注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • ほげちゃんとおともだち

    ほげちゃんとおともだち

    作:やぎ たみこ
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    ゆうちゃんが、初めてできたお友だちの家にお呼ばれしました。ぬいぐるみのほげちゃんもいっしょです。そこには、知らないおもちゃがたくさん並んでいました。興味津々のほげちゃんはちょっかいを出してみますが、みんなじっとして動きません。「ちぇっ、つまんないの。いいよ、ひとりで遊ぶから」とはしご車を乗りまわしていたら、ドン! お人形のお城にぶつかって...続きを読む

  • 絵本を読んでたのしくてあらいを身につけよう!

  • てあらいできるかな

    てあらいできるかな

    作:きむら ゆういち
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    そとからかえったら、てをあらおう! 
    ねこのミケは、てのひら、
    こいぬのコロは、てのうら、
    かいじゅうさんは、ゆびをいっぽんいっぽん、と
    みんなといっしょに、あらっていけば、
    さいごは、おててはぴっかぴか!

    ちいさいうちから身につけておきたい、
    てあらいがたのしくなる絵本です。
    続きを読む

出版社おすすめ

  • オール・アメリカン・ボーイズ

    黒人の少年ラシャドはポテトチップスを買いにいった店で万引きを疑われ、白人の警官から激しい暴行を受け入院する。それを目撃した白人の少年クインは、その警官が友人の兄のポールだと気づき現場から逃げた。事件の動画がテレビやネットで拡散し、ラシャドとクインが通う高校では抗議のデモが計画され、2人はそれぞれの人間関係の中で、揺れ動く自分の心をみつめることになる。
    事件の当日からデモが行われるまでの8日間を、黒人作家のレノルズが黒人の少年ラシャドの視点から、白人作家のカイリーが白人の少年クインの視点から交互に描き、まさにアメリカの今を映し出す感動作。
    ブラック・ライブズ・マター(BLM)の運動が大きなうねりとなっている全米で30万部を突破。
    ウォルター・ディーン・マイヤーズ賞、アメリア・…続きはこちら >>>

  • どうして なくの?

    ある日マリオは、ずっと考えていたことを思いきっておかあさんにたずねました。「ぼくたち、どうしてなくの?」
    おかあさんは、どうしてなくのか、いくつものことを話してくれました。
    かなしいとき、おこってなくこともある、じぶんのいるところがわからなくなったとき、だきしめてほしいとき、おとなになるためになくこともある、何時間さけんでも気がすまなくてなくことも……「なくこと」についてつづられた詩のようなシンプルな言葉のなかには、深い思いがかくれています。美しく魅力的な絵とのコラボレーションは、読む人にたくさんのことを思いおこさせてくれて、安心感をもらえるかもしれません。なくことはたいせつなこと。おしまいには、「なみだ」についての科学的知識も紹介されています。








ユーザーレビュー

  • 来月は、誰が来るかな?

    3.0

    クリーニング屋を営む誠実なおじさんと、月替わりでやってくる不思議なお客さんの、ふんわりやさしい物語。 ある年のはじめ、クリーニング屋のおじさんは、店の前で汚れた布を見つけます。洗ってみると、それはカレンダー(背表紙参照)。 12ヶ月のうち、8ヶ月には、淡く浮かび上がるように絵が描かれています。 おじさんはカレンダーを店に飾り・・...続きを読む

  • 見てみたい、おふとんのくに

    5.0

    熱のある子供にしか見えない、おふとんのくに。 ひさこちゃんが熱が出て休んでいると、そんなおふとんのくにを見てしまうのです。 最初、ひさこちゃんがおふとんのくにのこびとたちのご飯をこぼしてしまった?場面では、こびとたちは怒っているのかなと思ったのですが、 ひさこちゃんの熱を下げようとしていたのですね。 その方法がとても素敵で夢があり...続きを読む

  • たまにはひと休み

    5.0

    ぼちぼちいこか、これとっても大切なことですよね。 失敗を繰り返してもへこたれないかばさん。 次々と新しいことにチャレンジし、それでも上手くいかずに悩んでも、ひと休みして、ぼちぼちいこか。 失敗してもへこたれずに頑張れる人は実は結構いると思います。 でも、ストイックに頑張りすぎてしまう人も多い。 かばさんみたいにひと休みすること、...続きを読む

  • プレッツェル誕生秘話

    4.0

    日本ではあまり馴染みのないプレッツェル。 私は固く焼いたものしか食べたことがありませんが、こんな風に誕生したものだったとは驚きです。 朝日が3つ見えるパンというのはなかなかの難題ですが、こんなことから生まれたとは! 正に、偶然の産物ですね。...続きを読む

  • 雄鶏の作戦勝ち

    5.0

    舞台劇のような、雄鶏と盗人の二人芝居です。 雄鶏を盗み殺して夜明けが来ないようにしようと目論む盗人。 それにとぼけた口答えで混ぜ返す雄鶏。 ユーモアたっぷりのやり取りは、コントを見ているようです。 そんなことをやっているうちに朝が来てしまいました。 盗人は何をしたかったのでしょうね。 雄鶏が太陽を目覚めさせているという発想、意...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット