おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ! おしりたんてい ププッ きえたおべんとうのなぞ!
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
こんかいのじけんは、つぎつぎなくなるおべんとう! 電車の中で、おしりたんていが大かつやくします。はたして、はんにんは?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  新・おはなし名画シリーズ 『対訳 北斎の富士』 西村和子さんインタビュー

絵画を身近に感じてほしい「おはなし名画シリーズ」

───「おはなし名画シリーズ」は「子どもが気軽に本物の芸術に触れる環境を作りたい」という思いでスタートしたシリーズ。現在「おはなし名画シリーズ」全20巻と、「新おはなし名画シリーズ」4冊が刊行されていますが、シリーズを始められたときのコンセプトを伺えますか?

つねづね身近に楽しめる画集がほしい、音楽がいつも流れているみたいに、部屋のどこかに転がっているような画集を作りたいと思い続けていました。読者の方から「ダイニングキッチンに置いてあります」というようなお葉書をいただいいた時は、とても嬉しいですね。

───西村さんはすべてのシリーズに関わられてきているんでしょうか?

編集としてはずっと関わっていましたが、文章も書くようになったのは最近ですね。私は美術史の専門家でも画家でもない、素人の立場から取り上げたい作品を選びます。なので、より親御さんに近い視点で作品を届けられるのだと思います。


編集過程の貴重な資料を見せていただきました。

───日本ではまだまだ美術に対する敷居が高いように感じますが、このシリーズは美術に触れる導入として、とても入りやすいと感じました。やはり子どもに親しんでほしいと思って作られたんでしょうか?

子どもから大人までですね。子どもの本だと思うとちょっと難しいとおっしゃる方も多いですけど、絵画の多くは子どもの為に描かれているわけではないので、限定する必要はないのではと思うんです。音楽だって、子どものときから童謡ばかり聞いているわけじゃないですから。むしろ、お父さんお母さんが楽しんで読んでいると、子ども達も興味を持ってくれると思うんです。

───「おはなし名画シリーズ」に書かれている、「お母さんが作った子どものための美術全集」というフレーズは、そのまま西村さんの思いでもあるのですね。現在、「新・おはなし名画シリーズ」も含めると24巻まで出ていて、すでにライフワークの様になっているかと思いますが、取り上げる画家はどのようにして思いつかれるのでしょうか?

そうですね、最初は『ゴッホとゴーギャン』、『ルノワールとドガ』という形で、同じ時代に活躍した有名な画家を2名ずつ取り上げていました。その中に『ピカソ』や『マティス』、『葛飾北斎』など単独で紹介できる画家を混ぜていました。「新・おはなし名画シリーズ」では、前シリーズよりもページ数を減らしたことで、『対訳 鳥獣戯画』や『若冲のまいごの象』など画家よりもテーマに重点を置いて紹介する内容を目指しました。

───作っていて楽しかったシリーズはありますか?


どれも楽しんで作っているんですが、今回の「北斎」や「若冲」、「鳥獣戯画」は特に楽しかったですね。「鳥獣戯画」は説明が一切残っていませんから、想像力を自由に働かせることができました。

───シリーズ次回作の企画はすでに決まっているのでしょうか?

全然ないんです。この企画はアイディアが湧かないと始まらないもので…(笑)。鳥獣戯画から北斎までは2年間。比較的早く出せた作品なんですよ。

───絵本ナビの読者に『対訳 北斎の富士』の楽しみ方、メッセージをお願いします。

よく「絵画の楽しみ方を教えてください」という依頼を受けるのですが、私自身が画集の楽しみ方は考えたことがないのですが、まず絵を見て1つでも好きな作品を見つければ良いと思います。文章を読むのはその後でも良いのではないでしょうか。
この「新・おはなし名画シリーズ」は、美術館に行って静かに絵を見なさいという訳でも、難しい解説を読まないと分からないという訳でもないので、絵画を見るための1冊目として向いているのではないかと思います。パラパラとめくって、気に入った絵を見つけてもらえれば嬉しいですね。

───「1冊目にピッタリ」という言葉が本当にピッタリですね。

そうですね。『対訳 北斎の富士』に関していえば、私は制作の手を離れた今、ぬり絵をして楽しんでいますよ。

───ぬり絵ですか?

これは私の個人的な思いですが、北斎は『富嶽百景』を最終的に錦絵にしたかったと思うのです。北斎が色をつけるとしたら、どんな色をつけたのか、ページをコピーして試しに色付けしてみたんです。

───すごい!面白いですね!

色付けしてみたら、結局色がついていない方が良いと思えたりしてね(笑)。こんな風に絵画ってまだまだいろいろな楽しみ方を含んでいると思います。もし、絵画に対して敷居の高さを感じているようであれば、このシリーズで、きっと感覚が変わるのではないかと思います。『対訳 北斎の富士』で見つからなくても、24冊の中からお気に入りの1冊を見つけてもらえたら嬉しいです。

───ありがとうございました。
北斎ぬり絵、我が家でもやってみます。

(編集後記)
「富嶽百景?」「登龍の不二?」お馴染みの北斎の描く富士山だけど、聞いたことないような…。
それもそのはず、「三十六景」の方はよく知られているけど、「百景」の資料はかなり貴重なものなのだそうです。龍が登場したり、びっくりするような形で富士山が登場していたり。北斎の絵って本当に面白いのです。百聞は一見に如かず!ぜひ親子で一緒に読んで楽しんでみてくださいね。

 class=

インタビュー: 磯崎園子 (絵本ナビ編集長)
文・構成: 木村春子(絵本ナビライター)

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー
年齢別絵本セット&学年別児童書セット

西村 和子(にしむらかずこ)

  • 早稲田大学理工学部卒、同大学院研究科修士課程修了、東京芸術大学美術学部中退。獨協大学講師、川村学園女子大学教授をへて、現在博雅堂出版代表。
    主な著書に『ファジィ情報分析』(共著)共立出版、『おはなし名画−葛飾北斎』他博雅堂出版。

作品紹介

新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士
新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎の試し読みができます!
構成・文:西村 和子
監修:小澤 弘
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象の試し読みができます!
監修:狩野 博幸
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(12) マティス
監修:森田 義之
出版社:博雅堂出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット