うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊
  • 小学校の校庭にある一本の桜の木が主人公です。
    和菓子屋を営むおじいさんが、60年前に卒業記念で植樹した桜です。
    毎年満開に咲く桜は、移り変わる町にあって、いろんなものを見てきたのでしょうね。
    入学記念に作られるさくらまんじゅうは、きっと新入生の心に残ることでしょうね。
    和菓子が食べたくなりました。

    掲載日:2018/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大昔の話だ
    北の海の島に 大きな 大きな ねこがすんでいた

    ある年  海から離れたところに 村人たちが住む村があり  土地も肥えて 安心してのんびり暮らしていたが  ネズミが大量に発生して 田畑が荒らされ あかごまで食われる おそろしいことがおこった
    そこで村人は   からねこの島へ行き 酒に酔わせて ねこを島に連れてきた   
    からねこは  ネズミの大群を追いかけて 南の湖 まで追いつめた
    ねずみは 湖に流された
    からねこは  ギャオーギャオーとほえたてていた
    村人たちはその からねこが恐ろしくて 撃ち殺すことに決めた
    ねずみをたいじしてもらっら事などすっかり忘れて
    自分たち人間に事だけ考えていた
    そしてからねこを ころし大きな塚に埋めたんだ 
    でもその塚から不思議なことが怒り 大きな樹が天までのびていった
    お日さまを遮るほどに  そこで こんどは 焼き払うのです
    炎が 天に伸びおってくるような 恐ろしいことになった

    そんなとき 一人の女の子が 
    ♪ からねこ からねこ ざんぶらさ  
      海の島に かえりたかろうェー
      ほろほろ ほのおも  かなしかろうェー   ♪
    こんな歌を歌っていたのです    村人たちはやっと 自分たちの身勝手さに 気づきました
    「からねこさまー」涙して詫びました 
    こんな昔話に じーんときます
    人間の身勝手な心    心しないとと思いました

    掲載日:2018/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美容院や床屋さん行くのが嫌いな子供に、
    戦隊ものと必殺攻撃の技の名前や歌で楽しい時間に変えられるお話です。

    大人になると、自分が子供に感じてたことを忘れがちになってしまいますが
    この絵本は、「子供の気持ちを大人に伝える」ための絵本でもあるように思います。
    髪を切るのが嫌いなのは、「うちの子だけなんじゃないかしら?恥ずかしくてママ友に相談できないわ」と思っているお母さんは意外と多いかも。
    この本で、うちの子だけじゃなかったんだぁと安心するはずです。

    個人的には「ボーサボーサ」の表情が、くるくる変わって
    めちゃ面白くてハマりました!
    ドライヤーの熱風を当てられてる時の表情が最高です(笑)

    絵に動きがあって、躍動感があるので
    大人も楽しんで読めると思います。

    掲載日:2018/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

433件見つかりました

最初のページ 前の10件 40 41 42 43 44 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。


20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット