しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
マリオン・デーン・バウアー(まりおんでーんばうあー)

マリオン・デーン・バウアー(まりおんでーんばうあー)

お気に入りの作家に追加する

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

  • キツネのはじめてのふゆ
  • はるのおとがきこえるよ
  • ながいながいよる
  • 家出 ─12歳の夏

4件見つかりました

マリオン・デーン・バウアーさんの作品のみんなの声

  • 春がくる

    長く厳しい冬は、動物たちにとっても寒くて厳しいものなのでしょうね。太陽の光が出てくるのを、だれもが心待ちにしていました。小鳥のさえずりで太陽が顔を出し、春になっていく様子は、ほんわかと温かい気持ちにさ・・・続きを読む

  • きつねは踊る

    表紙の可愛いキツネに惹かれて手に取りました。 生まれてはじめて冬を迎えるキツネ。 周りの動物たちは冬の準備に忙しそうなのに、何をすればいいのかわかりません。 「冬が来たら何をするの?」と森の仲間・・・続きを読む

  • ほんわかなお話

    初めての冬を迎えるキツネ。 何をしたらいいのかな・・・と考えながら、まわりを見ています。 すると森の仲間達が、いろいろとやることを教えてくれるけれど・・・ キツネが一生懸命自分のやることを考・・・続きを読む

  • 素敵

    「だいすきライオンさん」の絵が素敵だったので、同じリチャード・ジョーンズの絵と知り読んでみました。はじめての冬をむかえるきつね。どうやって冬をすごせばいいのか、いろんな動物に聞いていきます。動物の生態・・・続きを読む

  • 夜明けを呼ぶ声

    なんだか哲学的なお話に思えます。 カラス、ヘラジカ、キツネは何の象徴でしょう。 太陽を連れ戻すという行為が、愚かにも崇高にも感じました。 一方で、小鳥の夜明けのさえずりは、素朴で自然です。 絵・・・続きを読む


【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット