ユーザーレビュー

  • どこの国かな?

    4.0

    この絵本のなかには、母親とぼうやの、とても静かな、穏やかな時間が流れています。 この絵本の世界は、北の方の国の、雪深い地方のことなのでしょう。自分たちとは違う、遠い世界への憧れを感じました。絵がとても美しいです。...続きを読む

  • 6年生の教室で読みました

    4.0

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    本の大きさ29cmもちょうどいいし、絵も素敵です。 「あくまの三本の金のかみの毛」と読みくらべてみて、どちらも面白いのですが、声に出して読んだ感じはこちらが好みでした。 反応の少ない教室でシーンとしていましたが、聞き入ってくれたのだと思うことにしました。 またいつか他のクラスでも読んでみたいです。 15〜16分かかりました。...続きを読む

  • よくわからないところがありました。

    2.0

    全ページ試し読みで読ませていただきました。ページを行きつ戻りつして読みましたが、デイビットの心情の変化の理由がよくわからなかったです。実際、わざと描かれていずに、読者に任されているのか、私の読みが浅いのか?...続きを読む

  • 新しい発想

    5.0

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    こちらは、世界でさいしょのプログラマーと言われた女性、エイダ ラブレスさんの伝記絵本。 エルダは、数学者のお母さんのもと厳しく数学の勉強ばかりしていました。17歳になった時、発明家のチャールズ・バベッジに出会うと、仲良くなり、バベッジの発明にエイダも関わっていくことになります。 世界でさいしょのプログラマーと呼ばれるエイダの新しい発...続きを読む

  • とんだにわか雨

    5.0

    急なにわか雨は、人の気持ちをかきみだすものだと思ったら、犬やねこも同じなのです。 ましてにわとりまで騒いだら、騒ぎの連鎖反応は果てしないのです。 いらいらしている人々が順番に爆発していくところが、滑稽でした。 雨が止んだら、あのドタバタが馬鹿みたいですね。...続きを読む

出版社エディターブログ

【お知らせ】 やさしい じかん 東條琴枝+かつやま まりこ展

2019年1月29日 14時10分  

絵本『ぼくたち、いちばん!』の画家、東條琴枝さんの展示会があります。

今回は、ちびぬいや(ぬいぐるみ作家)の 「かつやま まりこ」さんとの“二人展”です。

期間は、2月9日(土)からの9日間。

会場最寄り駅は、JR東中野駅です。

ぜひお立ち寄りください♪


【期間】
2019年2月9日(土)〜2月17日(日)
13:00〜19:00(最終日は18時まで)
※火曜日定休

【場所】
silent music
東京都中野区東中野5-11-2

【お知らせ】 やさしい じかん 東條琴枝+かつやま まりこ展


出版社おすすめ

  • とっても なまえの おおい ネコ

    はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

  • 弱小FCのきせき

    レスターシティFCの熱烈なファンのキツネの親子。でもこのチーム、なかなか勝てない弱小チームなのだ。ある日、地下から妙な声が聞こえて……声の主はなんとリチャード三世! 幽霊の願いをキツネがかなえてあげたとたん、レスターシティは快勝つづき。ついに創設132年目にして初優勝! 実話をもとにして描かれるユーモアいっぱいの物語。

出版社おすすめ

“特集

全ページためしよみ
年齢別絵本セット