もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  谷川俊太郎自選詩集『そして』発売記念谷川俊太郎さん、下田昌克さんインタビュー

谷川俊太郎自選詩集『そして』発売記念谷川俊太郎さん、下田昌克さんインタビュー

谷川俊太郎さんの自選詩集『そして』(銀の鈴社)は、1980年に出版された選詩集『地球へのピクニック』以降に出版された谷川さんの詩集から、一冊に一篇ずつ選んでまとめられた作品です。シンプルでありながらグッと目を引く表紙や詩に添えられている絵を描かれたのは、イラストレーターの下田昌克さん。今回、谷川さんのアトリエにお邪魔して、お二人に作品が生まれた経緯、どのようなやり取りで詩と絵が決まっていったのかなど、制作秘話を伺いました。お二人の軽快なやり取りにもぜひご注目ください。

革命的な表紙? 自選詩集『そして』ができるまで。

───できあがったばかりの詩集を見せていただきましたが、表紙のデザインがとても格好良いですね。

下田:まさかの箔押し(※)です。

※箔押し……熱と圧力によって、金・銀・色箔の文字や絵柄を入れる特殊な印刷加工。

谷川:玄人好みだよね。読者は気づかないんじゃないかなぁ。

下田:え……そうですか? 結構、思い切ったつもりなんですけどね。

谷川:今の出版界を考えると、すごく革命的な表紙ですよ。みんなド派手なことをしようとするじゃないですか。その中で、これはほんと革命的。

下田:意図せず革命家(笑)。

谷川:触らないと分からないけどね。

下田:……。

谷川:あ、こういうしゃべりが面白いからね。録っておかないと。

───もう録音しています(笑)。今のやり取りからもお二人の仲の良さを感じました。『そして』は、谷川さんが1980年以降に発表された詩集の中から、一冊一篇ずつ選んでまとめた「自選詩集」。とても珍しいタイプの詩集だと思いました。

谷川:「一冊一篇ずつ」っていうのが珍しいですね。以前、ジュニア・ポエム双書で出版した『地球へのピクニック』から30年以上経っていて、その間にもいっぱい詩集を出してきました。その中から選んでいくと、一冊一篇くらいしか選べなかったんです。

───一冊一冊にたくさんの詩が収められていると思うのですが、そこから一篇を選ぶのは大変ではなかったですか?

谷川:まあ、自分の作品ですからね。これを入れたいとかいうのはなくて、「読者がこの詩を読んだときにどう思うか」というのを基準に選びました。それと、ジュニアポエムだから、最初はひらがなの短い詩から入っていって、だんだん長い詩になるようにと、編集者から提案されて、そこは意識しましたね。

───カタカナだけで書かれている詩があって、面白いなと思いました。

谷川:「ミライノコドモ」ですね。詩の内容もジュニアポエムに合っているなと思って選びました。ぼくの詩の中で、カタカナだけで書いたものは割と珍しいのでね。


「ミライノコドモ」

───詩の順番は、詩集が発売された順番になっているのですか?

谷川:いいえ。年代順にはしていないと思います。先ほども言ったように、入り口は、はじめて詩に接する子どもにもわかるように短い作品にして、少しずつ、長くて、読み応えのあるものをまとめました。

下田:今の時代や子ども達の身の回りの変化なども作品選びに関わってきますか?

谷川:もちろんありますよ。ただ、どういう基準だったか言葉にするのはとても難しくて。皮膚感覚というか、全体的な感覚ですよね。

───下田さんは、どの段階で今回の詩集をご覧になったのですか?

下田:ぼくに依頼が来たときは、詩を選び終えていて、順番もだいたい決まっていました。

───最初にこの詩集を読んだときはどう思いましたか?

下田:全部バラバラだなと思いました。だから、ぼくが一本の線でつなげちゃおうかなって考えたんです。


谷川:生意気じゃん! (一同笑)


下田
:「いいアイディアだ!」と思ってはじめてみたのは良いけれど、途中で、本の全ページに絵を描かなきゃいけないことに気づいて「大変だ!」と慌てました。

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


おさかないっぱい!ちんあなごワールドのおあそび絵本
お世話になった方へのプレゼントに。。

谷川俊太郎(タニカワシュンタロウ)

  • 1931年、東京に生まれる。高校卒業後、詩人としてデビュー。1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』(創元社)を刊行。以後、詩、絵本、翻訳など幅広く活躍。1975年日本翻訳文化賞、1988年野間児童文芸賞、1993年萩原朔太郎賞を受賞。ほか受賞多数。絵本作品に『ことばあそびうた』(福音館書店)、『マザー・グースのうた』(草思社)、『これはのみのぴこ』(サンリード刊)、『もこもこもこ』(文研出版)、「まり」(クレヨンハウス刊)、「わたし」(福音館書店)、「ことばとかずのえほん」シリーズ(くもん出版)他多数の作品がある。翻訳作品も多数。

下田昌克(シモダマサカツ)

  • 1967年兵庫県生まれ。1994年から1996年まで世界を旅行。現地で出会った人々のポートレイトを描く。この旅の絵と日記をまとめた「PRIVATE WORLD」(山と渓谷社)をはじめ、「ヒマラヤの下インドの上」(河出書房新社)など著者多数。近著に『アーン』(文:谷川俊太郎 出版社クレヨンハウス)『ぶたラッパ』(谷川俊太郎/文 出版社:そうえん社)など。

作品紹介

そして
著:谷川 俊太郎
絵:下田昌克
出版社:銀の鈴社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット