注目の作品!

【理論社】イチ押しの作品をご紹介

出版社おすすめ

  • 妖怪一家九十九さん(10) 妖怪一家の時間旅行

    ある新月の夜、妖怪一家の七人はピクニックに出かけます。
    お弁当のおむすびが転がり、それを追ったやまんばおばあちゃんは穴の中にスッテンコロリンと落ち、消えてしまいます。
    後を追った六人もいっしょになんと江戸時代の化野原に来てしまったのです。

    編集者コメント
    妖怪一家九十九さんシリーズの最終巻になります。
    妖怪たちが団地住まいをはじめるずっとずっと昔の200年前、実は未来を決めるある出来事が起きていたのです。
    ご縁とは面白いものです。

  • こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ

    この森でもなければ、その森でもない、あの森でもなければ、どの森でもない、「こそあどの森」。
    トワイエさんから借りた本に挟まっていた、トワイエさんが子どものころの写真。いつどこで撮ったもの? スキッパーは話を聞かせてもらいます。そして、次はトマトさん、ギーコさん、ポットさん、スミレさん……こそあどのおとなたちの家をまわって聞かせてもらう話は、とっても不思議で、しかも、いまのトマトさんたちにとって大切な話ばかり。「こそあどの森の物語」全12巻の番外編として書き下ろされた初の短編集です。

    編集者コメント
    番外編の執筆にあたり、作者はまず「こそあどの森」にくらすおとなたちの子ども時代のフォトアルバムをスケッチブック5冊にスケッチしました。おとなたち5人の個性…続きはこちら >>>

  • 本屋さんのルビねこ(4) ルビと子ねこのワルツ

    〈本屋 本の木〉のかたすみで、本に積もったほこりから生まれた子ねこのルビ。
    ここのところ毎日、お気に入りの本を読みにきていた黒ねこのマック・ロウが急に姿を見せなくなったのは、なぜ?
    心配になったルビは、マック・ロウが看板ねこをつとめるカフェ〈月の庭〉を訪れます。すると、思いがけず、すてきなことが!
    ━━この港町にやってきたばかりの“海賊”との出会い、はじめて目にする大きな楽器、奏でられる美しいメロディ。つい踊りだしたくなっちゃうよ!
    思いきって、一歩、二歩、と足を踏みだせば、世界は豊かに広がっていきます。「本屋さんのルビねこ」シリーズ第4弾です!

    編集者コメント
    ねこも人間も生まれたときはひとりぼっち、だから友だちになれ…続きはこちら >>>

  • うろおぼえ一家のおかいもの

    お父さんにお母さん、お兄さんに弟、妹。揃いも揃って<うろおぼえ>が多いあひるの一家は、ある日、お母さんから買い物を頼まれて出かけたけれど、何から何までうろおぼえ。道中ヒントをもらいながら、はてさてどんな結末に?

    編集者コメント
    「うろおぼえ一家」のみんなは、いつだって真剣そのもの。決して、おちゃらけているわけでもふざけているわけでもないのですが、その一挙手一投足は、ほがらかな笑いを誘います。けれどいつの間にか大声で応援したくなって、しまいには一員になりたいと願ってしまう、そんな不思議で愛しい存在です。間違ったっていいじゃないか! 道を外したっていいじゃないか! とかく窮屈な世の中に、ユニークでユーモラスな風が吹き抜けます。

ユーザーレビュー

  • どこからでも異空間にいざなわれる

    5.0

    • 渡辺諦さん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    2002年刊行。新潮社の「ありふれた手法」(1990年)、「凶夢など30」(1991年)を底本とし、短編17話を収録。 現代社会で生きる会社員、おとぎ話の王様、病院の診察室などを舞台に、登場人物たちがありえない人生を体験する不思議な話。 2021年に40歳を超えた大人が読んでも、面白い話ばかり。筆者の面白い物語を作る力に圧倒される...続きを読む

  • 面白いシリーズです。

    5.0

    妖怪一家九十九さんシリーズ、我が家の小学生の子供が大好きな児童書シリーズです。 妖怪って言っても怖くない、ユーモアあふれるキャラクターたちのお話で楽しいようです。 今回は時間旅行。 時間旅行って過去にも未来にも行けるってこと?? それならどこに行きたいかなーなんて読み手もわくわくしちゃうかもですね。...続きを読む

  • 幻想的な月の魅力が

    3.0

    とにかく絵が美しいし迫力があります。吸い込まれそうになりながら見とれてしまいました。 富安さんの詩のような言葉と、この絵がマッチしていて、夜空の月の美しさを思い出します。いつでも月を見るのがすきですが、ますます、月を見たくなる絵本です。...続きを読む

  • 幻想的で、現実的で、神秘さのある作品

    5.0

    新刊紹介だったか 「月」の作品の紹介だったか とても、気になっていました 最初のほうでの ブルーのお花がきれい・・・ 前半は、画面の周りは白の縁取りというか 空白の部分があるんです 大きな満月が出てきてそれからの 後半は、ちょっと社会情勢が絡んできます そのせいか、こちらは 全面の絵に切り替わります ...続きを読む

  • 月の見せてくれた幻想

    4.0

    中秋の名月だけでなく、日ごろ見上げる月は、いつも自分たちをやさしく包んでくれます。 そして、自分たちだけではなく、世界の至るところを照らしてくれる月を通して、私たちは世界とつながることができます。 この絵本のような世界を想像することは、決して不思議なんかではないと思います。 最後に行きつくところは、みんなの幸せ、あらゆる人が幸せでい...続きを読む

理論社の作品一覧

表示

ほしのこんぺいとうハンター

ほしのこんぺいとうハンター

作:くまくら珠美  出版社:理論社  税込価格:\1,485  発行日:2021年10月21日  ISBN:9784652204597
  絵本
はじめてのやさい ミニトマト 畑でもプランターでもじょうずにできる!

はじめてのやさい ミニトマト 畑でもプランターでもじょうずにできる!

著:藤田 智  出版社:理論社  税込価格:\3,080  発行日:2021年10月21日  ISBN:9784652204504
  児童書
はじめてのやさい キュウリ 畑でもプランターでもじょうずにできる!

はじめてのやさい キュウリ 畑でもプランターでもじょうずにできる!

著:藤田 智  出版社:理論社  税込価格:\3,080  発行日:2021年10月21日  ISBN:9784652204511
  児童書
そらのきっさてん

そらのきっさてん

作:くまくら珠美  出版社:理論社  税込価格:\1,595  発行日:2021年10月21日  ISBN:9784652204580
  絵本
トーマス・マン ショートセレクション 道化者

トーマス・マン ショートセレクション 道化者

著:トーマス・マン  絵:ヨシタケシンスケ  訳:木本 栄  出版社:理論社  税込価格:\1,430  発行日:2021年09月21日  ISBN:9784652204146
  児童書
ふしぎな月

ふしぎな月

作:富安 陽子  絵:吉田 尚令  出版社:理論社  税込価格:\1,650  発行日:2021年08月18日  ISBN:9784652204573
  絵本
クイズ とことん都道府県(3) 都道府県じまん

クイズ とことん都道府県(3) 都道府県じまん

監修:由井薗 健  出版社:理論社  税込価格:\1,870  発行日:2021年07月28日  ISBN:9784652204498
  児童書
クイズ とことん都道府県(2) 産業編

クイズ とことん都道府県(2) 産業編

監修:由井薗 健  出版社:理論社  税込価格:\1,870  発行日:2021年07月28日  ISBN:9784652204481
  児童書
クイズ とことん都道府県(1) 自然と歴史編

クイズ とことん都道府県(1) 自然と歴史編

監修:由井薗 健  出版社:理論社  税込価格:\1,870  発行日:2021年07月28日  ISBN:9784652204474
  児童書
イナバさんと雨ふりの町

イナバさんと雨ふりの町

文・絵:野見山 響子  出版社:理論社  税込価格:\1,650  発行日:2021年07月20日  ISBN:9784652204351
  児童書
全ページためしよみ
年齢別絵本セット