出版社おすすめ

  • かわいいおとうさん

    やさしくて、大好きなお父さん。膝に乗っていつまでも一緒にいたい、お父さん。
    そんな、お父さんをいとおしむ子どものあふれんばかりの想いを、作家の山崎ナオコーラさんと画家のささめやゆきさんが絵本にしました。
    型にはまらない「その人らしさ」を大切に物語を紡いできた山崎さんと、みずみずしい感性で絵を描いてきた ささめやさんならではの、親子のあたたかいふれあいがのびのびと描かれた絵本です。
    「かわいい」は子どもだけの専売特許じゃない!おとうさんはかわいいよー。

  • ママのて

    ママのて

    作:やまもと ゆうこ
    価格:¥900+ 税

    「ママのて ぎゅっぎゅっ なにしてる?」「おにぎりできた もぐもぐもぐ」
    なんでも作れるあったかくって、たくましくて優しくて…。そんなママの手にスポットをあてて笑顔いっぱいの親子の姿を描きました。「ママの手 何してる?」の問いかけに当てっこしながら読めば楽しさも倍増。読み終えた後も自然にコミュニケーションが続く、ほのぼのと愛らしい絵本です。
    本の装丁やテキスタイルのデザインなども手掛ける気鋭のイラストレーター、山本祐布子のデビュー作。

  • 復刻版 絵巻えほん 大型 11ぴきのねこ マラソン大会

    アコーディオン式にたたまれ、絵だけでストーリーが展開されるユニークな絵本。
    馬場氏没後10年を記念して、1984年刊行時の大きな判型で復刻出版した限定版。1985年、イタリアボローニャで開催された国際児童図書展でエルバ賞も受賞。
    国境を越えて子どもたちの心をとらえた楽しい絵本です。

  • あがりめ さがりめ ―おかあさんと子どものあそびうた―

    親と子の楽しいふれあいの時間を作ってくれる、手遊びの絵本。「いっぽんばし」や「げんこつやまのたぬきさん」など15曲を、やり方をわかりやすく伝える絵で紹介します。

    収録曲:

    あがりめ さがりめ/いっぽんばし/げんこつやまの たぬきさん/だるまさん/このこ どこのこ/ずいずい ずっころばし/あしあし あひる/ちょち ちょち あわわ/はげやま すべって/うちのうらの くろねこが/おべんとうばこ/あかちゃん あかちゃん なぜなくの/ぎっちらこ/なべなべ そこぬけ/いもむし ごろごろ

    この絵本を親子で楽しんでいただくために:

    歩くのが楽しくて仕方ない1歳児が、大人から、「まて、まて」と追いかけてもらいたがり、幼児たちがくす…続きはこちら >>>

注目の作品!

【こぐま社】イチ押しの作品をご紹介

    ホー、ホー、なんてすばらしい。あほうどりはコロッケを数えました。ホー、3こがふたつもある!

  • 11ぴきのねことあほうどり

    11ぴきのねことあほうどり

    作:馬場 のぼる
    出版社:こぐま社

    • ためしよみ

    ねこたちがコロッケ屋を始めます。けれど毎日食べる売れ残りのコロッケに食傷気味。「鳥の丸焼きが食べたい」と夢見ていると、そこへ一羽のあほうどりが現れます。

ユーザーレビュー

  • お母さんがいないこと

    3.0

    母親の死が出てくる絵本ですが、とても温かくて、母親を亡くした子にも、読んであげて、抱っこしてあげてほしいと思いました。 おはなし会のボランティアのなかにはで、お母さんがいない子のいるクラスでは、お母さんが出てくる絵本を読まないということを聞いたことがあります。そのことの是非は、そのクラスの状況により、一概には考えられないですが……私は、...続きを読む

  • タイトルはさかさまに読んで

    4.0

    タイトルは聞きなれない変な言葉です。これは、さかさま(逆に)読んでください。その意味のとおりの一冊です。 松岡享子さんは、翻訳、語り手、また児童担当の図書館員(司書)を育てるお仕事が、とても有名ですが、創作のお話も、とても楽しいです!...続きを読む

  • 教科書にも載っているお話

    3.0

    国語の教科書にも、単元の一つとして載っているお話です。それは、4年生か5年生だったと思いますが、絵本やストーリーテリングで届けると、低学年でも、十分に、また、お話をまるごと楽しむことができつろ思います。...続きを読む

  • 父親冥利

    5.0

    子どもにこんなにいじくられて、それだから幸せなお父さん。 言葉はいらないですね。 父の日のために子どもが描いた絵のような雰囲気でまとめているところも良いと思います。 自分自身が小さい頃に父親に抱いた、元風景のようなお話です。 この事を思い出される父親ならば、DV も起きないように思うのですが。...続きを読む

  • ティブルのおおてがら

    5.0

    今見ると、古風な絵がとてもすてきな絵本です。 玄関の階段、お母さんのスーツと帽子、お部屋の様子、 おもちゃ屋さんやお菓子屋さん、子供部屋、なんだかとても落ち着くのです。 弟のたんじょうびのお祝いにお小遣いで買った、仔猫のかたちのチョコレート。 隠しておいたチョコレートがどうなったかと言うお話なのですが、 面白いです。 微笑まし...続きを読む

こぐま社の作品一覧

表示

千びきおおかみ 日本のこわい話

千びきおおかみ 日本のこわい話

再話:筒井 悦子  絵:太田 大輔  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年02月25日  ISBN:9784772190701
  絵本
かわいいおとうさん

かわいいおとうさん

文:山崎 ナオコーラ  絵:ささめや ゆき  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月25日  ISBN:9784772102377
  絵本
プーカの谷 アイルランドのこわい話

プーカの谷 アイルランドのこわい話

編・訳:渡辺 洋子  絵:野田 智裕  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190695
  児童書
てんこうせいはワニだった!

てんこうせいはワニだった!

作・絵:おのりえん  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190688
  児童書
馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

著:馬場 のぼる  出版社:こぐま社  本体価格:\3,000+税  発行日:2017年08月01日  ISBN:9784772190671
子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

著:西巻 茅子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年04月18日  ISBN:9784772190664
ママのて

ママのて

作:やまもと ゆうこ  出版社:こぐま社  本体価格:\900+税  発行日:2017年04月15日  ISBN:9784772102360
  絵本
小さな赤いめんどり

小さな赤いめんどり

作:アリソン・アトリー  訳:神宮 輝夫  絵:小池 アミイゴ  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年03月10日  ISBN:9784772190640
  児童書
ちびおにビッキ

ちびおにビッキ

作・絵:砂山 恵美子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年03月10日  ISBN:9784772190657
  児童書
くまさん

くまさん

詩:まど・みちお  絵:ましま せつこ  出版社:こぐま社  本体価格:\900+税  発行日:2017年02月25日  ISBN:9784772102353
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット