出版社おすすめ

  • おやすみおやすみ

    サカナは水草のあいだで,目をぱっちり,口をぱっくりあけてねむります.――クマやウマ,ハトやカメ,バッタやクモ,イヌやネコ,そして子どもたち.いろいろな動物のねむるようすを,ゾロトウのやさしい詩と洗練されたデザインの絵で,しずかに語りかけます.安らかなねむりへと誘う,おやすみまえにぴったりの1冊です.

  • 岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

    1942年,ポーランド.ユダヤ人強制居住区で家族と生き別れになった少年スルリックは,壁の外に脱出したとき,まだ八歳だった.農村と森を放浪する生活は過酷そのもの.片腕と過去の記憶を失いながらも,少年は知恵と力をつくし,嵐の月日を生きぬく.実話にもとづく勇気と感動の物語.映画「ふたつの名前を持つ少年」原作.

ユーザーレビュー

  • 子どもには難しい本でした。

    2.0

    バージニア・リー・バートンは私も息子も大好きです。 この本は、難しいいかなと思いつつ、至るところでオススメされています。 息子が5歳くらいのとき、試しに読んでみました。 やはり途中で「もういい」となり、最後まで読ませてくれませんでした。 現在、地質学が大好きな小4となりました。 再挑戦しました。 でも、途中まで読んでやめていま...続きを読む

  • 学校って楽しそう

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    特別ゲストとして、学校で先生のおお手伝いをすることになったジョージですが、おはなしの時間には子どもたちのために絵本をめくってあげたり、算数の時間には指を使って数のおけいこに一役かいました。でも、絵の具をまぜあわせていろんな色をつくったら、大変なことに! ジョージらしさ全開で、とっても楽しいお話です。絵を見ているだけでも、ジョージが学校生活...続きを読む

  • ものぐさ過ぎる・・・

    4.0

    トミーってどれだけ怠け者なの・・・? とびっくりするような一日のタイムスケジュール。 まだ子供みたいなのに、一人ぼっちで電気仕掛けの家に住んでいるようだし、学校にも行っていないみたいだし・・・ 子供にはちょっぴり夢のような生活かもしれませんね。 けれど普通に暮らしている大人から見ると、こういう生き方は逆に疲れそうだなぁ・・・ つ...続きを読む

  • 中国青海省 少数民族 トゥ族で 代々語り継がれたお話 トゥ族は文字を持っていませんその代わり 口伝えの伝承は豊富です(君島 久子さんの記より) 中国の暮らしぶりが 絵に現れています ひとりぼっちの おばあさんが かわいい子牛と暮らしていました ある晩 妖怪がでてきて 子牛を飲み込んでしまいました・・・・ 哀しみのあまり ...続きを読む

  • 頑張れ〜!!

    5.0

    中国の昔話です。 天女を奥さんにした人間の若者が、天の国に行き天女の父親に難しい難問を次々に出されるというお話です。 結婚は当人だけの問題ではなく、やはり家族の問題ンなのでしょうか。。。大人としてはそんなことまでつい考えてしまいました(笑)。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット