出版社おすすめ

  • ようかいしりとり

    妖怪のことならなんでも知っている「ようかいはかせ」のところに、妖怪の名前でしりとり対決をしようと、「ろくろっくび」と「ざしきわらし」がやってきて……。
    NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、絵本作家のおくはらゆめさんが歌詞とアニメーション原画を担当した人気の歌が、たのしい絵本になりました!

  • 水木しげるの妖怪なぞなぞめくり 山里の巻

    日本古来の風土に根ざした妖怪たちを、ユーモアたっぷりに描き続けてきた妖怪界の巨匠・水木しげる先生。その本物の妖怪ワールドが、小さな子にも楽しめる、なぞなぞしかけ絵本になりました!
    『山里の巻』には、子どもたちにも身近な、山や里にすむ10の妖怪たちが登場します。

    「この妖怪はなあんだ?」の答えは折りたたまれた隣ページ。しかけ部分をめくるとドーン! 隠れていた妖怪が姿を現します。収録妖怪かさばけ/あずきあらい/かっぱ/いったんもめん など

  • こぐまちゃんのみずあそび

    子どもの好きな水遊び。でも思う存分できる機会はめったにないかもしれません。最初はじょうろを使ってささやかに始まったこぐまちゃんの水遊びですが、しろくまちゃんがホースを持って来たことからおもしろさはエスカレート。できた流れに葉っぱのボートを浮かべるまでに発展します。大満足のあとは思いきり良くきりあげてシャワーへ。胸のすくような楽しさです。

  • あのほしなんのほし

    春の北斗七星、夏は天の川をへだてて織り姫、彦星。秋のカシオペヤ座に冬のオリオン座。夜空を彩る代表的な星座を季節に沿って紹介します。お休みの日には親子でゆっくり星空を見上げてみませんか?巻末に解説付き。

注目の作品!

【こぐま社】イチ押しの作品をご紹介

    パンツイカにバレエクラゲ、おまけにデンキノコギリザメまで。ニヤニヤ笑える水族館へLET’S GO!

  • 絵巻えほん びっくり水族館

    絵巻えほん びっくり水族館

    作:長 新太
    出版社:こぐま社

    何がとびだすかわからない、びっくり箱のような水族館が開館します!エビバス・ダメタコ・パンツイカ…。形も名前も、泳ぐ(?)姿も、びっくりしちゃうような海の生き物が次々と登場します。入館の大勢の園児たちも、大騒ぎで見ています。ひょっとすると、海の中には、こんな魚もいるかもしれない…そんな想像をしながら、ナンセンスなユーモアのたっぷりきいた、不...続きを読む

ユーザーレビュー

  • 鉄板なので押さえておきました。

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    この歌を保育園で聴いているかわかりませんが、鉄板の歌のようなので、図書館で借りて読んでみました。身体を動かしたりする歌だったら、もっといいのになと思いますが、これはこれで歌っておいたらいいかなと思います。歌ですが絵をじーーっと見つめて静かに聞いていました。 こういう反応もありなのね〜。という感じです。...続きを読む

  • おもしろい発想

    5.0

    三びきのくまのさかさまのおはなし、というサブタイトルにひかれて読んでみました。さかさまってそういう意味なんですね。発想がおもしろくて、新鮮な印象をうけたので最近の本かと思ったら、原書での出版が古くてびっくりしました!言葉がないぶん、絵がものがたっていて、もりの雰囲気も伝わってくるようでした。...続きを読む

  • こういう展開のお話し大好き!

    5.0

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子7歳

    7歳の娘と読みました。 心は優しそうだけどなんだか非常にパッとしない青年が主人公で、 しかもとっても幸が薄い! この先この人大丈夫だろうかと心配になって娘と読み進めるうち、 ストーリーがなぞなぞに突入していって、 魔物の出すなぞなぞがこれまた面白い! そんなの分かるかい!というような問題を 一羽のめんどりの力を借りて次々...続きを読む

  • よく寝るなー

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    ねぼすけなフクロウのこどものお話。 どこでもよく寝ますねー。 ここまでよく寝てくれますと、呆れるを通り越して感心してしまいます(笑)。 うちの子もここまで寝てくれるといいなーなんて思ってしまいました。…ここまでだと心配になるかしら?...続きを読む

  • おおきなかぶ

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

    読んで、ああ知っているお話だと思いました。 大きなかぶがあって、おじいさんやおばあさん…助けを呼んできてみんなでかぶを引っ張るというお話ですね。 教科書にも載っている福音館書店出版、佐藤 忠良さんの絵の「おおきなかぶ」がやっぱり一番馴染みがあるなー。 もちろんこれはこれでいいです。 絵によってもやっぱりイメージって変わりますねー...続きを読む

こぐま社の作品一覧

表示

こだぬきコロッケ

こだぬきコロッケ

作:ななもり さちこ  絵:こばようこ  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年06月25日  ISBN:9784772190718
  絵本
ようかいしりとり

ようかいしりとり

作:おくはら ゆめ  出版社:こぐま社  本体価格:\1,300+税  発行日:2018年05月  ISBN:9784772102391
  絵本
かぜかぜかぜ

かぜかぜかぜ

作:山田 美津子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年03月10日  ISBN:9784772102384
  絵本
千びきおおかみ 日本のこわい話

千びきおおかみ 日本のこわい話

再話:筒井 悦子  絵:太田 大輔  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2018年02月25日  ISBN:9784772190701
  絵本
かわいいおとうさん

かわいいおとうさん

文:山崎 ナオコーラ  絵:ささめや ゆき  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月25日  ISBN:9784772102377
  絵本
プーカの谷 アイルランドのこわい話

プーカの谷 アイルランドのこわい話

編・訳:渡辺 洋子  絵:野田 智裕  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190695
  児童書
てんこうせいはワニだった!

てんこうせいはワニだった!

作・絵:おのりえん  出版社:こぐま社  本体価格:\1,200+税  発行日:2017年10月05日  ISBN:9784772190688
  児童書
馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

著:馬場 のぼる  出版社:こぐま社  本体価格:\3,000+税  発行日:2017年08月01日  ISBN:9784772190671
子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの

著:西巻 茅子  出版社:こぐま社  本体価格:\1,400+税  発行日:2017年04月18日  ISBN:9784772190664
ママのて

ママのて

作:やまもと ゆうこ  出版社:こぐま社  本体価格:\900+税  発行日:2017年04月15日  ISBN:9784772102360
  絵本
全ページためしよみ
年齢別絵本セット