もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  穏やかな眠りを誘う、おやすみ前にオススメの絵本『ちいさなりすのエメラルド』 そのだえりさんインタビュー

子どもの頃にたくさん絵本を読んだ経験が、絵本作りにも生かされています。

───おはなしを伺うと、そのださんご自身の中に、いろんな絵本のベースがしっかりと根付いている様に感じました。いつから絵本作家になりたいと思うようになったのですか?

大学を卒業して、グラフィックデザイナーになるために東洋美術学校のグラフィック・デザイン科に通いました。専門学校在学中に、友達数人とグループ展をする機会があって、後に絵本にもなったワニのキャラクターの絵を展示したんです。そのグループ展に来てくださった方から「ミヒャエル・ゾーヴァに似ているね」と言われて、そのときは失礼ながら、ゾーヴァさんを存じ上げなかったので、画集を買ってみたんです。そうしたら、とても大人っぽい作風なのに、ヨーロッパでは子どもの本の画家として認められている……まずその部分に感動して、絵本に興味を持つようになりました。ちょうど専門学校に絵本のクラスがあったので受講して、その授業の中で「ボローニャ国際絵本原画展」のことを知ったんです。原画が5枚あれば応募できるというので、早速、グループ展のときのワニの絵を描き直して応募したら嬉しいことに入選することができ、その年にボローニャに持ち込みに行きました。

───そこから生まれたのが"Service De Nuit"。フランスのLirabelle(リラ・ベル)社から出版されている絵本ですね。


”Service De Nuit”より

そうです。フランス語タイトルですが、中は日本語とフランス語、二か国語で描いています。

───フランスで絵本作家デビューなんて、とってもオシャレですね! 絵を見ていると、光の描き方や暗闇とのコントラストなど、『ちいさなりすのエメラルド』に通じるものがあるように思います。おはなしのストーリーを考えるのは、当時から得意だったのですか?

いいえ。今でも絵を描くよりおはなしを考える方が毎回苦しみます。でも、子どもの頃、いろいろな絵本や物語など数多く読んでいた経験があるので、そういったベースが、今の絵本作りにとても役立っていると思います。

───子どもの頃に好きだった絵本はなんですか?

数はたくさん読んでいたのですが、特に大好きだったのが『そらいろのたね』と『さむがりやのサンタ』、そして「おさるのジョージ」シリーズ。「おさるのジョージ」は、日本語版と英語版の両方を今も大切に持っています。あと、すでに絶版になっているのですが、『おりょうりのもり』(文:舟崎靖子、絵:野田亜人)という作品も大好きでした。

───本当にたくさん絵本や児童書を読んでいらっしゃるんですね。

はい。今は、姪っ子に読んであげたりして、一緒に楽しんでいます。

───それは、姪っ子さんも大喜びですね! 姪っ子さんのお気に入りの絵本はなんですか?

てぶくろ』は、動物が増えてきたら、早口で読むのが、私も姪っ子もお気に入り。『わたしのワンピース』では、ワンピースに柄が移ったとき、彼女の顔がキラキラと輝いて、物語に入り込んだ瞬間が見えました。『もりのなか』は最初、モノクロの絵本だから、こわがるかな…と思ったんですが、すごくひきつけられていました。そのほかにも、『たいようオルガン』や『わにわにのおふろ』など、まだまだいっぱいあります。

───姪っ子さんともたくさん絵本を読んでいるんですね! 

姪っ子は本当に素直に絵本を楽しんでいて、彼女の姿を見ていると学ぶところが多いんです。

───『ちいさなりすのエメラルド』も姪っ子さんに読んであげましたか?

制作中に遊びに来てくれたことはあったので絵は見せているんですが、おはなしはまだ未完成だったので、読み聞かせはしていないんです。絵本が完成したら、一緒に楽しもうと思っています。

───姪っ子さんが、どんな風に楽しんでくれるかドキドキしますね。

そうですね。姪っ子だけでなく、絵本を手に取ってくださった方みなさんが、どんなふうに読んでいただけるのか、ワクワクドキドキします。

───絵本ナビスタッフ一同、このかわいいりすのエメラルドを大プッシュしていきたいと思います! 最後に、絵本ナビユーザーのみなさんにコメントをお願いします。

『ちいさなりすのエメラルド』、最後の見返しの隅っこまで楽しんで作りました。一冊まるごと可愛がっていただけたら嬉しいです。明るいときに読むのも良いですが、どちらかというと、眠る前に読んで、穏やかな気持ちになっていただきたい……と思いながら描いた絵本です。

───エメラルドと一緒に眠る前の冒険をして、お布団に入ったらすぐに眠くなっちゃいそうですね。

そうなったら嬉しいんですが、そうならないこともあると思いますので、ぜひ自由に読んでいただきたいです。どんなふうに楽しんでいただけるか、お声を聞くのを楽しみにしております。もしよかったら、ご感想をおきかせください。

───今日は本当にありがとうございました。

『ちいさなリスのエメラルド』の原画展が開催されます

『ちいさなりすのエメラルド』刊行を記念して、丸善丸の内本店で原画展が開催されます。 かわいいエメラルドに会いにきてください。

場所:丸善 丸の内本店3F児童書コーナー
開催日時:2016年02月16日(火)〜3月14日(月)
9:00〜20:00

お問い合わせ:丸善丸の内本店 和書グループ
03-5288-8881(営業時間 9:00〜21:00)

 class=

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

そのだえり(ソノダエリ)

  • 昭和女子大学にて住居建築を学んだ跡、東洋美術学校グラフィック・デザイン科を卒業。2007年、ボローニャ国際絵本原画展入選。主な作品に『Service de nuit』(フランス・Liraabelle社)、『いじわるアイザック』(ディスカヴァー21)など。

作品紹介

ちいさなりすのエメラルド
ちいさなりすのエメラルドの試し読みができます!
作:そのだ えり
出版社:文溪堂
全ページためしよみ
年齢別絵本セット