きのこ ふわり胞子の舞 きのこ ふわり胞子の舞
写真・文: 埴 沙萠  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きのこのかさから、ふわりけむりが見えるよ。これは、きのこの「胞子」。いつも見ているきのこの新しい姿を見ることができる写真絵本です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  世界中の子どもたちに愛されて25年!「にじいろのさかな」シリーズ 編集者・吉田幸司さん、長岡香織さんインタビュー

「世界一美しいさかな」が「世界一有名なさかな」になるまで。

───『にじいろのさかな』25周年、おめでとうございます。 『にじいろのさかな』を描いた当時、マーカス・フィスターさんは当時まだ30代前半だったそうですが、スイス国内ではすでに人気の絵本作家さんだったのでしょうか?

吉田:すでに絵本を刊行されていて好評だったようです。でも『にじいろのさかな』の企画は、マーカス・フィスターさんが、名編集者として名を馳せていたノルド・ズッド社のブリジット・シジャンスキーさんに持ちこんだのだそうです。フィスターさんは、その段階でこのおはなしは、ぜったいこのうろこでなくてはと、ホログラフィーという特殊な箔を、きらきらうろことして指定されていたそうです。

───あのきらきらする、うろこはフィスターさんのアイデアなのですね。どうして、そんな箔のことをご存知だったのでしょう?

吉田:絵本作家になる前に、グラフィック・デザイナーをされていた時期がありご存知だったようです。それを見たブリジットさんは、即座に「こんなアイデアは、見たことがない」と驚き、大絶賛されたそうです。でもね、今、私が同じ立場で見たとして想像するのですが、ブリジットさんは、ただ特殊な箔を使ったから驚いたのではないと思います。

───というと?

吉田:この「にじいろのさかな」のおはなしは、かんたんにいえば「世界一美しいさかなが、世界一幸せなさかなになった」ということ。その「世界一美しい」に「ホログラフィーのうろこ」が、あまりにぴったりはまっている、ということが驚きだったと思います。だって、この美しいうろこを見たら、誰だって人にあげるのが惜しくなりますよね。持っていたら威張ったりもするかもしれません。それだけで、話が動き出します。 25年たった今では特殊な箔を使った本そのものは珍しくありませんが、絵本のテーマを箔で、ここまで揺るぎなく、美しく表現した作品を私は知りません。 この本が、今でもなお愛され続けている大きな理由だと思います。


編集長の吉田幸司さん。三代目の担当編集でもあります。

吉田:それに同じ編集者としては、これを商業出版として実現したブリジットさん、そしてノルド・ズッド社は素晴らしいと思います。全ページにこの箔を使うのは、とっても費用がかりますし、箔を押したページの裏側がでっぱっちゃうとか、いろんな技術的な困難がすぐに想像できますからね。普通、尻込みしてしまうでしょう。 ノルド・ズッド社は、スイスの出版社です。人口の少ない国ですから出版する際には、コープロダクションといって、いろんな言語の出版社を募って大部数にまとめて、技術があってコストの安い印刷所を世界中から探して印刷します。もともと、そういう手法を使っている出版社だからできたのでしょう。 『にじいろのさかな』は、1992年にドイツ語、フランス語、英語圏で刊行されたちまちベストセラー絵本となります。とくにアメリカで大人気となりました。

長岡:現在では、57言語に翻訳され、シリーズ発行3000万部をこえました。世界のいろいろな国々で親しまれている絵本です。

───57言語! すごいですね。日本では1995年からシリーズを刊行されているそうですが、どのような経緯で、『にじいろのさかな』を出版することになったのでしょうか?

吉田:ボローニャか、フランクフルトのブックフェアで当時のS編集長の目にとまったのがきっかけだと聞いています。1993年に『にじいろのさかな』は、ボローニャ国際ブックフェアでエルバ賞をとっていましたから、既にいろんな出版社からオファーが殺到していたようです。何度も厳しい交渉を重ねてやっと出版権を取得できたそうです。

───日本語版の翻訳を谷川俊太郎さんが手掛けていますが、谷川さんに依頼した理由をお聞かせください。

吉田:谷川俊太郎さんにお願いしようと考えたのも当時の編集長Sさんでした。もちろん当時から超のつく有名人で多忙な方だったのですが、なんとなく引き受けてくれそうな予感があったそうです。最近、谷川さんに、どうして翻訳を引き受けてくださったのですか?とお尋ねしてみたところ、「やっぱりうろこですね」と仰っていました。そして「絵本の歴史の中でもこれほどのイノベーションは、ほかにないんじゃないかな」とも。

───谷川俊太郎さんの文語的な表現が、とても心地よく物語の世界に入っていけますよね。

長岡:『スイミー』(作:レオ・レオニ 出版社:好学社)の翻訳でも有名な谷川さんですが、観念的な言葉と具体的な言葉を巧みにつかって、音楽のような調べをうみだすのが、谷川さんの翻訳の醍醐味だと思います。谷川さんにかかると、ごくごくかんたんな言葉の組み合わせが、ふしぎと美しい響きを奏でるんですね。『にじいろのさかな』に、にじうおが、自分のきらきら光るうろこを小さな魚にあげる場面がありますが、そこで谷川さんは、小さい魚が喜ぶ様子を「ぷくぷく はしゃいで」と訳していらっしゃるんです。「ぷくぷく」ってそう使われない表現ですが、絵を見るともう、「ぷくぷく」という言葉以外にぴったりするものはないように思えてきます。声に出して読んでもとても心地よい。こうした表現が、シリーズの随所に感じられるのも、この「にじいろのさかな」シリーズの楽しさだと思います。

───絵本を読んだ子どもたちにも伝わりやすい喜びの表し方ですよね。翻訳の素晴らしさももちろんですが、取り扱っているテーマも、子どもたちが身近に感じるものを選んでいますよね。

長岡:『にじいろのさかな』は、きらきら光るうろこが自慢の「にじうお」が、その自信ゆえに、ほかの魚たちから仲間外れにされてしまうおはなし。こういうことって、子ども時代に1度や2度は似たようなことを経験しますよね。だからこそ、多くの子どもや大人たちが共感したのだと思います。

吉田:私がこの本の担当をしていたとき気がついたことで、面白いなと思ったのは、この本を読んだ後、大人は「なんできらきらうろをあげなきゃいけないんだ!」という反応がけっこうあることです。でも、子どもの場合、とくに3、4歳の小さな子の場合は、読み聞かせを聞く前は玩具の取り合いをしていたような子でも、たいがい素直に「あげる」といいます。子どもの方が断然、気前がいい(笑)。 これが小学生だと少し違ってきて、そのせいか学校の教材に良く使われます。日本もそうですが、アメリカやヨーロッパではさらに多いようです。それだけ持っているものを手放す、「わかちあう」というテーマは、人の心を揺さぶるんですね。

長岡:1作目の『にじいろのさかな』だけでなく、それぞれの巻ごとに、今の子どもたちにとっても身近な「仲間外れ」や「行き違い」などが描かれています。編集部には、小学校の授業で教材に使いたいというようなリクエストが、日々、本当に多く届くんですよ。

───たしかに、絵本を読んだ後に、クラスで話し合いができそうです。シリーズ最新刊『まけるのもだいじだよ にじいろのさかな』も、子どもたちの誰もが一度は経験したことのあるテーマだと思いました。この作品はどのような経緯で誕生したのでしょうか?

吉田:実は、今回の最新刊に登場する「あかひれ」という女の子のキャラクターは、長岡の提案がきっかけになって生まれたキャラクターなのです。

───そうなのですか?

吉田:私と長岡は、2014年にマーカス・フィスターさんにお会いしたのですが、また新作を描いてほしいとお願いしました。その時、長岡が「『にじいろのさかな』に女の子のキャラクターが出てきていないので、見てみたいです」と提案したのです。

長岡
:いえいえいえ! きっと、世界中の『にじいろのさかな』ファンが、女の子のキャラクターを待望していたと思います。フィスターさんにはお嬢さんがいらっしゃるので、女の子を描くのもきっと自然な流れだったのではないかとも思います。

───この「あかひれ」は今までのシリーズにない、暖色系のキャラクターで、登場しただけで場面がパッと華やぐ印象がありますよね。

長岡:はい。色がきれいで目を引く魅力的なキャラクターですよね。「にじうお」たちに対して、お姉さんのように諭すように働きかけをするのも現代的です。

───「まけるのもだいじだよ」というタイトルも、今までにない気がします。

長岡:谷川さんの第一稿が、この「まけるのもだいじだよ」でした。「寛容」という言葉が大きな意味をもつ今だからこそのタイトルではないかと感じています。

吉田:いま世界中で、子どもたちは「勝て、勝て」と言われていると思うんです。でも、それだけだと、負けなんてみとめられないし、自分だけが勝ちたい、ズルしてでも一人勝ちしようとしますよね。それじゃあ、世の中むちゃくちゃになってしまう。そう思うと「ちょっと待って、負けるのも大事じゃない?」と言ってくれている感じが、わたしは、すっと胸に落ちたんです。「ちゃんと負けるのも世の中のたいせつなルールだよ」と。

───「にじうお」のように怒って、仲間たちから離れてしまう子がいると、大人でも仲裁に苦労しますよね。「あかひれ」のような優しく諭す方法は、とても参考になります。

長岡:これが、人間の世界のままに描かれていたら、共感するのは難しかったかもしれません。でも、魚たちの世界におきかえられることで、素直に物語の中に入っていくことができたのではないかと思います。



───最新作も合わせると、8作になった「にじいろのさかな」シリーズですが、最初の『にじいろのさかな』、最新刊についてはお聞きしたので、それ以外の作品でおふたりそれぞれの、お気に入りの作品を教えていただけますでしょうか。

吉田:私が特に印象に残っているのは、自分で担当した『にじいろのさかな うみのそこのぼうけん』ですね。

───誤って落としてしまった、「きらきらうろこ」を追いかけて、「にじうお」が海底を旅する物語。シリーズの中でも、キラキラが特にたくさん使われている作品だと思いました。

吉田:本の中に出てくる「じゅうもんじだこ」や「ゆめくらげ」は実際に存在する深海生物なんです。

───とてもふしぎな形なので、フィスターさんのオリジナルの生き物なのかと思いました。

吉田:そう思いますよね。でも実在するということだったので、資料をフィスターさんにもらって、絵と原書のドイツ語と図鑑、英訳とも照らし合わせたのですが、どうも微妙に食い違っているんですよ。結局、水族館や専門機関にも協力してもらって、おおよそこれだろうという和名を特定しました。海の生き物って変な名前のがけっこういるので、そんなのだったらどうしようかと思いましたが、偶然にも絵本っぽい和名でほっとしました。 海の不思議さ、美しさが良く出た作品だと思います。

長岡
:探究心豊かなフィスターさんは、世界中をご旅行されているので、方々で出合った驚きや喜びも、きっと物語のなかへうめこまれているのではないかと思います。

───長岡さんのお気に入りはどれですか?

長岡:もし、小さいお子さんにはじめて「にじいろのさかな」シリーズを読むのでしたら、『ゆっくりおやすみ にじいろのさかな』をオススメします。これは、ほかの7冊とはちがって、赤ちゃんの頃の「にじうお」のおはなしです。こわがりのにじうおを、おかあさんがいつまでもやさしく見守ります。親子の強い結びつきを感じられる一冊です。

吉田:あと、2冊目の『にじいろのさかな しましまをたすける』もとても好きな一冊です。

───『にじいろのさかな しましまをたすける』は、1作目で「にじうお」からきらきらうろこをもらった魚たちが、きらきらうろこを持たない「しましま」を仲間外れにしてしまうおはなしですよね。

吉田:「にじうお」は自分が以前、仲間外れになった経験があるから「しましま」のことは気になっているけれど言い出せない……。けれど最後の瞬間で、自分が仲間外れになっていたときの気持ちを思い出して勇気をふるいます。これが、『にじいろのさかな』の続編として出版された意義は大きいと思います。

長岡:「にじいろのさかな」シリーズでいちばん象徴的なシーンは、「にじうお」がちいさなあおいさかなに、きらきら光るうろこをさしだす場面だと思います。小さい人って、「どうぞ」「ありがとう」という遊びが大好きですよね。ときには、もうそろそろおしまい! と言いたくなるくらい、「どうぞ」「ありがとう」をくりかえしたりしますが、そんなとき、ああ、人って何かをあげてもらってというやりとりが好きなのだなと感じます。この場面を読むたびに、人間がもともと持っているやさしさを感じるんです。

───なるほど。

長岡:「にじいろのさかな」シリーズが世界中の人々に愛されているのは、人間がもともと持っている本質が、美しい海を泳ぐさかなたちによって表現されたからのように思うんです。それが、世界各国でおおぜいの人たちがこの作品に共感した秘密なのではと思います。

───マーカス・フィスターさんは、どんな人物なのでしょうか?

吉田:フィスターさんと最初に出会ったのはもう10年も前になるのですが、そのときから変わらず若々しい方です。「絵本作家に見えない」「ビジネスマンみたい」と言う人もいますが、素顔のフィスターさんはとても人情味あふれる方。それにとっても家族を大事にされています。自宅の庭に、子どもたちのためにツリーハウスを自作してしまうくらい、子ども思いのお父さんです。

長岡:そう聞くと、にぎやかな方だと思われるかもしれませんが、お会いしたときは、物静かでとても理知的な方でした。やさしいまなざしで、静かにゆっくりとお話しになる姿が印象的でした。


五代目で、現担当編集者の長岡香織さん。

出版社おすすめ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!
【5歳】絵本ギフトセット

作品紹介

にじいろのさかな
にじいろのさかなの試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
にじいろのさかな しましまをたすける!
にじいろのさかな しましまをたすける!の試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
にじいろのさかなとおおくじら
にじいろのさかなとおおくじらの試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
こわくないよにじいろのさかな
こわくないよにじいろのさかなの試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
にじいろの さかな まいごに なる
にじいろの さかな まいごに なるの試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
にじいろのさかな うみのそこのぼうけん
にじいろのさかな うみのそこのぼうけんの試し読みができます!
作・絵:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
ゆっくり おやすみ にじいろの さかな
作:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
まけるのもだいじだよ にじいろのさかな
作:マーカス・フィスター
訳:谷川 俊太郎
出版社:講談社
全ページためしよみ
年齢別絵本セット