出版社おすすめ

  • おやすみおやすみ

    サカナは水草のあいだで,目をぱっちり,口をぱっくりあけてねむります.――クマやウマ,ハトやカメ,バッタやクモ,イヌやネコ,そして子どもたち.いろいろな動物のねむるようすを,ゾロトウのやさしい詩と洗練されたデザインの絵で,しずかに語りかけます.安らかなねむりへと誘う,おやすみまえにぴったりの1冊です.

  • 岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

    1942年,ポーランド.ユダヤ人強制居住区で家族と生き別れになった少年スルリックは,壁の外に脱出したとき,まだ八歳だった.農村と森を放浪する生活は過酷そのもの.片腕と過去の記憶を失いながらも,少年は知恵と力をつくし,嵐の月日を生きぬく.実話にもとづく勇気と感動の物語.映画「ふたつの名前を持つ少年」原作.

ユーザーレビュー

  • おやすみ本

    3.0

    全ページためしよみで読ませていただきました。 言葉を、静かに語っていると、心が落ち着いてくる感じがします。 シンプルな絵も、素敵ですが、言葉だけ静かに聞いてもいいと思いました。 数ある、おやすみ絵本のなかでも、おすすめです。...続きを読む

  • サトクリフの児童文学

    5.0

    イギリスの歴史物語の名手、ローズマリ・サトクリフによる、幼い子どものための物語です。 そういったもので、翻訳されているのは、私はこの1冊しか知りません。 お婆さんが、かわいがっていた子犬が死にます。 短かく、とてもシンプルなお話ですが、とても、印象に残るお話です。...続きを読む

  • 夢があります

    5.0

    恐竜を飼うという、夢のような話です。 ファンタジーなのですが、子どもたちがファンタジーの世界で、安心して遊ぶことができるように、丁寧に、しっかりと、秩序立てて描かれています。 これこそ子どものための文学として、とてもおすすめです。...続きを読む

  • 分かりやすい

    3.0

    一寸法師は日本の五大昔話ですね。 小さなものが、大活躍する、痛快な本格昔話です。 これは、新井良二さんの絵で、話の筋が、とても理解しやすくなってい、ます。 昔話は、素語りが一番だと思いますが、絵本は、イメージをするのを手助けしてくれます。...続きを読む

  • コンパクトなのに迫力充分

    5.0

    手のひらサイズの絵本なので圧縮感はあるものの、物語を省略せず絵も迫力充分で、よく知った「さんまいのおふだ」を楽しむことが出来ました。 こじんまりした読み聞かせにも使えそうです。 予備軍やとっさの時に役立ちそうです。 ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット