宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
  • 「おはなしのろうそくシリーズ」より、活字も大きめになり、ふりがなもふられ、表紙からイラストが描かれ、子供が読みやすいカタチにアレンジされています。
    表紙からイラストがあると何だかわくわくしますね。
    読み聞かせから一人読みまで重宝する本に思いました。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新1年生の待ちに待った初めての遠足です。半端ではない緊張感が伝わってきました。先生から「地球人代表」としてと言われたので、僕と、ショウくんと、ユミちゃんは、本当に真面目に行動しているなあと感心してしまいました。よしながこうたくさんの強いキャラが一層そう感じさせてくれるのかもしれません。大きな大きな
    「ななじゅうまる」に、読んでいても嬉しくなりました。今年から新1年生になった孫に読んでやりたいと思いました。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 栄養士志望のわが子に。

    栄養を学んで、スポーツ選手の役に立ちたい我が娘。アスリートの健康と体つくりと記録更新へ向けて、プレゼントしたいです。
    現代の食を提供する人が、読んでおきたい本です。
    地産地消があらためて大切に。
    賞味期限のながいものには、気をつけよう!

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • すげえ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    虫好きの息子たちに、タイトルだけで好きそうと思い、
    図書館で予約して借りました。

    案の定、夜寝る前に読もうと思っていると、
    先に6歳児が3歳児に読んであげ
    「すげえ」と二人で楽しんでいました。

    読んでいる途中も、
    「これからカブトムシが4ひきでてくるよ」
    「カラスがやってきてさあ」
    と、どんどん先の展開を話してくれ・・・
    とにかく、気に入ったようです。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルから「子どもに経済のことを教える本かな」と思いきや、お金を出すことで生まれる不利益や矛盾、優越など…鋭い切り口でどぎまぎしました。子どもより大人の方が刺さるというか、むしろ大人向けの絵本ではないかと思いました。(かといって子どもには難しいかというとそういうわけではなく、ちゃんと理解できるように作られているのがまたスゴイところ!)

    特にお金による支援のくだりはぐさりと刺さります。でも一度は、いや、たまにはこのシニカル絵本に圧倒されるのもいいかもしれません。つい目先のことばかり追っているときなんかに。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おはなしのろうそくシリーズ」より、活字も大きめになり、ふりがなもふってあり、表紙にもイラストが描かれていたりと、子供が一人読みするにも楽しいカタチにアレンジされています。
    もちろん読み聞かせにも楽しめると思います。
    読み聞かせから一人読みまで、長く重宝するのではないでしょうか。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • みいちゃんのブラウスから落ちた赤いぼたんが、裁縫箱の引き出

    しに入れられました。そこには、他にも沢山のはみだしっこのぼた

    んがいました。夫々のぼたんたちが、自分の今までの物語を、楽

    しく笑顔で話すのがいいなあと思いました。赤いぼたんは、またみ

    いちゃんのブラウスに帰っていくのですが、優しい思いやりの言

    葉をかけてくれたり、赤いぼたんもみんなのことを忘れないで優し

    いので、いいなあと思いました。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あめあめふれふれ

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    何日も続く日照りのせいで、10匹のかえるたちをはじめ、水に住む生き物や草花たちは干からびて元気がありません。
    そこで、100年前の記録をたよりに雨乞いの儀式を行うことになりました。そのためにかえるたちはざんざんやまへ向かいます。道中出会う生き物たちもみな、日照りのせいで元気はなく、いつもは天敵のヘビもへなへなで枯れ枝のようになってしまっています。今回はそんなへびの助けもかりて、ようやくざんざんやまにたどりつくことができました。
    雨乞いのあとは無事、雨も降りだしてハッピーエンド。雨に喜びいきいきとした生き物たちの姿がよかったです。
    雨降りばかりはがっかりするけれど、やっぱり雨って大切ですよね。恵みの雨っていう言葉が身にしみて分かるお話でした。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • わっ!
    ぞうくんじゃなくって
    かめくんが主人公になってる!?

    びっくりして
    すぐに図書館にリクエスト

    おもしろ〜い

    かめくんの目線ですよね

    ほかのみんながお昼寝中だなんて・・・
    でも、かめくんは、マイペース
    それがいいんですよねぇ

    で、いつものごとく・・・
    と、なるほど、こうきましたか!?(笑

    これは、第1作とあわせて読みたいかも!
    私が持っている
    第1作「ぞうくんのさんぽ」は
    1977年初版だったんですねぇ〜
    しみじみ・・・

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しだった友達が、小学校にあがることで、自分とは違う世界の人になる。
    本当のお兄ちゃんのように思っていたのに・・・
    そんな幼い男の子の揺れる気持ちが愛おしいお話です。

    幼いなりにも一生懸命考え、少しずつ成長していく姿が本当に健気で、「頑張れー!」と応援せずにはいられません(笑)

    息子が幼稚園の頃に読んだのですが、私の方が虜になってしまいました。

    掲載日:2019/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

456件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット