すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
てつじんこさん 30代・ママ

遊びかた無限大
5歳の息子が楽しめそうだと思い購入しま…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  絵本を通して子どもと英語をつなぐ「はじめての英語セット」の魅力 絵本の家代表 小松崎敬子さんインタビュー

教材としての洋書絵本

カナガキ:「絵本の家」を創業されてから30年の間にずいぶん時代は変わったと思いますが、最近の読者の反応をどのように受け止めていらっしゃいますか。公立小学校5・6年生の英語教育義務化がはじまりましたね。僕も娘と一緒に英語を学び直しています。

小松崎:そうですね。お店にいらっしゃる方や、電話やメールでお問い合わせくださる親御さんや先生方・・・みなさん迷っていらっしゃるな、という印象を受けます。
先生方はどんなふうに英語の授業を進めたらよいか悩んでいらっしゃるようですし、親御さんも、洋書絵本を通じて英語にふれさせたいと思うけど、中途半端な自分の発音やリズムで読み聞かせるのはいかがなものかと不安に感じていらっしゃるようです。

カナガキ:発音やリズムを正しく子どもに伝えたいからこそ、洋書絵本をどう扱うべきか躊躇(ちゅうちょ)してしまうんですね。僕も、自分の発音で子どもに教えちゃうことに抵抗がありますね。

小松崎:ある時期から、CD付きの絵本はありませんかという相談が増えました。 私たちは海外絵本を輸入するとき「いい絵本かどうか」を大事な基準として選ぶのであって、「英語学習にこの絵本が有効か」については考えていませんでした。 「洋書絵本で英語を勉強したい、させたい」・・・それは私たちよりお客様のニーズのほうが一歩先を行っていて、私たちがあとからニーズに応えていくという面があったと思います。 でも今、朗読CD付きの名作絵本シリーズが次々出てきて、劇的に状況は変わりつつあります。「はじめての英語セット」を制作するJYbooksが、英米の名作に英語学習用CDを付けたのです。英語を母国語としない子どもたちのための“歌ったら言える、言えたら読める”[SING&SAY]シリーズです。


英語を母国語としない子どもたちのための“歌ったら言える、言えたら読める”[SING&SAY]シリーズ。
こんなにあります!


「SING&SAY」シリーズの中の1つ。
邦題『はなをくんくん』。

『はなをくんくん』中面です。

カナガキ:[SING&SAY]シリーズは、どんなシリーズですか?。

小松崎:絵本原書(英米出版社のもの)に、独自に作曲したメロディーのオリジナルCDをつけたものです。ストーリーを歌にしたもの、朗読、リズムがよく分かり復唱して練習できるチャント、子どもの歌声、カラオケなどが、繰り返し聞けるようになっています。不思議なもので歌になると外国語が耳に残るんですよね。
[SING&SAY]シリーズは、日本でもおなじみの絵本がたくさん出ています。名作絵本では『はなをくんくん(原題はTHE HAPPY DAY)』や『ロージーのおさんぽ(原題は ROSIE’S WALK)』、現代作家さんの作品では『うんちしたのはだれよ!(英題は The Story of the Little Mole)』など、他にも多数あります。
絵本の家では独自に【レベル1】から【レベル6】までレベル分けをしているので、学習をすすめる際の参考になります。しかも、英米の子どもたちの常識である「マザーグース」などの伝承童謡(ナーサリーライム)をはじめ、今後もラインナップを充実させていくようです。

カナガキ:(試聴して)すごくいい! まるで「絵本ミュージカル」ですね。軽やかな旋律やリーディングにクオリティを感じます。

小松崎:「はじめての英語セット」を見ても、[SING&SAY]シリーズを見てもしみじみ感じるんですが、韓国は、英語教育の面で日本の先を行っています。自国語でない言葉、英語を積極的に学ぼうとする姿勢の強さがありますよね。
「絵本の家」創業当初は、韓国にオリジナルの絵本は多くなく、日本の絵本をどんどん翻訳出版していました。でも最近はオリジナルのいい創作絵本が増えています。
その韓国の出版社の社長さんが、ときどき「絵本の家」にいらっしゃるんですが、選書の目録を見せてもらうと、私たちが選ぶ英米の作品とよく似ているんです。いい名作絵本をリストアップしていらっしゃる。
[SING&SAY]シリーズのラインナップを見たとき、これなら子どもたちが「絵本を通じて英語を学ぶ」ことができると思いました。本当は自分たちでやりたかった仕事でした。でもすでに良いものがあるのだから、これを活用させてもらおうと。

絵本の家が「はじめての英語セット」をおすすめする理由

カナガキ:「はじめての英語セット」を絵本ナビのユーザーのみなさんにご紹介したいと思います。もう少し詳しく教えていただけますか。

小松崎:はい。日本の子どもたちがいきなり原書を読むことはできません。でもネイティブの子どもたちだって最初から読めるわけではないんです。語彙が豊富なわけでもなく、すべて日常のなかで一つずつ覚えていきます。構文だって同じ。 そういう意味で「はじめての英語セット」で学ぶ順序は、日本人のあかちゃんが日本語を学んでいく過程と似ています。身近な大人が口にするシンプルな構文から、ひとつひとつ体得し、少しずつ表現のバリエーションを増やし、語彙の数をふやしていく。「知らない言葉の組み合わせ」を耳にして、またその組み合わせを体得していく。 日本人が日本語の文法の成り立ちを学び、「あいうえお」を文字で書けるようになるのは、後のこと。小学校にあがってからのことですから。

