となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  スイートでキュートなパワフルおばあちゃん's 『バナナンばあば』 林 木林さんインタビュー

スイートでキュートなパワフルおばあちゃん's 『バナナンばあば』 林 木林さんインタビュー

ダジャレに回文、しりとり遊び、早口言葉に並べ替え言葉、さらにはあいうえお作文まで。言葉を巧みに使った絵本なら何でもおまかせの絵本作家であり詩人の林 木林さんが新作絵本『バナナンばあば』を携えて絵本ナビに遊びに来てくれました。今回の絵本はかわいくて、おちゃめで、ちょっぴりイジワルなおばあちゃんバナナが主人公のお話。どうしてバナナがおばあちゃんなの? どうして3本つながっているの?…それはインタビューを読んでいただけれバナ〜、分かります。

バナナンばあば

バナナンばあば
作:林 木林
絵:西村 敏雄
出版社:佼成出版社

バナばあ、ナナばあ、ナンばあは、バナナの三姉妹。三人はいつもひとつにつながって、仲良く暮らしています。
でも、ある日けんかをしてしまい、それぞれ違うところへ旅に出ました。はたして、三人は仲直りできるのでしょうか……?かわいくて、おちゃめで、でもちょっぴりイジワルなおばあちゃんバナナたちが活躍する、ユーモアたっぷりの絵本です。

※全ページためしよみ公開中!

バナナのシミ(シュガースポット)を見て、『バナナンばあば』を書こうと思いました。

─── 『バナナンばあば』というタイトルのリズム感にとても惹かれたのですが、バナナをおばあさんキャラにしようと思ったキッカケは何だったんでしょうか?

バナナって何日か置いていると、黒っぽいシミが出てきますよね。そのシミは「シュガースポット」と言って、バナナの甘みが増して食べごろになったサインなんです。人間で「シミ」っていうとマイナスなイメージがあるんですが、バナナにとってのシュガースポットは美味しい合図だと知って、「シミで希望をくれるバナナってステキ!」って思ったのが最初のキッカケです。

─── 「シミはステキ」というところから絵本のキッカケが生まれたなんて、発想がユニークで面白いですね。

それから「バナナのシミ」→「シミ」→「おばあちゃん」というような流れで、バナナのおばあちゃんキャラが生まれました。私、おばあちゃんも希望をくれる存在だと思うんですよ。年をとるってマイナスなイメージじゃないですか。でもおばあちゃんをみると、無邪気で可愛かったり、ちょっぴり意地悪なところがあっても憎めなかったり、若い頃よりも人間に丸みや深みが加わって、とてもステキなんですよね。そのおばあちゃんの魅力とバナナの食べごろサインであるシミが私の中でピタリと合って、「これはもう絵本の中でバナナにおばあちゃんになってもらうしかない!」と思ったんです。

─── 「食べごろのバナナおばあちゃん」っていう響き、とってもステキですね(笑)。この3人のおばあちゃんたちの仲良しな感じも可愛いんですけど、テレビのチャンネル争いや、ケンカをするところなどの姉妹ならではの感じがリアルですよね。バナナンばあばは最初から三姉妹の設定だったんですか?

そうですね。バナナは房になってつながっていた方が可愛いな〜と思っていました。でも5本になると、かなり大家族なイメージになっちゃうのと、後ろのバナナが隠れてしまいそうなので、バランスを見て三姉妹くらいが良いかな〜〜と。

出版社おすすめ



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

林 木林(はやしきりん)

  • 山口県生まれ。詩を中心に、絵本や言葉遊び作品の創作などを手がける。
  • 「暮しの中に詩を」をコンセプトに、自作詩のテレビ・ラジオ・ライブ・CMでの朗読など、幅広く活動。第4回詩のボクシング全国大会優勝、第15回詩と思想新人賞受賞。
  • 詩集に『植星鉢(ぷらねたぷらんた)』(土曜美術社)、絵本に『ゆうひのおうち』『ありさんとぞうさんのおさんぽ』『みずたまちゃん』(鈴木出版)、『どうぶつぴったんことば』(くもん出版)などがある。
  • 自作の写真に詩を添えたブログ「フォトノハ」を公開中。

作品紹介

バナナンばあば
作:林 木林
絵:西村 敏雄
出版社:佼成出版社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット