出版社おすすめ

  • ようかいしりとり

    妖怪のことならなんでも知っている「ようかいはかせ」のところに、妖怪の名前でしりとり対決をしようと、「ろくろっくび」と「ざしきわらし」がやってきて……。
    NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、絵本作家のおくはらゆめさんが歌詞とアニメーション原画を担当した人気の歌が、たのしい絵本になりました!

  • 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 山里の巻

    日本古来の風土に根ざした妖怪たちを、ユーモアたっぷりに描き続けてきた妖怪界の巨匠・水木しげる先生。その本物の妖怪ワールドが、小さな子にも楽しめる、なぞなぞしかけ絵本になりました!
    『山里の巻』には、子どもたちにも身近な、山や里にすむ10の妖怪たちが登場します。

    「この妖怪はなあんだ?」の答えは折りたたまれた隣ページ。しかけ部分をめくるとドーン! 隠れていた妖怪が姿を現します。収録妖怪かさばけ/あずきあらい/かっぱ/いったんもめん など

  • こぐまちゃんのみずあそび

    子どもの好きな水遊び。でも思う存分できる機会はめったにないかもしれません。最初はじょうろを使ってささやかに始まったこぐまちゃんの水遊びですが、しろくまちゃんがホースを持って来たことからおもしろさはエスカレート。できた流れに葉っぱのボートを浮かべるまでに発展します。大満足のあとは思いきり良くきりあげてシャワーへ。胸のすくような楽しさです。

  • あのほしなんのほし

    春の北斗七星、夏は天の川をへだてて織り姫、彦星。秋のカシオペヤ座に冬のオリオン座。夜空を彩る代表的な星座を季節に沿って紹介します。お休みの日には親子でゆっくり星空を見上げてみませんか?巻末に解説付き。

注目の作品!

【こぐま社】イチ押しの作品をご紹介

    パンツイカにバレエクラゲ、おまけにデンキノコギリザメまで。ニヤニヤ笑える水族館へLET’S GO!

  • 絵巻えほん びっくり水族館

    絵巻えほん びっくり水族館

    作:長 新太
    出版社:こぐま社

    何がとびだすかわからない、びっくり箱のような水族館が開館します!エビバス・ダメタコ・パンツイカ…。形も名前も、泳ぐ(?)姿も、びっくりしちゃうような海の生き物が次々と登場します。入館の大勢の園児たちも、大騒ぎで見ています。ひょっとすると、海の中には、こんな魚もいるかもしれない…そんな想像をしながら、ナンセンスなユーモアのたっぷりきいた、不...続きを読む

ユーザーレビュー

  • 絵が愛らしい

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子3歳

    Eテレ「おかあさんといっしょ」で、数年前に?歌われていた「ようかいしりとり」が大好きだったので、読んでみました。イラストも歌詞も、この絵本の著者が担当していたとはしりませんでしたが! 妖怪がたくさん出てきますが、とてもかわいらしく描かれているため怖くありません。ミニ知識も載っていておもしろかったです。もっといっぱいの種類の妖怪が見たい...続きを読む

  • カエルの水泳特訓

    5.0

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    仲良しカエルのがまくんとかろくんですが、かろくん、がまくんの衝撃の事実を知ってびっくりしてしまいます。がまくん、かえるなのに泳げないんです。じゃあ、おたまじゃくしのころはどうしてたんだろうと親子で疑問に思いました。 がまくんが泳げるようにしてあげようと、アイデアを出すかろくん、友達想いの優しいカエルですね。ブランコで泳ぐ練習をするかろく...続きを読む

  • 今日はどんな「買って」にしようかな。

    4.0

    この本を読むと、毎回小さいころの私を想像します。 と、いうのも母によると私は相当手のかかる子供で、まず日々の買い物が大仕事になったそう。 まさに、絵本の中のしろくまちゃんを数倍激しくした感じだと(笑)。 買ってもらえなくて、「おかあさんの けちんぼ」で終わらず、床にだーん!とひっくり返っての大暴れ…。 幸い、うちの娘は「激しい...続きを読む

  • 歌だけでは描ききれなかった「しりとり」

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    「ようかいしりとり」の絵本が出る! いったいどんな絵本の作りになっているんだろうと、ワクワクしてページを開きました。 想像以上に素敵で楽しかったです。 歌だけでは、描ききれなかった「しりとり」にまつわるこぼれ話が欄外にちょこちょこ書かれていて、それがほんとに博士のコメントっぽくて面白かったです。 おくはらゆめさんのフワッとした妖怪...続きを読む

  • やっちゃいけないことって魅力的♪

    4.0

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    11ぴきのねこシリーズの中でも 教訓度が高い一冊だと思います。 やっちゃいけないって言われていること って、言われれば言われるほど やりたくなる。もともとやりたいことでは なくても。こどもたちは『わかるわかる!』と 共感しながら、楽しく聞けるんじゃないかな。 ついつい、悪さがすぎたり、ずるがすぎたりする ねこたちで、それも...続きを読む

こぐま社の作品一覧

表示

こだぬきコロッケ

こだぬきコロッケ

作:ななもり さちこ  絵:こばようこ  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年06月25日  ISBN:9784772190718
  絵本
ようかいしりとり

ようかいしりとり

作:おくはら ゆめ  出版社:こぐま社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年05月  ISBN:9784772102391
  絵本
かぜかぜかぜ

かぜかぜかぜ

作:山田 美津子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年03月10日  ISBN:9784772102384
  絵本
千びきおおかみ 日本のこわい話

千びきおおかみ 日本のこわい話

再話:筒井 悦子  絵:太田 大輔  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年02月25日  ISBN:9784772190701
  絵本
かわいいおとうさん

かわいいおとうさん

文:山崎 ナオコーラ  絵:ささめや ゆき  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月25日  ISBN:9784772102377
  絵本
プーカの谷 アイルランドのこわい話

プーカの谷 アイルランドのこわい話

編・訳:渡辺 洋子  絵:野田 智裕  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190695
  児童書
てんこうせいはワニだった!

てんこうせいはワニだった!

作・絵:おのりえん  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190688
  児童書
馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

著:馬場 のぼる  出版社:こぐま社  本体価格:\3,000+税  発行日:2017年08月01日  ISBN:9784772190671
子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

著:西巻 茅子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年04月18日  ISBN:9784772190664
ママのて

ママのて

作:やまもと ゆうこ  出版社:こぐま社  本体価格:\900+税  発行日:2017年04月15日  ISBN:9784772102360
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット