日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  170種のくだものと木の実がこの1冊に!『くだものと木の実いっぱい絵本』ほりかわりまこさんインタビュー

絵本作りは編集者との二人三脚です。

───大学在学中から絵を描いてきた堀川さんが、絵本作家になろうと思ったのはいつ頃からでしたか?

大学では、デザインの勉強を主にしていました。大学の講師にブックデザイナーの平野甲賀さんがいらして、平野さんに声をかけていただき、本の表紙のイラストを手がけさせてもらったんです。ちょうど同じ頃に、元福武書店の編集者さんと知り合いになって、児童図書出版協会で発行している「こどもの本」という月刊誌に2年間表紙の絵を描かせていただきました。

───児童図書出版協会での仕事が絵本など児童書の仕事につながっているんですか?

その表紙を見た編集者の方から「絵本の絵も描いてみませんか?」と声をかけていただいて、はじめて出版した絵本が『ぼくのシチュー、ままのシチュー』(復刊ドットコム)です。以降、絵本の仕事をいただくようになって、今に至っています。

───絵本以外にもタブロー(絵画作品)や本の表紙、デザインなどいろいろ活躍をされていると思います。

そうですね。個展でタブローを発表し、そして絵本作家としても新しい作品を発表していけたらと思います。

───絵を描くときと、絵本を作るとき、ご自身の中での違いはありますか?

一番の違いは、絵本は編集者さんとの共同作業だということ。今回の『くだものと木の実いっぱい絵本』は、編集者さんの熱意が私にも移って、2人で駆け抜けて生まれた作品だと思っています。ほかの絵本作りでも、編集者さんといろいろな話をしながら、ストーリーを考え進めていきます。悩んだときは編集者さんに相談して、一緒に考えます。こんなにありがたくて楽しいことってそうそうないです。そうやって作っていけることが絵本の特徴だと思っています。

───たしかに、『くだものと木の実いっぱい絵本』では、編集者さんも一緒に果物農家へ取材に行ったり、とても根気強くお二人で作り上げていったことが伝わってきました。

本当に彼女がいなければ、この絵本はできなかったと思います。それと根気(笑)。絵の仕事は特に根気が培われますから、私も「根気があります!」と胸を張っていう自信があります。

───たくさん取材が続いて、くじけたりすることはなかったですか?

くじけるのは簡単ですよね。でも、くじけなければ、そこからもっと面白いものが見つかることは分かっているので、くじけず、しつこく……。
絵本でもタブローでも、作ることにワクワクする気持ちさえあれば、何があっても大丈夫だと思って、これからも描き続けていくんだと思います。

───ステキなおはなしをたくさん伺えました。今日は本当にありがとうございました。

インタビュー動画 公開中!

インタビュー・文: 木村春子
撮影:所靖子

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本
【絵本ナビショッピング】土日・祝日も発送♪

ほりかわりまこ

  • 1965年東京都生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科修了。絵画による個展で作品を発表するいっぽう、子どもの本に絵を描く。絵本も多数制作 。今昔物語絵本シリーズ『大納言とおどるきのこ』『童のおつかい』など(偕成社)、『おへやだいぼうけん』(教育画劇)、『げんくんのまちのおみせやさん』(徳間書店)、『くまちゃんとおじさん、かわをゆく』(ハッピーオウル社)、『氷河鼠の毛皮』(三起商工)、挿絵に『立原道造』(あすなろ書房)ほか。

作品紹介

くだものと木の実いっぱい絵本
くだものと木の実いっぱい絵本の試し読みができます!
作:ほりかわりまこ
監修:三輪 正幸
出版社:あすなろ書房
全ページためしよみ
年齢別絵本セット