貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  ロングセラー恐竜絵本! 「恐竜トリケラトプス」シリーズの世界に迫る黒川みつひろさんインタビュー

ロングセラー恐竜絵本! 「恐竜トリケラトプス」シリーズの世界に迫る黒川みつひろさんインタビュー

トリケラトプスの子どもリトルホーンが、父親のビッグホーン、仲間の恐竜たちとともに繰り広げる冒険を描いた「恐竜トリケラトプス」シリーズ。1992年に発売されて以来、子どもたちに大人気のシリーズです。この本を生み出した絵本作家の黒川みつひろさんは、自身も化石発掘に行くほどの恐竜好き。今回は「恐竜トリケラトプス」シリーズのお話を伺いに、黒川さんのアトリエにお邪魔しました。貴重な恐竜の化石が見られるかも? ドキドキワクワクなインタビュー、スタートです。

「恐竜トリケラトプス」シリーズとは……?

「恐竜トリケラトプス」シリーズは1992年より発売されている大人気恐竜絵本です。

「恐竜トリケラトプス」全シリーズの紹介

▼「恐竜の大陸」シリーズ(全7巻)
草食恐竜トリケラトプスが新天地を求めて、肉食恐竜、巨大ワニなどとたたかいながら旅をする物語。

「たたかう恐竜たち」シリーズ(全10巻) 

リトルホーンとビッグホーンが肉食恐竜たちとたたかいながら、緑豊かな新天地を守る物語。

「恐竜だいぼうけん」シリーズ(以下続巻) 

リトルホーンが父親のビッグホーン、友だちのプテラぼうやと共に大活躍する物語。

「楽しい♪ 恐竜めいろ絵本」シリーズ

次のページから、黒川みつひろさんのインタビュースタートです。>>

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


温泉場でくり出される、へんてこなおでん早口ことば
福よ、コイ!幸せいっぱい運んできましょ。

黒川みつひろ (くろかわみつひろ)

  • 1954年、大阪に生まれる。大阪市立美術研究所で絵を学ぶ。恐竜絵本作家として活躍中。古生物研究についても造詣が深い。現在、東京都練馬区にアトリエを構える。 作品は『恐竜の大陸1〜7巻』『恐竜図解新事典』『たたかう恐竜たち既11巻』『恐竜ティラノサウルス大図解』(小峰書店)『絵巻えほん 新・恐竜たち』『恐竜の谷』(こぐま社)など、多数出版されている。
全ページためしよみ
年齢別絵本セット