カナガキ:なるほど。具体的にはどんなふうにやってみればいいんでしょうか。

小松崎:毎日10分、1冊ずつ、36冊目まで、まずはやってみましょう。最初は歌で歌えるようになるのが目標。3回くらい繰り返して、約半年続けてみてください。カラオケが歌えるようになるころには、少しずつ「わかっている」ことが増えていく。歌が頭に入ったら、単語ボードを切り離してカードとして使ったり、単語一覧をペンで読み取ってチェックしていったり。何通りもの方法で、構文や単語を「音で学ぶ」ことができます。


「絵本の家」スタッフの舘野(たての)さん。

舘野:実はうちの二人の息子、小学4年生と中学1年生に「毎日10分」をやってみたのですが・・・。

カナガキ:いかがでしたか!?

舘野:「はじめての英語セット」をはじめる以前は、小学4年生の子は英語に興味がなさそうに見えました。
そろそろ英語の授業始まるんじゃない?と聞いてみても「(塾で英語を)習ってるひとが先生としゃべるからいいんだ」「どうせわからないし」と言います。小学校4年生ともなるとプライドがあるようで、学校で「わからない」とは言いたくないみたい。
まずは寝る前に1冊渡して、これだけやったら寝ようね、と約束して、あとは傍観することにしました。まずは歌を歌えるようになろう、が第一目標。家事をしながら時々一緒に歌ったり、「猫はcatじゃないの?」と聞かれたときに「ああ、これは子猫だからkittensなんだね。1匹じゃないから、〜sがつくんだよ」と解説したりしました。
歌の次に朗読をするのですが、朗読では口ごもる英文も、メロディーにのせて歌うと「歌えた」と目を丸くしている。メロディーって、子どもの耳に残るんですね。
構文はすごくシンプルなのですが、よくできた作りになっていて、1冊1冊進むごとに、一度出てきた語彙や表現が繰り返し出てくるようになっている。「あ、この単語知ってる」「この動詞わかる」の繰り返し。
冊数が進むごとに、解説しようとすると「知ってる」「前に出てきたから」と断られることが多くなってきました。

カナガキ:中学生のお子さんはいかがでしたか。

舘野:中学生の息子にも現物を渡したきりでした。それまで学校の勉強しかさせていませんでした。クラスには英語塾に通ってきた子もいるのに、「発音がいい」「リスニングができている」と先生に褒められ自信になったようです。

小松崎:何度も言いますが英語は外国語です。「遊びながら」「英語にふれながら」や、週一回の英会話教室ではなかなか身につかないレベルを乗り越えるための「毎日10分」なのです。でも、こういうホームワークって楽しいんですよ。実際に体験すると楽しさがわかっていただけると思います。
個人的にはぜひ病気で長期療養中の子どもたちに「はじめての英語セット」を使ってほしいんです。病気でただでさえ不安な子どもたちから、「英語の勉強が遅れる不安」だけでも取り除けたら。それに、外国語を身につけるのは自信になります。「SAYPEN(セイペン)」にイヤホン端子があること、1冊1冊が軽い冊子であることも、ベッドで使うのにいいポイントだと思います。
「はじめての英語セット」をクリアしたら、今度こそ、洋書絵本を開いてほしいんです。きっとすばらしい世界に出会えるはずですから!
私たちは「はじめての英語セット」を誰にでもおすすめしたいと思っているわけではありません。ただ「こんな教材を探していた!」という方にお届けしたいのです。
東京・目白の直営店ではいつでも試してみることができますから、ぜひ手にとってみてくださいね。
そして近い将来、英語の絵本をどんどん読める日本人の子どもたちが増えたら、こんなにうれしいことはありません。

カナガキ:おじいちゃんおばあちゃんからプレゼントしてもらうのもいいでしょうね。今日はありがとうございました!


店内でいつでもお試しOK。
「はじめての英語セット」専用体験コーナー。

素敵な本棚を前に記念にパチリ!

ピーターラビットシリーズの童謡ブック(もちろんCD付)プレゼント!


プレゼントはなんと・・・
ピーターラビットシリーズの童謡ブック(CD付)!!

この記事を読んで「はじめての英語セット」をご購入された方に、【ピーターラビットシリーズの童謡ブック(CD付)】を特別にプレゼントしてくださるそうです!
※絵本の家実店舗でご購入の際は、「絵本ナビのサイトを見ました」とお伝えください。
※絵本の家オンラインショップでご購入の際は、備考欄に「絵本ナビのサイトを見ました」とご記入ください。

 class=


インタビュー: 金柿秀幸 (絵本ナビ事務局長)
文・構成: 大和田佳世 (絵本ナビライター)

出版社おすすめ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー
3足セットでこのお値段はうれしい♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット