くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
  • おとちゃん

    ざしきわらしのおとちゃんは、悪戯もするけれど、あやうく荷物の下敷きになるけんたくんを助けてくれて、優しいなあと思いました。「かた かた とん とん とん」私の家にもおとちゃんいるといいなあと思いました。空きやになっていた家は、おとちゃんの大好きな家だったから、新しい家族が引っ越してきてくれてよかったなあと思いました。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふつう

    • アサヒさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    電車好きな孫用にと思い読んでみました。
    トンネルがトンネルらしくない、トンネルを出ると”海”の風景が多く、冒険心がわかない。トンネルを出たら、サファリパークでたくさんの動物がいたり、トンネルを出たら”ジイジ・バアバ”の住む田舎の風景だったり、トンネルを出らたら”海水浴場”だったりと、バリエーションがあると良いと思います。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても夢があるお話で、幼稚園児くらいから小学生くらいまで楽しめると思いました。自分たちの書いたお絵描きが実際に現れたらどんなに素敵でしょうね。そんな子どもの心をすごくとらえた素敵なお話だと思いました。

    絵もとても素敵で、見ているだけで楽しい気持ちになりました。子供たちの電車の中の表情もしっかりと描かれていて、子供たちの楽しそうな表情も寂しそうな表情もすごくよく表現できていて良かったです。

    文章量もちょうどいいのでいつでも気軽に読んであげられるし、夜の読み聞かせにもぴったりだと思いました。うちの子はお絵描きが大好きでよく描いているので、もしその絵が実際になったら・・・なんていっぱい想像を膨らましながら話が盛り上がりました。

    うちの子供のお気に入りは南の海が描かれているページと宇宙のページです。とても綺麗で楽しそうなのでいつまでも見ていたい感じでした。

    夢があってとても素敵なお話なのでプレゼントにも最適だと思いました。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • この春、引っ越しして転校した
    我が家の姉妹。
    前の学校のお友達にお手紙を
    書くぞ!と張り切っていたので
    この本を一緒に読みました。
    6年生長女は知ってるし!って
    感じでしたが、次女はへえ〜〜!と
    興味津々。
    ますます手紙熱が盛り上がっております。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が叶ってよかったね!

    ダンボール箱に入れられて、海辺へ捨てられたこねこですが、かもめを助けたことで、”空を飛ぶ”という一つ夢が叶えることが出来てよかったなあと思いました。これから一人ぼっちですが、きっと一つ夢が叶ったからこの先も勇気を持って進んでいけそうな気がしました。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで図鑑をそろえたいなと思って少しずつ集めています。
    図鑑なので分厚く重いのですが、ポケット図鑑もついていて、子供はこれを持ち歩き、暇があればページをめくって眺めています。
    細かい文字や解説を読むのも楽しいようです。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • このシリーズ好きです。
    今回もためになる一冊でした。
    こどもはあいかわらず漫画を読んだり、めいろをやったり、楽しんでいる様子です。
    「お米をとぎたい」と言ったり、「しょうゆはだいずからできているんだよ」とか本に書かれていた内容に興味を持っているのでよかったです。身についている感じ。
    身近な内容ですし、レベル的にもちょうどいいんだろうなーと思いました。

    掲載日:2018/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • プエルトリコから引っ越して来たばかりでスペイン語しか話せないホワニートの愛犬探しです。
    「ぼくのいぬがまいごです」と書かれた1枚のプラカードが助けてくれましたね。
    いろんな国の子と知り合って一緒に探しながら、どんな犬なんだろうと想像させるところが面白かったです。

    掲載日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難易度高めの折り紙の折り方が載っています。
    2枚の紙から1つの作品を作るもの、違う大きさの2枚の紙を使うもの、三角形の紙を使うものなどがあります。
    難易度は星の数で示されていて、私は星1つのダンゴムシを 折ってみました。
    折り図がは分かりやすく、難しくはありませんでしたが、出来上がりのサイズが大きめでした。
    小さい紙で折れば、本物に近いサイズに出来上がりそうですが、そうなると細かい部分が難しそうです。
    本のタイトルが「図鑑」となっているように、折り紙14作品の昆虫に関する詳しい情報が載っています。

    掲載日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「だれのかな?」

    道端にころんと落ちてる卵を見つけたら、「だれのかな?」って、思うは私も思いますが、みんなのところに持って行って「きみのかい?」ってたずねたくなります。さあ もっていってみよう「あ、そうか!」つて思うよ きっと
    と訳者のことばとありました。そんなタイトルの意味をわからずに、図書館から借りてきました。かめ・てんとうむし・魚・あひる・がまがえる・ペンギン・だちょう・へび・わに等にたずねたけれど、カラスが上の部分を持って行ってしまいました。「あ、そうか!」の絵本を読む僕の後ろに覗き込む尋ねられた動物たちがいました。どうなったのかみんな心配して集まったのだと思いました。なんだか、あんまり理解が出来ていない私でした。カラスと僕が被っている帽子がお揃いなのが凄く気になる私でした。

    掲載日:2018/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

454件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット