出版社おすすめ

  • おやすみおやすみ

    サカナは水草のあいだで,目をぱっちり,口をぱっくりあけてねむります.――クマやウマ,ハトやカメ,バッタやクモ,イヌやネコ,そして子どもたち.いろいろな動物のねむるようすを,ゾロトウのやさしい詩と洗練されたデザインの絵で,しずかに語りかけます.安らかなねむりへと誘う,おやすみまえにぴったりの1冊です.

  • 岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

    1942年,ポーランド.ユダヤ人強制居住区で家族と生き別れになった少年スルリックは,壁の外に脱出したとき,まだ八歳だった.農村と森を放浪する生活は過酷そのもの.片腕と過去の記憶を失いながらも,少年は知恵と力をつくし,嵐の月日を生きぬく.実話にもとづく勇気と感動の物語.映画「ふたつの名前を持つ少年」原作.

ユーザーレビュー

  • 長いけど読んでほしい

    5.0

    白黒で、表紙もオバケのような顔があるので、若い人には、手に取りにくい絵本かもしれません。 そして、よても長いです。 でも、ゆっくり読んでみると、この絵本の魅力に気がつくと思います。 自然界の生き物への、作者の愛が溢れています。...続きを読む

  • お気に入りのシリーズです!

    5.0

    「メリーメリーおとまりにでかける」に続きこちらも購入しました。 親子でメリーメリーのお話は大好きなのでとても楽しく読み聞かせています。 もちろん「メリーメリーへんしんする」も購入予定です。 1冊に数話のお話が書かれているのもとてもいいな〜と思います。...続きを読む

  • 母ウサギが情けない…

    2.0

    調子の悪いウサギのぼうやを、母ウサギが、病院に連れて行きます。 しかし… この母ウサギ、情けなくて、見ていられません。 ウサギのぼうやが可哀想になってきます。 幼い子の絵本や児童文学には、尊敬できる大人が登場してほしいと思います。...続きを読む

  • 「なぜ」に応えるお話

    5.0

    「なぜ」にまつわる3つの昔話を収めた作品。 初版が1954年ですが、石井桃子さんの再話、初山滋さんの絵ということで、 クオリティの高さを感じます。 ・おそばのくきはなぜあかい 大きな川のそばで、お蕎麦と麦がおじいさんに出会うのですね。 親切にしたお蕎麦と、不親切だった麦の行く末に、納得です。 冷たい川で真っ赤になった足元、とい...続きを読む

  • 恐怖の一冊!長男とも読まないと!

    5.0

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子6歳

    6歳の娘と読みました。 とっても穏やかな絵と語り口調なのですが、 使って汚れたお皿がたまっていくというなんとも恐ろしいお話! 一度気を緩めてサボってしまうと、次から次にどうでもよくなって、 どんどんどんどん怠惰になって、 みるみるうちにゴミ屋敷ならぬ、 汚れたお皿屋敷に・・・! キャー! と叫ぶ私と娘。 ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット