注目の作品!

【理論社】イチ押しの作品をご紹介

    「ぼくは王さま」ファン必読!
    王さま誕生秘話やレシピもご紹介

  • 王さまとあそぼう 「ぼくは王さま」のすべて

    王さまとあそぼう 「ぼくは王さま」のすべて

    作:寺村 輝夫
    絵:和歌山 静子
    出版社:理論社

    読まれ続ける人気童話「ぼくは王さま」シリーズに迫る。作者による王さま誕生秘話、たまご料理レシピ、作者評伝、画家インタビューのほか、描き下ろし絵本「王さまABC」、アニメコミックス、全作品リストなど多角的に。 ●編集者コメント 2013年テレビアニメ化により、より広く親しまれるようになった「ぼくは王さま」シリーズのファンブックとして...続きを読む



出版社おすすめ

  • アルケミスト(6) 伝説の双子ソフィー&ジョシュ

    一万年の時をさかのぼったダヌー・タリス。次の王座は、ダークエルダーの手に渡るのか、あるいは、伝説の双子のものになるのか?『ひとつは世界を救い ひとつは世界を破滅させる』――その予言の真実が明かされるとき、ソフィーとジョシュは、ついに運命の選択をせまられる……。

    ●編集者コメント
    2007年から刊行開始した「アルケミスト」シリーズ、ついに最終巻です。そのあいだに、ソフィーとジョシュが巻き込まれた時を駆けめぐる大冒険を考えると、これがたった8日間の出来事だとは、とても信じられないことでしょう。

  • ひとつのねがい

    いつもだまって道を照らしている街灯。その街灯は、長い間ひとつの願いを持ちつづけていました。──一度は星のように輝きたい──そんな大それた願いを抱く街灯が、自分のつとめに無心に専念したとき、思いがけない幸福が訪れるのです……。「幸福」はどこから来るのか、探してみませんか?おはなしは、「泣いた赤おに」で知られる浜田廣介が20代に書いた、知られざる名作です。しまだ・しほのこまやかでセンスのある絵によって、作品に新たな息吹が吹き込まれました。

  • 江戸のなぞなぞ なぞかけランド(1) なぞかけ動物園

    なぞかけの第一人者ねづっちによる、動物をお題にしたなぞかけの数々が愉快なイラストで楽しめます。日本古来から続く言葉遊びである“なぞかけ”なら、日本語の豊かさを味わいつつ、思考の柔軟さを鍛えることができます。

ユーザーレビュー

  • 思うこと

    5.0

    • らずもねさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子8歳

    野球少年にとってホームランを打ちたいと思う気持ちは とてもわかります。 テレビ中継ではよく見かけるホームランですが やっぱりなかなか打てないものなのですね 沢山の泥臭い努力を経て 飛び出すのでしょう。 10歳の息子は「あきらめるな!」 といった直接のメッセージをすこし嫌に思うような年頃です。 そんな年代の子にも何だかス...続きを読む

  • 音読の練習になります。

    4.0

    小学校に入り音読が始まりました。学校も塾もあいうえののゴロを使った教材で音読をしています。 息子にも家用に音読の練習として購入しました。学校や塾と違って固くないので楽しんで音読の練習になります。 王様シリーズは好きだったので、手に取ってカタカナも無いし漢字もないし字の大きさも申し分ないです。 チャーミングユーモアあふれる王様の話...続きを読む

  • 童話への思い

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    「ぼくは王さま」等の童話で知られる寺村輝夫さんの童話への思いが主に語られています。「わたしの童話創作ノート」「童話創作入門ノート」「子どもの表現と個性」「たまご・たまご・たまご」。 批判もけっこうしていて、作者の童話への姿勢がわかりやすかったです。 寺村輝夫さんの私生活も見えてきますね。 そしてたまごへの愛がさすがです。...続きを読む

  • 猫好きさん、謎解き好きさんに

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    南部さんの「ねこのタクシー」シリーズが好きです。ねこ好きの小1の娘は、この本もおもしろかったようで、一気に読んでしまいました。少し、漢字があるので、中学年以降のほうがいいかもしれません。 主人公のねこが、探偵で謎を解いていくのですが、キャラクターがユニークでひょうひょうとした感じがおもしろいです。...続きを読む

  • おばけが食べてくれるから

    5.0

    結局、たくさんのぷんぷんを みんなたべてしまうのだから そうです、いいおばけなのがわかりました。 ふだんはさかさにぶら下がってじっとしているなんて かわいくて、見て見たい。 ねこのなまえがフェルマータって、ぴったりだなあと思いました。 ママは画家で、パパはチェリストなのですね。 みんなぷんぷんが爆発しても、おばけが食べてくれ...続きを読む



理論社の作品一覧

表示

ゾラ ショートセレクション 猫の楽園

ゾラ ショートセレクション 猫の楽園

著者:エミール・ゾラ  絵:ヨシタケシンスケ  訳:平岡 敦  出版社:理論社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年04月  ISBN:9784652202456
  児童書
ホンこわ!あなたの後ろの本当は怖い場所

ホンこわ!あなたの後ろの本当は怖い場所

著者:野宮 麻未 怖い話研究会  出版社:理論社  本体価格:\980+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784652202548
  児童書
ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ

著者:山下 明生  絵:高畠 那生  出版社:理論社  本体価格:\1,400+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784652202074
  児童書
なきむし

なきむし

著者:いまむら あしこ  絵:にしざか ひろみ  出版社:理論社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年03月  ISBN:9784652202555
  児童書
妖怪一家九十九さん 妖怪一家の温泉ツアー

妖怪一家九十九さん 妖怪一家の温泉ツアー

作:富安 陽子  絵:山村 浩二  出版社:理論社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202500
  児童書
母ぐま子ぐま

母ぐま子ぐま

著者:椋 鳩十  絵:村上 康成  出版社:理論社  本体価格:\1,500+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202371
  絵本
伝統工芸のきほん(5) 和紙と文具

伝統工芸のきほん(5) 和紙と文具

著者:伝統工芸のきほん編集室  出版社:理論社  本体価格:\2,800+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202319
  絵本  児童書
伝統工芸のきほん(4) 布

伝統工芸のきほん(4) 布

著者:伝統工芸のきほん編集室  出版社:理論社  本体価格:\2,800+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202302
  絵本  児童書
江國香織童話集

江國香織童話集

著者:江國 香織  絵:柳生 まち子  出版社:理論社  本体価格:\1,600+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202524
  児童書
ぼくのドラゴン

ぼくのドラゴン

作:おのりえん  絵:森 環  出版社:理論社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年02月  ISBN:9784652202517
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット