽しくないと思っているサルくんがバナナのゆうえんちに迷い込むおはなし。ゾウのジェットコースターやクジャクのかんらんしゃ、バナナひこうきなど、アトラクションはどれもワクワクものばかりで、ほかの動物たちは楽しんでいますが、サルくんの表情はやっぱりまだ少しさみしさを感じます。

バナナのゆうえんちは、ぼくの中のバーチャルな世界のイメージでもあります。ページの隅のバナナが徐々に減っていくのも、ゲームのライフが減っているような感覚。今、バーチャルの世界がものすごく充実していて、そこで買い物をしたり、友達を作ったり、何でもできる時代だけど、もっと身近な友達と遊んだ方が楽しいんじゃないかというテーマも根底には含んでいるんです。

───なるほど。裏表紙の誰もいないけど、椅子や窓辺に置いてある植木鉢から、サルくんとうさぎさんが幸せに暮らしている様子が感じられますよね。

言葉が無くて、本人たちがいなくても絵で想像できる。そういうページを描きたかったので、ぼくのなかでは結構、重要な場面なので、見てもらえてうれしいです。

───『100にんのサンタクロース』はフランスの出版社から絵本を出してきた谷口さんの、日本での凱旋作とも呼べる作品だと思いました。表紙のインパクトも抜群ですし、サンタクロースが100人もいる設定もおもしろい! このおはなしはどうやって生まれたんですか?

最初に「100にんのサンタクロース」というタイトルが思い浮かんで、どんなサンタクロースがいるといいかな……と、サンタのアイディアを出していくところからおはなしを作っていきました。

───おはなしの中にしっかりとサンタクロースが100人出てくるのもおもしろいし、それぞれ役割に合った名前がついているのも、探し絵遊びの要素もあって、子どもは大好きですよね。

絵本の中には直接名前が出てこないサンタクロースもいるんですが、後ろの見返しには100人全員の名前を載せています。1度だけじゃなく、2度、3度と楽しんでもらえたら嬉しいですね。

───『100にんのサンタクロース』のキャラクターは絵本以外にも、ショッピングモールのクリスマスデザインとして使われるなど、幅広い展開を見せていますね。

そうなんです。ショッピングモールのイベントでは、『100にんのサンタクロース』の立体オブジェが登場しました。今、ぼくの地元の四條畷市にある色んなお店にもサンタクロースのオブジェを登場させようという計画も進んでいるんです。

───地元全体が谷口さんのサンタワールドになるんですね。

はい。サンタクロースは今、zoologiqueをはじめ、10体が街に設置されています。
5年後には100人すべてがそろう予定です。

───それは、インパクト抜群ですね!  5年後に100人のサンタめぐりをしに来たいです。今手がけている作品、これから出る予定の作品にはどんなものがありますか?

11月には、『100にんのサンタクロース』の前日談でもある『おおきいサンタとちいさいサンタ』が出版予定です。この作品は「LES 2PERES NOEL」というタイトルですでにフランスで出版しているのですが、今回ページ数も判型も変わって、新しい形で日本版が出版になります。

───『100にんのサンタクロース』に登場したリーダーのおおきいサンタとちいさいサンタがどうやって出会ったのかが描かれている絵本ですね。

両方読むと、サンタクロースがもっともっと好きになると思います。あと、10月には「100にんのサンタクロースカレンダー2016」が発売予定です。ぼくのサンタクロースは季節を問わず楽しんでいただけると思うので、ぜひ、おうちに飾ってもらえたら嬉しいです。



「100にんのサンタクロースカレンダー 2016」
作:谷口智則 サイズ:ページ数 14枚(表紙絵込み)、使用時サイズ 46cm×30cm 
価格:本体1200円+税
ISBN:978-4-7999-0141-0

───新作も楽しみですが、フランスの出版社さんから出ている本が、日本でも読めるようになるのはファンとして嬉しいですね。

ぼくも、フランスで出した本を日本の皆さんに手に取ってもらえるようになるのはすごく嬉しいです。ただ、1冊だけ、特殊な条件をクリアしないと出版できない作品があって……。すごくいいおはなしなので、日本でも出版したいと思っているのですが……。

───いったい、どこが特殊なのでしょうか? せっかくなので、読み聞かせをしてもらっても良いですか?

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

───ありがとうございます。たしかに、どんな印刷技術で出版されるのか、気になりますね。でも、いつか、「PINOCCHIO」が日本でも出版されることを願っています。 最後に、絵本ナビユーザーにメッセージをお願いします。

ひとりでいる寂しさを知らなかったルマニオさんが、怪我をした小鳥と出会うことで、孤独と友達がいることの幸せに気づくおはなしです。ストーリーはもちろん、呪文を声に出して読むととってもおもしろいので、ぜひ「ルマニオ ルマニオ……」の部分は家族で、友達で、読んでみてください。ハロウィーンシーズンにもオススメです!



───ありがとうございました。

gallery&cafe Zoologique 

住所:大阪府四條畷市南野1丁目7番2号 1F
tel:072-396-5233 営業時間:11:00-18:00 
定休日:日曜、月曜 
mail:zoologique.gallery@gmail.com

編集後記

絵本から優しさと寂しさが絶妙なバランスで共存しているような印象を受けていた谷口智則さん。実際にお会いした谷口さんは、なんと黒い帽子に黒い服、丸いメガネに赤い靴……と、ルマニオさんに合わせたコーディネイト! とってもオチャメな面もある方でした。『100にんのサンタクロース』のサインには、読者の方のお気に入りのサンタクロースを描いてくれるというサービスぶり。思い切って、「絵本ナビサンタ」をリクエスト。今年のクリスマスにはこのサンタが絵本ナビにやってくるかもしれません。

 class=

インタビュー・文: 木村春子(絵本ナビライター) 撮影:所靖子

出版社おすすめ



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本
年齢別絵本セット&学年別児童書セット

谷口智則(たにぐちとものり)

  • 1978年大阪府生まれ。金沢美術工芸大学日本画専攻卒業。
    20歳の時にボローニャ国際絵本原画展を見て、独学で絵本を作りはじめる。
    絵本「サルくんとお月さま」で絵本作家としてデビューしたのち、フランスの出版社Le petit lezard社より絵本「CACHE CACHE」をはじめ、日本だけでなくフランスやイタリアなどで数々の絵本を出版。以降絵本の世界にとどまらず、テレビ、雑誌、企業広告、商品パッケージ、店舗デザインなどあらゆるメディアで活躍の場を広げる。
    今後の活躍が最も期待されつつある、日本人絵本作家の1人。読んだ人が絵本の世界に入り込め、登場人物の想いや言葉が空間に浮かんでくるような絵本作りを心がけ、たとえ言葉が通じなくても、子どもから大人まで世界中の人びとに想いと感動が伝わるような絵本作りを目指している。

作品紹介

まじょのルマニオさん
まじょのルマニオさんの試し読みができます!
作:谷口 智則
出版社:文溪堂
100にんのサンタクロース
100にんのサンタクロースの試し読みができます!
作:谷口 智則
出版社:文溪堂
全ページためしよみ
年齢別絵本セット