日本のことわざかるた 日本のことわざかるた
作: 西本 鶏介 絵: いもと ようこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
かわいいイラストで日本のことわざを遊びながら覚えられるかるたです。絵札の裏には、ことわざの解説もついています。

連載

「すこやかな心をはぐくむ絵本」シリーズ完結記念 絵本作家インタビュー【くすのきしげのりさんと12名の絵本作家たち】

廣済堂あかつき

2016/06/20

【連載】第1回 『どんな いちにち』のたしろちさとさん

【連載】第1回 『どんな いちにち』のたしろちさとさん

1日のはじまりをゆったりとえがいた『どんないちにち』。絵のなかでたくさんの「おはよう」が交わされている様子を見るのが、楽しいですね。くすのきさんの詩が元になったこの絵本、どんなふうにうまれてきたのでしょう?

作者のくすのきしげのりさんがインタビュアーになって、絵を描かれたたしろちさとさんにインタビュー!絵本制作についてや、子どもの頃のエピソードなど、お二人のやり取りをお楽しみください。
■ 『どんないちにち』の制作について
くすのき: ぼくが 『どんないちにち』で伝えたかったのは、ふだんの暮らしのなかの朝の町のすがすがしい様子です。たしろさんは、朝のどんな様子や瞬間に、「すがすがしい」と感じますか。
たしろ: 窓をあけた瞬間や、ドアをあけて最初に息をすいこんだ時。 お天気のいい日に、犬のコルビジェといっしょに散歩をしているときですね。
くすのき: ぼくは、明け方に朝日を拝むときです。
くすのき: 絵本には、お店や人をたくさんえがいてくださいましたが、モデルになったお店があったり、モデルになった人がいますか? また、この本の中でおすすめの場面、お気に入りの絵があったら教えてください。
たしろ: 犬の散歩をしている人は私です。子どもの頃すごしたまちの様子を思い出しながら、商店街やパン屋さん、本屋さん、幼稚園のとんがり屋根を描きました。 お気に入りの絵は、男の子がちょっと背伸びをして窓に向かっているシーンです。

くすのき: 男の子の部屋にかいじゅうの絵があるのがいいですね。
■ たしろさんの、子どもの頃の朝の思い出やエピソード
くすのき: 小さかったころ、どんなふうに朝を過ごしていましたか? 思い出やエピソードがあったら教えてください。
たしろ: わたしはのんびりさんだったので、ものすごくゆっくり朝ごはんを食べて、やっとのことで、したくを終えて出かけていました。幼稚園までの道のりは、途中でお友だちに会ったりして、ワクワクしながら歩きました。
くすのき: では、この絵本そのままの朝のようすだったのですね。

■ 絵本制作のアイディアやチャレンジしたいこと
くすのき: 絵本のアイデアが生まれるのは、どんなところからですか? いつ、どんなときでしょう?
たしろ: いつも、いろいろなことを楽しく考えています。でも、絵本のアイデアが生まれるのは、いっしょうけんめい考えている時ではなくて、日常のふとした時だったりします。 でも“いつも考えている”というのは、大事なことだと思っています。
くすのき: ぼくもそう。だからいろんなところにメモ用紙とペンをおいていて、忘れないうちにメモしています。
くすのき: 主人公に描いてみたいもの(人)はありますか? その理由も教えてください。
たしろ: 恐竜です。恐竜たちがこの地球上を歩いていた! 想像すると胸がドキドキします。
くすのき: いいですねえ。
くすのき: これから挑戦したいことはありますか? お仕事でも、それ以外でも。
たしろ: 「初心にかえる」という大挑戦をしたいと思っています。
くすのき: これは、ぼくも大切だなといつも思っています。たしろさん、お話ありがとうございました!

───最後にたしろちさとさんのひみつを手書きコメントで大公開!


たしろちさと
東京都生まれ。大学で経済学を学んだ後、4年間の会社勤めを経て、絵本の制作を始める。世界的編集人、マイケル・ノイゲバウアーが見い出し、「ぼくはカメレオン」で世界7カ国語同時デビュー。『5ひきのすてきなねずみ ひっこしだいさくせん』で2011年日本絵本賞を受賞。作品に、『ぼくはカメレオン』(グランまま社)、『かあさん』『ねえ、あそぼうよ』(以上、「こどものとも0.1.2」福音館書店)、『じめんのしたの小さなむし』(福音館書店)、『くんくん、いいにおい』(グランまま社)、『ポレポレやまのぼり』(大日本図書)、『ぼくうまれるよ』(アリス館)などがある。神奈川県在住。


くすのきしげのり
1961年徳島県生まれ。鳴門市在住。小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、現在は、児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。絵本『おこだでませんように』(小学館)が、2009年に全国青少年読書感想文コンクール課題図書に、2011年にはIBBY(国際児童図書評議会)障害児図書資料センターが発行する推薦本リストに選出される。同作品で第2回JBBY賞バリアフリー部門受賞。また、『ふくびき』(小学館)、『ともだちやもんな,ぼくら』(えほんの杜)と共に第3回ようちえん絵本大賞を受賞する。その他の絵本に『もぐらのサンディ』シリーズ@〜C(岩崎書店)、『あたたかい木』(佼成出版社)、『えんまのはいしゃ』(偕成社)、『みずいろのマフラー』(童心社)、『ええところ』(学研)、『メロディ』(ヤマハミュージックメディア)など多くの作品がある。


タグ

『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー
全ページためしよみ
年齢別絵本セット