しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「あかちゃんとのあそびえほん」シリーズおーなり由子さん はたこうしろうさん インタビュー

───このシリーズは、触れ合いのあたたかさを肌感覚で感じられる絵本だと思います。おーなりさんの著書『だんだんおかあさんになっていく』(PHPエディターズ・グループ)の詩の中にある、「言葉よりもたしかなもの」という言葉が、この絵本に繋がっているように思いました。

おーなり:だっこしたり、触ったり、声を聞いたり、わらったり。あったかいとかつめたいとか、そういうことは、ほんとうは、人間にとって、言葉よりもたしかなんじゃないかと思うんです。わたしは、言葉の通じない赤ちゃんを育てているとき、そこを鍛え直されている気がしました。だから、初めて赤ちゃんに絵本を読んだとき、犬とかサルに文字を読んでるような、なんだか変な感じがしたんです。絵本にしても、葉っぱや水とおんなじ。読むというよりも物として面白がってるなあ、って。

───たしかに絵本を投げたりかじったり、物としても遊びますよね。

おーなり:そうなんです。だから、赤ちゃん絵本って、いるのかな? なんて、本を書く身なのに思ったりしていました。
でも、あるとき自分に熱が出て、本当に何もできない! というときに、絵本に助けられたことがあって。ダウンしているわたしのふとんに「あそんであそんで」と来る赤ちゃんに、これならできる、と絵本を読んでいたら、じーっとわたしの声を聞いていて。そのときに、「そうか、赤ちゃんは言葉や絵を楽しむというより、おかあさんを楽しんでいるんだ!」って。今更ですが(笑)思ったんです。赤ちゃん絵本って、言葉を話せない赤ちゃんと、心をやりとりする道具だったんだって。

───絵本で、おかあさんを楽しんでいる・・・。

おーなり:赤ちゃんのいるおかあさんは、日中、ふたりですごすことも多いと思うのですが、一人の目で子どもを見るってとても大変なことだと思うんです。この絵本が、そういうときに、助けになったらいいなと思います。

───おかあさんも赤ちゃんも、うれしい絵本ですね。

編集:このシリーズは、おかあさんにも人気で、読者ハガキでもいろいろなコメントをもらうんですよ。
さっき、絵本の赤ちゃんのモデルがご自身の息子さんておっしゃっていましたが、いただいたご意見で面白いなと思うのが、「うちの子に似てる」という声がたくさんあったことなんです。「表紙にうちの子どもと同じ子がいて、本を買いました」というおハガキもありました。

はた:ぼくも何人にも言われました。うちの息子の赤ちゃんのときにそっくりとか、うちの子と同じ顔!って。

───みんなが赤ちゃんに望むかわいさが、この絵本に詰まっているんですね! 最後に絵本ナビ読者にメッセージをお願いします。

おーなり:おかあさんと赤ちゃんが笑ってくれるといいな。おかあさんひとりで大変なときに、お手伝いの道具のひとつとして使ってもらえたらうれしいです。

はた:赤ちゃんといっぱいいっぱい遊んでほしい。赤ちゃんといっぱいいっぱい笑ってください。

───ありがとうございました!

編集後記

シリーズ全体のデザインも、はたさんが手がけてられているのだそう。 どの巻も本当に可愛くて、裏表紙、背表紙や、カバー袖・・・、本の隅々まで見るのがとっても楽しい!


無防備な後姿がたまりません・・・!

もっともっとこの赤ちゃんの笑顔が見たくなってしまいますね。

 class=

インタビュー・文: 掛川晶子
撮影: 所靖子

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)
お世話になった方へのプレゼントに。。

おーなり 由子(おーなり ゆうこ)

  • 1965年生まれ。絵本作家、漫画家。おもな著書に『ひらがな暦』『幸福な質問』『モーラとわたし』(以上新潮社)『ことばのかたち』(講談社)『てのひら童話1〜3』(角川書店)『天使のみつけかた』『ラブレター』(大和書房)『だんだんおかあさんになっていく』(PHP)『あかちゃんがわらうから』(ブロンズ新社)など。翻訳の仕事に『たいせつな あなたへ あなたが うまれるまでのこと』『おにいちゃんといもうと』『ごはんのじかん』などがある。

はたこうしろう

  • 兵庫県に生まれる。絵本作家、イラストレーター。絵本に「ショコラちゃん」シリーズ(講談社)、『ゆらゆらばしのうえで』『ことりのゆうびんやさん』(以上福音館書店)、『なつのいちにち』(偕成社)、『むしとりにいこうよ』『みちくさしようよ』(ほるぷ出版)『雪のかえりみち』(岩崎書店)、『はるにあえたよ』「クーとマーのおぼえるえほん」シリーズ(ポプラ社)、『ぼくはうちゅうじん』(アリス館)、『はじめてずかん どうぶつ(1)(2)』(コクヨS&T)、童話の絵に『きかせたがりやの魔女』『あしたあさってしあさって』などの作品がある。

作品紹介

まてまてさん
作:おーなり 由子
絵:はた こうしろう
出版社:講談社
こちょこちょさん
文:おーなり 由子
絵:はた こうしろう
出版社:講談社
ぎゅう ぎゅう ぎゅう
ぎゅう ぎゅう ぎゅうの試し読みができます!
文:おーなり 由子
絵:はた こうしろう
出版社:講談社
ぶう ぶう ぶう
ぶう ぶう ぶうの試し読みができます!
文:おーなり 由子
絵:はた こうしろう
出版社:講談社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット