となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
みやこし あきこ(Akiko Miyakoshi)

みやこし あきこ(Akiko Miyakoshi)

1982年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学卒業。大学在学中から絵本を描きはじめる。2007年より1年間ベルリンに滞在。2012年『もりのおくのおちゃかいへ』(偕成社)で、第17回日本絵本賞大賞を受賞。『よるのかえりみち』(偕成社)で、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞、ニューヨークタイムズ・ニューヨーク公共図書館絵本賞を受賞。作品に『ピアノはっぴょうかい』『これ だれの?』『ぼくのたび』(ブロンズ新社)、『のはらのおへや 』(ポプラ社)、『かいちゅうでんとう 』(福音館書店)他多数。1児の母。東京都在住。

お気に入りの作家に追加する

みやこし あきこ(Akiko Miyakoshi)さんの作品ピックアップ

  • もりのおくのおちゃかいへ もりのおくのおちゃかいへ 作:みやこし あきこ
    出版社:偕成社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784033319100
    ためしよみができます!
    雪の朝、キッコちゃんは森のむこうにあるおばあちゃんの家へケーキを届けに出かけます。ところが、途中で転んでしまい、ケーキはぺしゃんこに。泣くのを我慢しながら森のなかを歩いていくと・・・見たことのない館にたどりつきました。そっと窓をのぞいてみれば、沢山の動物たちがおめかしして、お茶会を開いているではありませんか! 読者をふしぎな体験へ誘う、とっておきの絵本です。
  • ぼくのたび ぼくのたび 作:みやこし あきこ
    出版社:ブロンズ新社
    本体価格:¥1,500+税
    ISBN:9784893096470
    ぼくがこのホテルをはじめて、どのくらいになるだろう? 主人公のホテルのオーナーは、世界中からやってくるお客さんから知らない国のはなしをきき、旅への思いを募らせます。そして、あるひ、ぼくは、おおきなかばんをもって・・・。リトグラフによる美しい色彩と幻想的な絵が、読者をここではないべつのどこかへと誘います。
  • かいちゅうでんとう かいちゅうでんとう 作:みやこし あきこ
    出版社:福音館書店
    本体価格:¥900+税
    ISBN:9784834084191
    懐中電灯を持って、夜の部屋を探検しよう!まあるい光に照らされた部屋は、なんだかいつもとちがって見える。光を揺らすと、影がおどるよ。ぼくたちの光、どこまで届くかな? 
  • たいふうがくる たいふうがくる 作・絵:みやこし あきこ
    出版社:BL出版
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784776403791
    金曜日、ぼくは悲しい。明日は家族そろって海へ行くのに、台風が近づいているから。 空はどんどん暗くなり、雨も強くなってきて……。少年の不安を表すようなモノクロの絵の中で、 ただ1色使われた青色が印象的な絵本。第25回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞受賞作。
  • のはらのおへや のはらのおへや 作・絵:みやこし あきこ
    出版社:ポプラ社
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784591125311
    引っ越してきたばかりのさっこちゃんは早くおとなりの女の子に会いたくてたまりません。 ひとりで家のそばの野原をたんけんしていると・・・。
  • ピアノはっぴょうかい ピアノはっぴょうかい 作:みやこし あきこ
    出版社:ブロンズ新社
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784893095411
    ももちゃんの、はじめてのピアノはっぴょうかいの日。 舞台のそでで、どきどきしながら出番を待っていると、足元から、こねずみが話しかけてきました。「だいじょうぶ だいじょうぶ!」「あたしたちもはっぴょうかいしてるの。ももちゃんも、みにおいでよ」こねずみに連れられて、奥の小さなドアを開けると・・・。
  • これ だれの? これ だれの? 作:みやこし あきこ
    出版社:ブロンズ新社
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784893095596
    バラ、きりふき、てぶくろ、うえきばち、ハンドクリームとエプロンも! 「これ、だれの?」 ページをめくると...... ほら、「はなやさん」! 前のページに出てきた洋服やどうぐを、絵の中からさがしてみよう。
  • よるのかえりみち よるのかえりみち 作:みやこし あきこ
    出版社:偕成社
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784033324609
    ためしよみができます!
    静かな夜の街。昼間たくさん遊んですっかり眠くなったウサギの男の子が、お母さんに抱っこされて家に帰っていきます…。 『もりのおくのおちゃかいへ』が印象的なみやこしあきこさんの夜の絵本。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

13件見つかりました

表示

  • かいちゅうでんとう
  • こころのともってどんなとも
  • こたえはひとつだけ
  • これ だれの?
  • たいふうがくる
  • とびらの向こうに
  • ともだちのはじまり
  • のはらのおへや
  • ピアノはっぴょうかい
  • ぼくのたび
  • みてみて おかあさん
  • もりのおくのおちゃかいへ
  • よるのかえりみち

13件見つかりました

みやこし あきこさんの作品のみんなの声


【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット