注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介


出版社おすすめ

出版社エディターブログ

ミキハウス「鹿踊り発刊記念」イベントのお知らせ

2018年11月14日 15時40分  

こんどのクリスマスイブの午後。ミロコマチコさんと、あがた森魚さんによるセッション『絵本みたいな』やります。ミロコマチコさんの、ライブペインティング。あがた森魚さんの、宮沢賢治 朗読と歌唱。描かれた作品は、絵本の本棚となって、いつまでも公園の森のそばの絵本屋に置かれます。どうぞ お出かけください。

公式HP:www.agatamorio.com


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • かくれたの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!安全でやわらかいウレタン素材を使用しており、遊びながら手先の運動と考える力を養います。

  • たべてるの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!コンパクトで持ち運びやすく、おでかけにもおすすめです。

ユーザーレビュー

  • 宮沢賢治は小学生のころ好んで読みました。今回この絵本を読んでみて、大人でも見入ってしまいました。物語とよくマッチしていながら、独創的なイラストが素敵です。子供にはちょっとビターテイストかも知れませんが、この本あたりを卒業すると、次は児童書に進んでいくのでしょうね。子供だけでなくて、大人にも読んでもらいたい一冊です。...続きを読む

  • ミロコマチコマジック

    5.0

    ミキハウスの宮沢賢治の絵本シリーズは、宮沢賢治の作品に、いろいろな作家さんが絵を描いておられ、それぞれの作品ごとに世界が広がり、とても楽しいです。これまでも、宮沢賢治の作品は、いろいろな絵本が出版されていますが、今をときめく作家さんたちが創り出す宮沢賢治ワールドは、斬新で、小さな子どもたちの心もつかむのではないかと思います。 この鹿踊り...続きを読む

  • 嘉十の白い手拭にくいつく六疋の鹿の反応が、圧倒的に面白い。 草食動物っぽい鹿の関心の示し方が、宮澤賢治の言葉とミロコマチコさんの絵で相乗している。 そのうち嘉十が、自分と鹿のちがいを忘れてすすきのかげから飛び出してしまうのも納得するほど、引き込まれる。...続きを読む

  • 宮沢賢治の童話の中でも、この「鹿踊りのはじまり」は、鹿たちが見たことのない手拭いの正体をめぐって、おどおどと、でも興味津々に近づいていく、滑稽で躍動感のあるお話です。その絵本の絵を、勢いのある筆致で伸びやかな動物たちを描いて国の内外で評価の高いミロコマチコさんが描くのですから、なんとも言い難い魅力の詰まった作品になっています。 足にけが...続きを読む

  • 方言が難しくて面白い

    5.0

    鹿のセリフが読みづらいのなんのって。 方言がキツすぎて読む方は大変です。子供は読むのに四苦八苦する母の様子に笑ってましたが。 ただ、内容はとても面白くて、首を長く伸ばす鹿のイラストなんかもユニークで笑いを誘います。 鹿の反応1つ1つに子供も反応して楽しんでいました。徐々に物語の世界観にのまれていくようでした。 字が小さいし、自...続きを読む

ミキハウス
「宮沢賢治の絵本」シリーズ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット