しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『将来の学力は10歳までの読書量で決まる!』松永暢史さんインタビュー

『将来の学力は10歳までの読書量で決まる!』松永暢史さんインタビュー

皆さん、お子さんに絵本の読み聞かせはされていますか? 「どんな本を読んだらいいか分からなくて……」「忙しくて、なかなか時間が作れない……」という方も多いと思います。でも、「1日5分の読み聞かせで勉強ができる子に?!」「東大に合格した子の親は、よく読み聞かせをしていた」と聞くと、やっぱり読み聞かせをした方がいいかな……と思うのではないでしょうか? 今回、ご紹介するのは、「受験プロ」として様々なメソッドを開発している、教育環境設定コンサルタント・松永暢史さんの『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』(すばる舎)です。松永さんが提唱する「一音一音ハッキリ読み」とはどんなものか、日本語了解能力を高めるためにオススメの「音に良い」絵本とはなにか……。絵本の新たな可能性を感じるインタビューです。

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!
将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!の試し読みができます!
著:松永 暢史
出版社:すばる舎

東大生の多くが幼少期、絵本の読み聞かせをたくさんしてもらっていた――。読解力は学力の基盤であり、それを培うのが読書。地頭が作られる10歳くらいまでに、どれだけの本を読んだか。読んでもらったか。幼少期の読書体験がその後の学力に大きく影響を及ぼす。 効果的な読み聞かせの方法、どういう本が良いのか、どうしたら子どもが本好きになるのか。また、本を読むことがどれだけ国語力ひいては学力全体を伸ばすことになるのか……。「受験のプロ」として、読書の大切さをおりにふれ力説する著者が、具体的に解説します。〈読むだけで頭が良くなる〉厳選本145冊も紹介!

「日本語了解能力」が飛躍的にアップする「一音一音ハッキリ読み」ってなに?

教育環境設定コンサルタントの松永暢史さんは長年、子どもたちの教育に関わっている中で、小さいうちから、親が熱心に働きかけることで、将来の学力をアップさせる基礎を作る手段として、「読み聞かせ」を推奨してきました。



学力向上に欠かせない力!

・語彙力

・文章理解力

・思考力

・集中力

・表現力

 class=

東大生の親に行ったアンケートでは、みなさん共通して、わが子が小さい頃「読み聞かせ」を熱心に行っていたそうです。


……しかし、ただ読むだけでは、理想的な語彙力や文章理解力はつきません。「絵本に描かれている一字一字のすべてを、子どもの耳から体内へ注入させるようなイメージで読んで聞かせること」が大切なのだそうです。 松永さんはこのような絵本の読み聞かせを「一音一音ハッキリ読み」と名づけ、講演会や勉強会などで広める活動をしてきました。

@口を大きく空けて、すべての音を発音する
 「あ」→最大限に口を開く発音。自分の口にゲンコツを入れるイメージで広げ、腹の底から音を出す
 「い」→「あ」の状態から左右を思いっきり口を引き裂くイメージで。
 「う」→口を前にとがらせて、しっかり止める。
 「え」→唇を少しかたくして、口をやや縦に開いて発音する。
 「お」→口を結びかけて下あごを下げ、口の中に空洞を作る。

A声音は自然な感じで
一音一音聞かせることが目的なので、抑揚をつけずに淡々と読むのが理想。

B文章を変えて読まない
子どもに分かりやすくしようと語尾を変えたり、難しい言葉を簡単な言葉に言い換えたりしない。ただ、絵本に慣れていない子が絵本に関心を引くような問いかけは必要。

C年少ほど、ゆっくり読む
3歳以下の小さいときこそ、より一音一音をはっきりと、大きな声でゆっくり読む。


D寝転がって読む
なかなか集中しない子や、チョロチョロ動きたがる子を絵本に引き込むためのオススメ読み聞かせポーズ。

 class=

「一音一音ハッキリ読み」で読書習慣をつけることで、日本語を用いて、物事を理解、表現する「日本語了解能力」が身につき、国語だけでなくすべての教科に対応できる学力がつくのだそうです。

いかがでしたか? 日本語了解能力が身につく読み聞かせ方法について、興味を持った方も多いのではないでしょうか?

……でも、 

「日本語了解能力が身につく絵本ってどんなもの……?」
「絵本を読む環境を作るためにすることはあるの……?」
など、新たな疑問が出てきた方もいるかもしれません。
そんな疑問や悩みもすべて、『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』に書いてあります。

松永暢史さんがどのような経緯でこの「一音一音ハッキリ読み」を提唱するに至ったのか。「一音一音ハッキリ読み」に向いている絵本の見つけ方とは……? など、より詳しいおはなしを伺いました。

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば
クリスマスに、お正月に、特別なプレゼント。

松永暢史(まつながのぶふみ)

  • 1957年東京都生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科卒。教育環境設定コンサルタント。「受験のプロ」として音読法、作文法、サイコロ学習法、短期英語学習法など、さまざまなメソッドを開発している。教育や学習の悩みに答える教育相談事務所V-net(ブイネット)を主宰。『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』(扶桑社)が30万部のベストセラーとなり、シリーズ累計60万部に。他の著書に『今、なぜ、勉強するのか?』(扶桑社)、『男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!』(大和書房)など多数。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット