新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ヴァレリー・ゼナッティ(Valérie Zenatti)

ヴァレリー・ゼナッティ(Valérie Zenatti)

1970年、フランスのニースに生まれる。作家、翻訳家、脚本家。ユダヤ人の両親とともに、13歳でイスラエルに移住。18歳から2年間、兵役に服する(イスラエルでは男女ともに兵役に服するのが義務)。フランスでジャーナリストや、ヘブライ語の教師をつとめたのち、自身の作品を書き始める。作家としても、ヘブライ語の翻訳家としても、数々の賞を受賞。2005年に書いた小説『瓶に入れた手紙』は映画化され、ヴァレリーはリュミエール脚本賞を受賞した。日本語訳された主な作品に、『バイバイ、わたしの9さい!』(文研出版)がある。16歳の時に、「夢のリスト100」として、100の願いを書きとめたが、2019年時点で、そのうちの38が実現。パリ在住。

お気に入りの作家に追加する

ヴァレリー・ゼナッティさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

  • バイバイ、わたしの9さい!
  • 瓶に入れた手紙

2件見つかりました

ヴァレリー・ゼナッティさんの作品のみんなの声


編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット