まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

湯本 香樹実(ゆもとかずみ)

湯本 香樹実(ゆもとかずみ)

1959年東京都生まれ。東京音楽大学音楽部卒業。小説『夏の庭 The Friends』で児童文学者協会新人賞、児童文芸賞を受賞。同作品は十カ国以上で翻訳され、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルドレッド・バチェルダー賞などを受賞。その他に、小説『ポプラの秋』、絵本『かめのヘンリー』(絵:ほりかわりまこ)『魔女と森の友達』(絵:ささめやゆき)童話『くまって、いいにおい』など。絵本の翻訳も手がける。

関連する著者

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

16件見つかりました

表示

  • おとうさんは、いま
  • クリスマスツリーの12か月
  • おとうさんは、いま
  • くまとやまねこ
  • 魔女と森の友だち
  • もりのとんとんバンド
  • きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた―
  • かめのヘンリー
  • いたずら王子バートラム
  • 新潮文庫 夏の庭 The friends
  • 夏の庭
  • くまって、いいにおい
  • きつねのスケート
  • ポプラの秋
  • 春のオルガン
  • わたしのおじさん

16件見つかりました

湯本 香樹実(ゆもとかずみ)さんの作品のみんなの声

  • ちょっと怖かったよ

    ちょっと怖かったよ」 先に読んでいた娘の感想です。 夜眠る前に読みました(娘は再度)。 ほんとだ、怖かった。 帰ってくるのが遅いと、いろいろ想像してしまいますね。 おとうさんに限ったことじゃ・・・続きを読む

  • いつも一緒に

    湯本香樹実 さんのやさしさを感じる、心に沁みる作品です。 酒井駒子さんの絵が素晴らしいです。 ことりとくまが、なにげなく交わした会話の中に、どのくらい相手が好きかと言うことが感じられます。 くま・・・続きを読む

  • 幼い日の思い出

    湯本香樹実 さんと言えば、3冊の本が思い浮かびます。 彼女の代表作、おじいさんと少年たちの夏の庭のほかに、 この ポプラの秋 と春のオルガンです。 数年ごとに、何度か繰り返して読んできました。・・・続きを読む

  • 大切な思い出

    湯本さんの作品で、何度か繰り返して読んでみたのは3冊で、 この作品は、この作家さんを読むきっかけになった本です。 一人の男の子がお葬式に行って、その儀式をまのあたりにして、衝撃を受けたことから、つ・・・続きを読む

  • 少女の揺れ動く心

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    小学校を卒業した春休み。 少女の揺れ動く心が描かれた作品。 淡々とお話が書かれているし、好みは人によってわかれるかもしれません。 ご近所トラブル、喧嘩する両親等々。 主人公の見る自分が怪物化す・・・続きを読む


林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット