宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  『うんちっち』『あっ、オオカミだ!』翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

『うんちっち』『あっ、オオカミだ!』翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

子どもに大人気の絵本『うんちっち』の姉妹編『あっ、オオカミだ!』(共に、ステファニー・ブレイク作)が発売になりました。翻訳者のふしみみさをさんは、海外の作家に直接会行く行動派(!)。
ふだんフランスにいらっしゃることも多いそうですが、先日帰国された際『うんちっち』『あっ、オオカミだ!』出版に尽力されたいきさつや作品の魅力についてお話をうかがうことができました。
ふしみさんがお会いしたフランスの絵本作家たちの素顔もちょっぴり教えていただきました!

うんちっち
うんちっちの試し読みができます!
作:ステファニー・ブレイク
訳:ふしみ みさを
出版社:あすなろ書房

うさぎの子が言う言葉はただひとつ。いつでもどこでも、うんちっち。ところがある時・・・。子どもたちへの読み聞かせで大人気!フランスのロングセラー絵本。

お父さんが待っていた!? いけないうさぎの子「シモン」の絵本

───くりかえし出てくる「うんちっち」の声色を変えて読んで聞かせるだけで子どもが大喜びする本(笑)。まずは「うんちっち」しか言わないうさぎの男の子シモンのお話から聞かせてください。

『うんちっち』原書との出会いは、大学を卒業して洋書絵本卸会社に勤めていたときです。
小さな会社だったので、仕入れから営業までぜんぶが仕事でした。カタログを見て売れそうだなと思った本や、注目している作家の新刊をチェックして、仕入れて、売るために本屋さんを回りました。
洋書絵本のストーリーを説明するために、本屋さんでページをめくりながら即席で翻訳していたので、自然に翻訳できるようになりました。そして、すごくおもしろそうなのに日本で翻訳されていない絵本がけっこうあることにだんだん気づくようになりました。
『うんちっち』はまず絵が魅力的で独特でした。なかを開くと「うさぎのこがいました。そのこは、ことばをたったひとつしかいえませんでした。それは・・・」でページをめくると「うんちっち」。
2見開き目にして心がつかまれてしまう。これはおもしろい絵本だと直感的に思いました。

───「うんちっち」と言うときのシモン、何も考えていないような確信犯なような、にくたらしいというか可愛いというか何ともいえない顔! この顔で一気に子どもたちを味方につけてしまいますよね。


「うさぎのこは、ことばをたったひとつしかいえませんでした。それは・・・」(1ページ目を開いています)

「うんちっち」!


「ぼうや、おきなさい!」といっても「うんちっち」


「ちびすけ、ほうれんそうをおたべ!」といっても「うんちっち」


うさぎのこをたべてしまったオオカミも・・・「うんちっち」

───そんなシモンがある日オオカミにぺろりと食べられてしまって、お腹が痛くなったオオカミがお医者さんを呼ぶと、その医者はなんとシモンのお父さん! さあどうなる?・・・とドキドキします。
フランス語で「うんちっち」は何ですか? もともとはどういう言葉を訳されたんでしょうか。

原題は『カカ ブーダン』なんです。カカはうんちのこと。ブーダンは血の腸詰、ソーセージのことなんですね。子どもがうんちのことをおもしろがって言うときの言葉だったりします。

───じゃあ、「うんち うんち」と言ってるようなものなんですね(笑)。

ブーダンは本当は食べ物ですけれどね(笑)。
あるとき、友人のうちで子どものおむつを替えるとき「うんちっち、替えようね」と声をかけていたのを聞いて、かわいい言い方だなーと思ったことからひらめいて、邦題を『うんちっち』にしました。
ですから本当の名づけ親は「うんちっち、替えようね」とおっしゃっていた友人のお母様(子どもからするとおばあちゃん)です。

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪
年齢別絵本セット&学年別児童書セット

ふしみ みさを

  • 1970年埼玉県生まれ。上智大学仏文科卒。絵本を好きになったきっかけは、子どもの頃父親が、自分や近所の子を主人公にして漫画付きのお話をしてくれたこと。20歳の時、パリと南仏エクサンプロヴァンスに留学。洋書絵本卸会社、ラジオ番組制作会社、餃子店経営を経て、海外の絵本や児童書の翻訳、紹介につとめている。ペットは、顔、頭、目、耳、鼻、性格ともに悪い、忠義心のないラブラドール。
    おもな訳書に『うんちっち』(あすなろ書房)、『トラのじゅうたんになりたかったトラ』(岩波書店)、『どうぶつにふくをきせてはいけません』(朔北社)、『せんをたどって』シリーズ(講談社)など。

作品紹介

あっ、オオカミだ!
あっ、オオカミだ!の試し読みができます!
作:ステファニー・ブレイク
訳:ふしみ みさを
出版社:あすなろ書房
うんちっち
うんちっちの試し読みができます!
作:ステファニー・ブレイク
訳:ふしみ みさを
出版社:あすなろ書房
全ページためしよみ
年齢別絵本セット